ベルと高原の家

八ヶ岳を望む高原の家でガーデニングを中心に猫のベルとの日常をつづります。

庭の様子、咲き始めたホトトギスやイワシャジンなど。and 八ヶ岳の夕焼け

夏から秋にかけての花壇は、初夏から競い合うように咲いていた花たちが終わって少し寂しくなります。

しかし、レンゲショウマやサラシナショウマをはじめとして日本の山野草と言われる植物は夏の終わりころから花を咲かせるものが多くあります。

最近は、繊細で情緒的な日本の山野草に次第にひかれるようになってきました。

難しいイメージがある山野草ですが植えてみると意外によく育つ物もあります。

特に昨年まで日陰になっていた場所が雑木の伐採で日照時間が長くなり、植物の生育は劇的に改善しました。

日当たりの重要性をを実感しています。



先日紹介したホトトギス紅富士に続いて黄花ホトトギスと台湾ホトトギスが咲き始めました。

黄花ホトトギス

黄花ホトトギスIMG_1057

写真ではレモンイエローに見えますが、実際はもう少し普通の黄色です。



台湾ホトトギス

台湾ホトトギス三光斑IMG_1025

葉に美しい斑が入ります。三光斑という種類です。



そして、何年も前に植えて鳴かず飛ばずだったホトトギス、やっと咲いてくれました。

ホトトギスIMG_1090

種類は不明です。


ホトトギスの魅力に嵌ってしまいそう。



青紫のイワシャジンも咲き進んでいます。

イワシャジンIMG_1101


白花のイワシャジン

イワシャジンIMG_0957

どちらも桂の木の下に植えてあります。

斜面で排水が良いのでどうかなと思いましたが頑張って咲いてくれました。

この場所にいけば桂の木のかすかな甘い香りを感じることができます。



白花のシュウメイギクも咲きだしました。

白シュウメイギクIMG_1061

昨年は花をつけなかったのでかなり嬉しいです。蕾もいっぱい。



ピンクのハドスペン、満開という感じです。

シュウメイギクIMG_0958



次の2枚は上の写真とは違う株ですが、もしかしてハドスペンではないかもしれません。

よく見るとツートンカラーがはっきりしているように見えます。

シュウメイギクIMG_1016


シュウメイギクIMG_1015

シュウメイギクは思いもかけない場所から生えてきます。昔植えたもののような気もします。



ユーパトリウム・チョコレート

チョコレートIMG_0979



スカビオサ・デビルズビットの咲き始め。

デビルズビットIMG_1002

まだ蕾です。普通のスカビオサと違って花はまん丸になります。

植えて5年ほど経って大株になりました。



スカビオサ・ナナ

ナナIMG_1011

こちらは今年植えた小さな株。マツムシソウらしい形の花姿。



マルバノキの紅葉

マルバノキIMG_0995

随分赤くなってきました。

マルバノキIMG_0994



おまけ

今日の八ヶ岳

夕焼けIMG_1075


夕焼けIMG_1082jpeg

今日もきれいな夕焼けを見せてくれました。


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング

ベルッチ、バスケットで記念撮影! and 親バカ写真集。

2月22日生まれのベルちゃん、ニャンニャンニャンの猫の日生まれ。

昨日で月齢7か月になりました。

体重は3.75kg、順調に大きくなっております。

ベルは我が家の4代目のネコ。

アビシニアン、ロシアンブルー、親の飼い猫を引き取った雑種の3頭は全て短毛種でした。

長毛種を買うのは初めてでしたが、最近になってシッポの付け根の上の部分の毛がベタッと固まってブラシでも溶けなくなってきました。

聞いてはいたのですが、これはスタッドテイルと言ってこれまで飼っていた猫ではなかったことです。

特別な洗いかたをブリーダーさんから教えていただいていたので、マニュアルに沿ってシャンプーをする予定です。

ということで、生後7か月の記念撮影。

ベルIMG_0881

バスケットに入ってご機嫌。
このバスケットは最近人気の訪欧デザイン。ブランドはVerso Design。
八ヶ岳のリゾナーレ小淵沢のピーマン通りにある北欧雑貨店 naTur(ナチュール)さんで数年前に購入したもの。

beruIMG_0884


ベルIMG_0869

綺麗なバスケットに入って、やんちゃなベルちゃんも少しおとなしく見えるような気がします。

実際は気がするだけですが・・・。

定番のダンボール箱。

ベルIMG_0891

ボク、こっちのほうがいいニャ!


普段ベルちゃんの写真はEOS7Dに60mmマクロをつけて撮っています。

ジャンプなどの動きが激しいときはオリンパスにf1.4のレンズで感度を上げて撮っているのですが、下手でうまく撮れたことがありません。一応手ぶれ補正がついているのですがなかなかピントが合いません。

ベルIMG_0906

タワーにぶら下がるベルちゃん。


ジャンプ写真は今後の修行にゆだねることにして、一応マクロレンズということで思いっきり近づいて撮ってみました。

ベルIMG_0899


ベルIMG_0914

ラグドールは大人になっても眼が青い猫種です。

ベルIMG_0919

綺麗な目をカメラで写すことは簡単ではありませんが、それにしてもなんて美しい猫なんだろうと思わずにはいられません。

ベルIMG_0929

このちょっと不満そうな表情はベルちゃんのやんちゃぶりがよくあらわれています。

ベルIMG_0931


ベルIMG_0941

段々眠くなってきました。

ベルIMG_0948


ベルIMG_0923

ベルッチ親バカ写真集でした。

ベルIMG_0925

見返り美男子!

