ベルと高原の家

八ヶ岳を望む高原の家でガーデニングを中心に3匹の猫たちとの日常をつづります。

ジューンベリージャムを作ったよ and ベルちゃん日記

我が家にはジューンベリーの大きな木があります。

樹高約5m。

リビングの窓から正面に見える特等席に植えました。

その先には我が家のシンボルツリー”桂”があります。

どちらも八ヶ岳南麓大泉にある造園会社YGSで購入し、植えて貰った木です。

ジューンベリーの樹高は5mくらいになると本には書いてあります。

しかしまだまだ大きくなりそうな気配です。

毎年この時期に多くの実をつけます。

上のほうは取れないのですが、それでも今年は800gの収穫がありました。

今年もジューンベリージャムを作ることにしました。

ジャムづくりの過程を記録しましたので紹介します。

材料
ジューンベリー:800g
グラニュー糖:400g
レモン:適量

ジューンベリー
_ジューンベリー7110004

良く洗って水けを取ったらグラニュー糖400gを加えて10分置く。
_ジューンベリー7110006
うっかりボールで砂糖を加えちゃいました。

気を取り直してそのまま鍋に移し、少し加熱します。
_ジューンベリー7110007

昨年作った時は種を取らないでそのまま煮詰めてジャムにしましたが、今回は裏ごししました。
_ジューンベリー7110010
力づくでやったのでかなりの種が通り抜けちゃいました。

裏ごしして残った皮と種。
_ジューンベリー7110018

レモンを絞って弱火にかけ、煮詰めていきます。
_ジュンベリー7110013

まだ緩そうだなと思える段階で少しスプーンで取って冷蔵庫で冷やし、状態を確かめます。

入れ物は煮沸して消毒しておきます。
_キャニスター7110019
沸騰中の写真。

後でこのキャニスターに入れ直しました。
キャニスターIMG_5639

ROSENDAHL  Opus Strage Jar 1/4 l

ジューンベリーIMG_5625

やっと手に入れたこのキャニスター、検討中に生産完了になってしまい結局買えたのは一番小さいこれだけでした。

ジューンベリージャムは癖のない素直な味で、特徴がないようでいてしみじみと美味しいと感じることができるジャムですよ。


本日のおまけ

ベルちゃん、最近のトレンド。

ベルIMG_5316

シンクが大好き。

水は大嫌いなのになぜかシンクに入って困ります。

ベルIMG_5321

洗い物にたまった水を飲もうとします。

食後すぐの粗洗いは欠かせません。

そしてもう一つのトレンド

ベルIMG_5331

テラコッタタイルの上でくつろいでいます。

冷たいところが気にならないようです。

ていうか好きみたい。


おまけのおまけ

リシマキア・ファイヤークラッカーの道

ファイヤークラッカーIMG_5608

花の終わったバラの下で咲いています。




今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります。


人気ブログランキング

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

梅雨に咲く宿根草、3種のアスチルベ。

アスチルベが好きで、我が家の庭に植えてからもう何年経っただろう。

半日陰が良いと言われ、南側だけれど山と森が目の前、山野草にはぴったりと思える場所でした。

実際この場所に植えたレンゲショウマ、サラシナショウマなどは毎年元気に花を咲かせてくれています。

ホタルブクロやリンドウが自生しているのもこの場所。

しかし、アスチルベは何年たっても鳴かず飛ばず。

そこで昨年、花壇の整備を機に日当たりの良い場所に植え替えました。

結果、驚くような変化が・・・。

昨年新たに購入したアスチルベと合わせて今の姿を見てください。

学名:Astilbe 
和名:アワモリショウマ、チダケサシほか  

科名 / 属名:ユキノシタ科 / チダケサシ属(アスチルベ属)


