ベルと高原の家

八ヶ岳を望む高原の家でガーデニングを中心に猫のベルとの日常をつづります。

名前のわからないフウロソウが咲いています。

今日は午後から雨。

午前中に花友からいただいた青花フジバカマをランブリングレクターの下に植えこみました。

あれこれ予定していた作業はほとんど手つかずで雨が降ってきました。



ご近所の知人から譲り受けたフウロソウが咲いています。

雑草が生い茂る、日の当たる草原と言った趣の場所に生えていた花です。

開発されてから一度も建物は建っていない敷地ですので自生していたものだろうと思っています。

DSC08046

とても美しい花を咲かせています。

花の直径は3cm前後。

特徴は茎がとても長いことです。ゆうに1mくらいはあります。

DSC07858

上の写真は長い茎を葉の無くなったユキヤナギに絡んで花が空間に浮くように咲いているところです。

かなり始末の悪い茎の伸ばし方をしていますので、園芸種ではないように思います。

ゲンノショウコの茎の伸ばし方に似ているといったら解りやすいと思います。。

フウロソウに詳しくないので判る方がいらっしゃったらご教示いただけるとありがたいです。

DSC08050

葉の状態がわかるようにと思って撮った写真を載せます。

DSC08051

分かり難いですが、茶色はユキヤナギの枝で、緑がフウロソウの茎です。


ネットで調べて更新しています。

カイフウロに葉が似ていると思って一度アップしましたが、その後タチフウロではないかと思えてきました。




今日も訪問ありがとうございます。

ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村 


宿根草・多年草ランキング

秋の山野草 ツリフネソウ・ヤクシソウ・アキノキリンソウ and ラグドール猫日記

以前からたびたび書いていますが、我が家の周囲は山野草の宝庫ではないかと思っています。

経験のある方たちに教えられて知った植物も多々あります。

なんですが、本当に貴重な山野草はなかなか見ることができません。

それでも季節ごとに咲き、周辺で普通に見ることができる草花も写真を撮ったりよく観察するようになりました。

そんな雑草のように繁茂する草花もとても美しいものです。

なかでもこの季節に見ることができ、ユニークな咲き方をする花。

ツリフネソウです。

DSC08234

ツリフネソウ科、ツリフネソウ属。

ホウセンカやインパチェンスの仲間だそうです。

ホウセンカと同じく種をはじいて飛ばすそうです。

DSC08233

花は名の通りぶら下がって咲きます。

DSC08231

この辺でもやはり紫が多いのですが、黄色もここでは珍しくありません。

DSC08216

レモンイエローが綺麗ですね。

DSC08199

よく見ると黄色と紫で葉のギザギザが少し違うのかなと思います。

DSC08198


黄色い花続きで、秋の代表的な山野草、アキノキリンソウです。

我が家の周囲にもよくあります。

DSC07994

キク科、アキノキリンソウ属。

DSC07988


そして、ほぼ同じ場所、同じ時期に咲く黄色い花。

ヤクシソウです。

DSC08096

キク科、オニタビラコ属の二年草。

パイオニア植物と言われる通り、昨年樹木が伐採されて明るくなったら急に目につくようになりました。

DSC08093


DSC08152(1)



本日のおまけ

やっぱり定位置が落ち着く我が家のネコズ。

ミルク。

DSC08138

食器棚の上。

ベル。

DSC08135(1)

階段の上。

DSC08136



今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング

標高1100mにメドーセージを植えてみた and ラグドール猫日記

我が家が建っているのは清里でも比較的南の標高1100mの地。

冬季は零下15度以下になることもあります。

立派な寒冷地です。

私たちが植物を選ぶときに最も重要な条件は耐寒性です。

そのせいで諦めている花やグリーンは数知れず。

それでもあきらめきれずに今年挑戦したのがメドーセージ。

メドーセージというのは流通している名前で、サルビア・グアラニティカというのが正式な名前です。

大好きな花なので何とかならないかなとの思いから無理やり植えてみました。。

IMG_0332

昨年も挑戦してあまり芳しくなかったのですが、今年は苗を増やしてみました。

IMG_0346

学名はSalvia guaranitica。

南米原産で明治20年ころに園芸種として渡来したそうです。とても歴史があるんですね。

耐寒温度は-5℃。

一般に宿根草の場合、植えてから2~3年して株が充実して見映えのする花となる場合が多いかと思います。

邪道かと思いますが現在の姿を見ていると、一年草扱いで植栽するという選択肢もありかなと思います。

IMG_0477

白花のガウラの隣に植えました。

実はこの場所、昨年までピンクのチェリーセージがありました。

何故か今年は全くダメで抜くことになってしまいました。

理由も原因も判らず、ガーデニングの難しさを感じています。

ピンクと白の組み合わせも良かったのですが、サルビアの濃い紫とガウラのコンビも新鮮な印象で悪くないと思っています。

DSC07817

清里も温暖化のせいか夏も30度を超えることも珍しくありません。

実は2年前に耐寒温度を確認せずにサルビアを植えたことがあります。

サルビア・レグラ。メキシコ原産のサルビアです。

P9280190

この写真は一昨年の9月28日に撮影したものです。

立派に咲いてくれました。鮮やかなオレンジの花で茎は木質化します。

花期が長く晩秋まで咲いてくれました。

しかし、残念ながら翌年芽を出すことはありませんでした。

でも、今年のサルビア・グアラニティカを見て、毎年春に苗を植えるという方法はやってみる価値があるとの思いを強くしました。


本日のおまけ

今日もベルとミルクの2ショット

窓枠でまったり

DSC07913

無理やり振り向かせてパチリ。

DSC07892





今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

にほんブログ村



宿根草・多年草ランキング
ギャラリー
  • 名前のわからないフウロソウが咲いています。
  • 名前のわからないフウロソウが咲いています。
  • 名前のわからないフウロソウが咲いています。
  • 名前のわからないフウロソウが咲いています。
  • 秋の山野草 ツリフネソウ・ヤクシソウ・アキノキリンソウ and  ラグドール猫日記
  • 秋の山野草 ツリフネソウ・ヤクシソウ・アキノキリンソウ and  ラグドール猫日記
最新コメント