いかがでしたでしょうか?


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村



ラグドールランキング

薪小屋、材料をフルに生かす作り方。

昨年の冬に伐採した丸太を数日前から薪割り中です。

しかし、前に作った薪小屋も、ウッドデッキの下もすでにいっぱいで置く場所がありません。

そこで、やむを得ず玄関前の駐車場に仮設の薪小屋を作ることにしました。

今回のテーマは収納力と材料を無駄にしないこと。

かなりの量があるのでとにかくなるべく多く収納できること。

形にはこだわらず、なおかつあまり難しい構造にしないで加工を簡単にすることでした。

薪割で疲れちゃったので、手はかけたくないとうのが実は本音です。

結果としてできたのが、これ!

薪_9220003

裏表両面に入れます。

買ってきた材料一覧。

2x4材、1800mmのもの14本。

1x4材、1800mmのもの2本。

30mmx40mmx2000mmの角材6本(一束)。

コンクリートの基礎、4ケ(一番小さいもの)。

全て長坂のJマートで購入。

屋根は後で取り付ける予定です。

出来上がり寸法、D=800mmxW=1800mmxH=1800mm(基礎と屋根別で)。

奥行き800mmというのは少し訳があって、我が家のストーブはアンデルセンの円筒型のストーブで35cmまでの薪しか入りません。

一般的な40cmくらいの薪の場合は奥行き900mmでいいのではないかと思います。この場合は2x4材は半分に切るだけで材料の半端は全くでないことになります。

これが棚部分の基本の寸法で、これがコンクリの基礎に乗って、屋根部分の角材が200mmほど上と横に出ます。

この薪小屋の一番の特徴は加工がほとんどない事。

加工は、2x4材2本を約800mmx4本に切っただけ。

薪_9220008

作り方の手順。

1、基礎に奥行き方向の800mmの2x4材を固定する。これが土台ですね。

2、薪を置く1800mmの2x4材を4本固定する。これが根太になります。
  間に2x4材2本が建られる幅で。
  買ってきた材料を切らずに使います。当たり前ですが2x4材は縦に使います。
  ざっくりですが、真ん中のアキは約250mmくらいになります。

3、積み上げる薪を横で受けるための2x4材を建てます。
  これも買ってきたままの長さ1800mmです。
  ポイントは奥行き方向の800mmの材の内側に固定することです。

4、次は上部、奥行き方向の2x4材を固定します。
  実際の寸法は800mmから1x4材2枚分引いた長さになります。

5、上部横方向を1x4材でつなぎます。
  ここは引っ張り強度があればよいので材料は薄くて問題ありません。

ここからがちょっとした工夫をしています。

薪_9220012


6、左右のセンターに30x40mmの角材を縦に固定します。
  角材はちょうど2mなので、そのまま固定すれば上に200mm突き出ます。
  突き出た部分が屋根になります。

7、次が大事な部分ですが、30x40の角材を写真のようにクロスさせて固定します。
  今回の薪小屋は両面から出し入れできるようにするため壁がありません。
  何もしないと歪んでひし形になってしまう恐れがあります。
  ここでも角材は2000mmの長さそのままで固定します。
  1800mmの幅に取り付けるので自然に写真のようなクロスになります。
  真ん中のクロスしているところもしっかりビスで固定します。
  
8、最後に残った2本の角材を屋根の梁として取り付ければ、とりあえず終わりです。
  あとは屋根をつけるだけ。
  簡易的なものなので予算を抑えるには屋根材はコンパネでも良いかなと思っています。

薪_9220010

思った以上に頑丈にできました。今回は塗装も省きました。

薪_9220013

 
屋根がまだなのですが、割った薪を地面に置きっぱなしにできないのでとりあえず入れてみました。


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります。 

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


人気ブログランキング
ギャラリー
  • 庭の様子、咲き始めたホトトギスやイワシャジンなど。and  八ヶ岳の夕焼け
  • 庭の様子、咲き始めたホトトギスやイワシャジンなど。and  八ヶ岳の夕焼け
  • 庭の様子、咲き始めたホトトギスやイワシャジンなど。and  八ヶ岳の夕焼け
  • 庭の様子、咲き始めたホトトギスやイワシャジンなど。and  八ヶ岳の夕焼け
  • 庭の様子、咲き始めたホトトギスやイワシャジンなど。and  八ヶ岳の夕焼け
  • 庭の様子、咲き始めたホトトギスやイワシャジンなど。and  八ヶ岳の夕焼け
最新コメント
livedoor プロフィール
メッセージ

名前
本文
  • ライブドアブログ