ベルと高原の家

八ヶ岳を望む高原の家でガーデニングを中心に猫のベルとの日常をつづります。

ハイブリッド芍薬 育てることの難しさ

山の家の庭には「ハイブリッド芍薬」と呼ばれる芍薬を何株か植えてあります。

ハイブリッド芍薬とは、ボタンと芍薬を交配させることで誕生した両者の良いとこ取りをした芍薬と言われています。

私の浅い知識では正確にお伝え出来ないのですが、芍薬は草でボタンは木ということですがハイブリッド芍薬の株元は木質化します。

ですが、冬には地上部は枯れます。

日本の園芸家伊藤東一という人が黄色い芍薬を作ることを目指して交配したことからその歴史が始まったとされています。

そしてハイブリッド芍薬の中でも最も早く世に出た黄色い芍薬が「オリエンタルゴールド」という黄花の品種です。

何も知らずに植えたオリエンタルゴールドが少し前まで咲いていました。

それがこれ!

IMG_5302

直径15cmを越える大輪の花。

黄色い芍薬がこの花から始まったということは今回初めて知りました。

IMG_5352

今年咲いたのは2輪だけでした。

IMG_5307


次はヒラリー

IMG_5050

本来豪華な八重咲の大輪種なのですが、ご覧の通りプレーンな一重咲き。

昨年も何輪か咲いた中で一輪だけまるで先祖帰りしたような咲き方をしていて不思議な思いをしていました。

残念ながら今年は咲いた花全てがこんな感じ。

IMG_5298

本来は濃くて渋い感じのピンク色で咲きます。

IMG_5110

下の写真は昨年のヒラリー。

芍薬ヒラリーDSC05242


そして今盛大に咲いているのが「氷点」です。

IMG_5048

白い八重の大輪です。

花の中央部に赤い差し色が入るのが魅力的でとても気品のある品種です。

IMG_5047


IMG_5663


我が家の庭では、芍薬は花が大きく重いので花茎一本一本に支柱を立てるようにしています。

ハイブリッド芍薬は株元が木ということもあって倒れにくいことも特徴のひとつですが、この氷点は特に花首が固いので倒伏しにくい性質があるということです。=実際は支柱立ててます。

そして花付きがものすごく良いです。

IMG_5665

花芽が6~7本くらい立ち、一茎に蕾が4ケくらい付いています。

IMG_5539

ご覧の通りですがこんな風に全部咲かせてはいけないようです。見た目にもきれいじゃないですよね。

育て方を調べてみたら
☆芽かき、摘蕾、花がら摘みが大事。
☆一茎に一輪、一株に3輪から5輪が適切。

残念ながら全く分かっていませんでした。

他にも肥料食いであることとか、水はけが良い土で乾燥しない場所とか当然ながら良い花を咲かせるためには大事なポイントがあります。

実は他にも花芽が全く立っていない芍薬が3株あります。

私たちの庭には芍薬が良く合っていると思いこんで楽観視していましたが、ガーデニングの難しさを実感しているところです。


本日のおまけ

この氷点に珍しい蝶がきました。

DSC01846

見たことがない蝶だったのでネットで検索しました。

「胴体がトラの模様の蝶」これで検索!

出ました。「トラガ(虎蛾)」まんまですね。

DSC01852


DSC01849



今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング







庭の様子

今日現在の庭の様子をほんの少しだけ紹介します。

今年の庭は土の改良や肥料などを少しづつやったこともあってそれぞれの植物は勢いがあって例年になく元気です。

まだまだ咲いていない花も多いので、ブログでは咲いた花単独の写真ばかりで失礼しています・・。

引いて撮るとどうしてもボロが出てしまうので・・・汗。

薔薇が少し咲いてきたのと、ゲラニウムが充実してきましたので少し遠くから撮影してみました。

ウッドデッキの前のつるバラがやっと咲き始めました。

DSC01951

先日紹介したオルラヤの通りですが、写真の左側手前がつるバラ:ボニー、奥がつるバラ:ランブリングレクターです。

DSC01947

一週間もすればウッドデッキの前面(高さ約2m、幅約12mのフェンス)がバラの花で覆われる予定です。

昨年と違う点はオルラヤがものすごく増えたこと。

お陰で庭全体が白く見えてちょっとしたホワイトガーデンになっています。


そして我が家で最も古くからあるゲラニウム、サンギネウム(別名:アケボノフウロ)が咲きそろってきました。

DSC01930

中央の白く見える花もゲラニウムでサンギネウムのピンクです。

どちらも随分前に日野春ハーブガーデンさんで求めたもので、少し元気すぎるくらいに庭のあちこちで育っています。

良い点は自然とこんもりドーム状になってくれるところ。


もう一か所。

DSC01917

奥の右がサンギネウム、左がオリオンです。

手前の右はペンステモン・ハスカーレッド、左はバラ・マリーパヴィエです。

ポリアンサローズ:マリーパヴィエの花色は白ではなくて淡いピンク色です。

色が飛んでしまっていますので改めて紹介したいなと思っています。


そして、庭が白くなってしまった張本人がこちら!

DSC01835

ここにもアケボノフウロがありますが、家の北側全体を埋め尽くしているのがアネモネ・カナデンシスです。

とても美しい花ですが、放っておくと庭が占領されてしまいます。

来年は少し考えなければ、と思っているところです。


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング








ゲラニウム ビルウォーリスとオリオン

ゲラニウムが好きでいろいろな種類を植えています。

ビルウォーリスは昨年購入してつるバラ:ボニーの前の道沿いに植えたものです。

IMG_4647

学名 : Geranium pyrenaicum 'Bill Wallis' 
別名 : ゲラニウム ピレネカム(ピレナイクム)

花期がとても長く秋の終わりまで咲くようです。

IMG_4648

ご覧の通り個性的な色合いの小さな花です。

IMG_4649

まだ株が小さくて、チラホラと言った感じですがとても楽しみなゲラニウムです。


オリオンは一昨年植えたもの。

IMG_5185
【学名】Geranium ‘Orion’

大輪の美しい青い花が特徴です。

IMG_4843

園芸店の説明にコンパクトな草丈、とありますが山の家のオリオンは花茎が長く立ち上がって思うようにまとまってくれません。

ブルックサイドが親品種ということで少し納得です。(我が家のブルックサイドは花茎が長く少し暴れます)

IMG_5314

他の花や低木に挟まれるように咲いています。

IMG_5311

正直花だけ見るとブルックサイドと見分けるのはかなり難しいです。

IMG_5579

有名なジョンソンズブルーと花はよく似ているように見えますが、全体の株の姿はずいぶん違います。

IMG_4984

とても存在感のあるゲラニウムです。

オリオンの親:ブルックサイドは自由奔放な咲き方。

DSC01921


DSC01920



今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング












ギャラリー
  • ニッカポッカにゴージャスな尻尾
  • ニッカポッカにゴージャスな尻尾
  • ニッカポッカにゴージャスな尻尾
  • ニッカポッカにゴージャスな尻尾
  • ニッカポッカにゴージャスな尻尾
  • ニッカポッカにゴージャスな尻尾
最新コメント