白のアスチルベ。正式な名前は不明です。

アスチルベ白IMG_4180
7月8日。満開一歩手前。

花の色は下の写真のほうが近いですね。

アスチルベ白IMG_4826
7月12日。このころがピークだと思います。

アスチルベIMG_5481
7月15日のアスチルベ白。

花は終わりに近づいているのに花柄も目立たなくて汚れ感もなく、手間いらずな宿根草です。


アスチルベが咲くのは梅雨の時期。

しかし、雨に強いのもアスチルベの魅力ですね。

次は赤のアスチルベ。これも何年も前に植えたもの。名前はわかりません。

アスチルベIMG_4782
7月12日。まだこれからといった感じです。

この時の花をアップで撮ってみました。
アスチルベIMG_4811

アスチルベは近づくと、とても爽やかな甘い香りがします。

アスチルベIMG_5290
7月14日。

アスチルベIMG_5380
7月15日。一日違いで良く分からないと思いますが、わずかな違いを感じながら庭を見る毎日です。


最後はアスチルベ・カプチーノ。

名前の通り、真っ白ではなくて少しクリーム色のアスチルベです。

昨年の春植えたものです。

3株植えた内、2株が綺麗に開花してくれました。

アスチルベ白IMG_4192
7月8日。

カプチーノIMG_4508
7月10日。赤い花茎がくっきりと立って見るたびにほれぼれします。

実物はこれらの写真よりももう少しクリーム色に見えます。微妙で写真での表現は難しいです。

カプチーノIMG_4509
7月10日。もう一つの株。

株としてはまだ小さいですが、とても元気で何より花の美しさは格別です。

3種の中で最も早く咲き始めて今も楽しませてくれています。

カプチーノIMG_5308

kaputi-noIMG_5307
7月14日。満開ですね。

こんな風に咲いてくれてとても嬉しいです。


アスチルベは半日陰でもう少し楚々と咲くのが本来なのかもしれません。

でも私たちは大きく育ったアスチルベを、すごいね~とか言いながら素直に楽しんでいます。

ガーデニングは正直難しいので、元気なことに感謝したいですね。


本日のおまけ

道を塞いでしまったファイヤークラッカーを切り花にしました。

ファイヤークラッカーDSC05066

庭で咲いている花のアップ。
ファイヤークラッカーIMG_4906
太陽がいい感じで当たってくれました。

その太陽がちょっと苦手なリグラリア・プルゼワルスキー、咲き始めました。
rigurariaIMG_5532




今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります。


宿根草・多年草ランキング

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

可愛ければ許される? ベルちゃんの場合

ラグドールのベルちゃん、今日も元気です。

良く遊び、良く食べて、気が付くと寝ています。

よく私たちの足や手に絡んできます。

ダンボール箱?、、もちろん大好きですが(笑)

先輩ねこ達は大人だったので手や足で遊ぶことは無かったので、ベルちゃん相手に面白がって遊んでいました。

爪は出さないのですが、ほんの少し噛みます。

興奮すると少し痛いくらいに噛んだり、爪を出してひっかき傷がつくこともあります。

少し心配になってネットで調べたら、手で遊ぶのはダメ、という意見が多くありました。

変な癖がつくのは困るので、一週間くらい前から手で遊ぶのをやめました。

可愛いんですが・・ね。

今は絡んできたら手を引っ込めて、じゃらしやケリケリなどで遊ばせるようにしています。


今日は最近撮ったベルちゃんの”グラビアショット?”を何枚かアップします。

_ベル7120029

ずいぶん本格的なラグドールらしくなってきました。

_ベル7100161

ダンボール箱のベルちゃん。

_ベル7100165

まだまだ子猫。

大好きな冷蔵庫の上。
_ベル7120028
ここシュキ~!

_ベル7120033
おちつくわ~!

_ベル7120039


別のダンボール箱。

ベルIMG_3835
噛みあとがすごい!



ベルIMG_5111

ケリケリもちょうど良い大きさになってきました。

ベルIMG_5118

何か言いたいことあるの?

ベルIMG_5123

見つめないでくだシャイ。

ベルIMG_5105

遊び過ぎて疲れたのかな?


そんなことありません。

ベルIMG_5132

潜るのシュキー!

ベルIMG_5141


高いところも大好きなベルちゃん。

ベルIMG_5159

危ないから下りておいで

ベルIMG_5160
やだモンッ!


そろそろ電池切れ

ベルIMG_5131

最強の寝顔

ベルIMG_5150

ベルちゃん! 私たちはキミを許します。

ベルIMG_5223

親バカ全開の巻でした。



今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります。


ラグドールランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ギャラリー
  • ボタンヅルとセンニンソウ and  チビちゃん日記
  • ボタンヅルとセンニンソウ and  チビちゃん日記
  • ボタンヅルとセンニンソウ and  チビちゃん日記
  • ボタンヅルとセンニンソウ and  チビちゃん日記
  • ボタンヅルとセンニンソウ and  チビちゃん日記
  • ボタンヅルとセンニンソウ and  チビちゃん日記
最新コメント
プロフィール

paw

カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

名前
本文
  • ライブドアブログ