ベルと高原の家

八ヶ岳を望む高原の家でガーデニングを中心に3匹の猫たちとの日常をつづります。

初夏の庭を彩るアスチルベ and 可愛いマツバユリ

アスチルベは魅力がいっぱい、私たちの庭に無くてはならない存在です。

アスチルベは梅雨の真っ最中に咲き始めます。

雨にぬれても倒れたり、花が傷むことがありません。

DSC04250

今年最初に咲いたアスチルベ。

サーモンという品種で、今年植えたばかりの株。

綿菓子のような大きな花は花壇の主役になりうる存在感があります。

日当たりの良い南西の花壇にあるのはカプチーノという品種。

DSC04733

クリームホワイトの花と赤い花茎の対比がとても魅力的な品種。

DSC04734

バラの終わった花壇を明るくしてくれます。

DSC04723

アスチルベは日本に自生するチダケサシの仲間でユキノシタ科の植物。

なので、日当たりが充分でないシェードガーデンでも育ってくれます。

家の北側にある和のコーナーに植えたアスチルベ。

DSC04678

ミルク&ハニーという品種です。

DSC04351

アスチルベはコンパクトにまとまった株から円錐形の花穂が立ちあがりバランスの良い姿になります。

10年以上前から庭にあるアスチルベが咲き始めました。

DSC04701

アスチルベの魅力を教えてくれた花、大株になりました。

まだ咲き始め、満開になると見ごたえがあります。

庭にはまだ咲いていないアスチルがいくつかあります。

改めて紹介したいと思っています。

学名:Astilbe
和名:アワモリショウマ、チダケサシほか  

科名 / 属名:ユキノシタ科 / チダケサシ属(アスチルベ属)


本日のおまけ

マツバユリが咲きました。

先日紹介したササユリと比較しても半分以下のとても小さな花。

DSC04784

昨年は一輪でしたが、今年は2輪あります。

今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング




庭の様子、クレマチス・エンテルなど

クレマチスをまとめて8種を植えて8年経ちます。

消えてなくなったり、樹勢が弱くなったり、逆に元気になった品種もありますが、概して良くない状態になっています。

クレマチスは植え替えてはダメ、と聞いてはいたのですがやむを得ずダイアナを移植しました。

案の定、具合が悪くなってしまいました。

蔓はものすごい数がぐんぐん伸びるのですが花が咲きません。

これが移植が難しいということなのかなと納得しました。

そんなこともあって、一昨年くらいから新しい苗を植えています。

先日紹介したビオラも最近植えた品種ですが、多くは充実するまでに時間がかかります。

そんな中で頑張ってくれたのがエンテル。

DSC04569

一昨年、小さめの苗を2株植えたものです。

ヴィチセラ系、エストニアで作出された多花性の品種。

DSC04716

つるバラボニーの前にオベリスク仕立てにしてあります。

DSC04572



淡いピンクの中輪花が大量に咲いてくれました。

DSC04570

少し地味かなと思って、あまり期待してなかった分喜びもひとしおです。

改めて見ると、絞りの生地のような花弁の雰囲気もおしゃれに見えます。

DSC04713


調子の悪いダイアナにも少し花が咲きました。

DSC04321

株は元気なので、諦めるべきかもう少し待ってみるかとても悩んでいます。

DSC04625

新しい苗を植えれば充実するまでにはどうしても3年くらいかかります。


本日のおまけ

ジューンベリーの実がたくさんなりました。

DSC04775

ボールいっぱいの熟した実を摘んでジャムを作りました。

DSC04774



今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング


カンパニュラの季節がやってきました

一年を通して降雨量が少ない八ヶ岳南麓地方ですが、前線が停滞する今はぐずついた日が続いています。

背が高くて倒れやすい花たちに支柱を立てる作業を、雨に追われるようにやりました。

安心できる状態には程遠いのですが、少し雨が強くなると庭に出るのをためらってしまいます。

一季咲きのバラはほぼ終わりました。

雨は降っていますが、夏の花が咲きだしています。

今日はホタルブクロの仲間を少し紹介します。

最初に咲きだしたのは洋種のホタルブクロ。

IMG_2100

濃い青色のカンパニュラで、とても花付きが良い品種です。

IMG_1782

写真は先月のもので、今日の時点で花はほぼ終わりになっています。


そして、そのすぐ隣にあるのがイトシャジン。

IMG_2297 (2)

ヨーロッパ原産で、洋名はカンパニュラ・ロツンディフォリア。

細い糸のような花茎を持ったカンパニュラですが、見た通り葉も細くて花もとても小さな種類です。

IMG_2330

とても細い花茎が長く伸びるため自立して咲くのは難しい花で、周りの植物に絡ませて咲かせるのが良いように思います。

なかなか難しいのですが、今年は昨年よりは良い感じに育っています。

DSC04107

青花と白花を植えたのですが、白は消えてしまいました。

IMG_2400 (2)


DSC04109


最後に紹介するのはラクティフローラ種のカンパニュラ。

DSC04273

まだ咲き始めのころの写真。

昨年は花茎が倒れてしまい、とても見苦しい姿になってしまいました。

今年は早い段階で株の周囲をワイヤーで囲って倒れるのを防ぐことにしました。

IMG_2415

そのためもあってか、雨が降り続く中しっかり咲いてくれています。

花の数も増えました。

DSC04736

白と淡いブルー、同じ場所で並んで咲いています。

DSC04731


本日のおまけ

山の家には元々自生のホタルブクロがあって大事にしてきたのですが、今では庭中いたるところにホタルブクロが育っています。

少しというかかなり多すぎるくらいなのですが、一昨日最初の一輪が咲きました。

DSC04743


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング


ギャラリー
  • 山紫陽花:七段花
  • 山紫陽花:七段花
  • 山紫陽花:七段花
  • 山紫陽花:七段花
  • 山紫陽花:七段花
  • 修景バラ:リモンチェッロ
最新コメント
プロフィール

paw

カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

名前
本文
  • ライブドアブログ