八ヶ岳で普通に見ることできるキツツキの仲間はアカゲラ、アオゲラ、コゲラの3種です。

留鳥として一年を通して観察することができます。

どこにでもいる印象のシジュウカラやヤマガラほどではないにしても見る機会の多い野鳥と言えます。

と言えるのも清里の田舎に住んでいるからかもしれませんね。

それでもアカゲラ、アオゲラに会えた時はやっぱりわくわくドキドキします。

高原を代表する美しくて存在感のある野鳥です。

何日か前のことですが、アカゲラの雌雄が食事に来ました。

キツツキは木の中の小さな虫などを主な餌にしています。

山の家の周囲にある枯れ木も彼らのために切ることができません。

DSC06847

アカゲラのメスです。

この木は近くのカラマツの枝。皮がボソボソで虫などの餌が多いのかもしれませんね。


こちらはオス。

DSC06919

太い幹はカラマツで、アカゲラが止まっている斜めの木はなんと藤です。

直径10cmはあろうかという巨大な藤ヅルでカラマツの一番上まで巻き付いています。

昨年の秋にアオゲラがいたのもこの木、既にどちらも枯れているので彼らにとっては便利な食堂なんでしょうね。

繁殖の季節ではないと思うのですが2羽で食事に来ていました。

DSC06835

器用に皮をはがして餌を探しています。

DSC06851

上の写真、首の下の黒い毛が短い手みたいで、とっても可愛い!!

DSC06845


DSC06883

あっという間に木の皮がはがされました。


男の子のほうは枯れ枝が積んであるところがお気に入り。

DSC06913

乾燥というより腐りかけていて虫が多そうな枯れ木です。


本日のおまけ

やはり何日か前のことですが、ルンルンで食事をしていたシジュウカラやカワラヒワの群れが何かに驚いたように一斉に飛び立ちました。

近くのアオダモにモズが来ました。

DSC05159

小さくても猛禽類。

小鳥たちは一時避難です。

DSC05203

そのあとジューンベリーで少しゆっくりして飛び去っていきました。

DSC05215

久しぶりに近くで見ることのできたモズでした。


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



ラグドールランキング









































DSC06883