ガーデニング初心者の私たち、今もですが最初は特に手探りで草花の種類にあった環境を判断したり整えたりということが全くできていませんでした。

それでも特別な注意を払わずに植えた草花でも元気に花を咲かせてくれているものもあります。

逆にあれこれと工夫してもなかなか上手くいかない植物もあります。

特に上手くいかない花の代表が、デルフィニウムとジギタリス。

デルフィニウムもジギタリスも綺麗に咲いてくれたと思っても次の年にはほとんど育ってくれません。

どちらもターシャ・テューダーの庭にあこがれて植えた花。

どうしたらあんなに素敵になるのでしょうか?

今年は特に良くありません。

あれこれ植えた中で元気に育ったのは唯一これだけ。

IMG_8720_edited-1
7月11日

ジギタリス・フェルギネア ”ギガンティア”

背が高くなる大型のジギタリスです。

反面花が小さく花よりは姿を観るのに適してるようです。

昨年植えた苗ですので来年どうなるかは正直わかりません。

それでも、デルフィニウムとジギタリス、もう少し頑張ってみます。


そんな中で比較的丈夫で年々大きくなって毎年元気に花を見せてくれる種類もあります。

アネモネカナデンシス、チゴユリ、エゴポディウム、アスチルベ、オカトラノオ、レンゲショウマ、サラシナショウマ、ファイヤークラッカーなどです。(増えすぎて困るのもありますが・・・)

これらの多くは近くのガーデニングの先輩が植えてくれた花だったり、ここ清里に自生している花たちです。

やっぱり環境かなぁ、と思ったりします。

そんなありがたい花たちの中で、7月初旬に綺麗な花を見せてくれたアスチルベを紹介します。

前にも紹介した真紅のアスチルベ。

7.3IMG_8395
7月3日

同じく紹介したミルクアンドハニー。

7.2IMG_8237
7月2日

昨年とても綺麗に咲いてくれたカプチーノ。

7.2DSC06453
7月2日

7.2DSC06455
7月2日

残念ながら昨年よりは少し勢いがありませんが、赤い花茎が素敵なアスチルベです。


今年も元気な白のアスチルベ。正確な名前は不明です。

6.28DSC06418
6月28日、咲きはじめです。

7.4DSC06509
7月4日


7.7IMG_8512
7月7日

7.7IMG_8515
7月7日

今我が家の庭で孤軍奮闘してくれているアスチルベ。

7.3IMG_8399
7月3日

7.6DSC06672
7月6日、まだ咲きはじめです。

7.6DSC06679
7月6日、つぼみが多く見えます。

7.9IMG_8551
7月9日

7.8DSC06749
7月8日、花のピークです。

7.9IMG_8550
7月9日

7.11IMG_8641
7月11日

7.11IMG_8642
7月11日

写真によって色合いが少し異なりますが、最後のピンク寄りの色が実物に近いかと思います。

同じ日の白のアスチルべ。

7.11IMG_8646

そろそろ終わりですね、アスチルベは花のピークが過ぎても美しさを保ち、長く楽しませてくれます。



今日も訪問ありがとうございます。
ぽちっとしていただくと励みになります。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング