八ヶ岳を望む標高1100mを越すここ清里の地に暮らす私たち。

美しい八ヶ岳を見ていて、いつも思い返すのは土地を探していた頃の事です。

山の家を建てたいと思ったのは約20年前。

軽井沢や伊豆高原などを含め週末ごとに車を走らせたことが思い出されます。

八ヶ岳南麓に決めてから私たちのプライオリティーの一番は眺望でした。

(大きな声では言えませんが、我が家でも夫婦間で眺望か雑木林かという緩いバトルがありました)

甲斐駒か八ヶ岳が見える場所。

実はなかなか無いんです、これが。

主に小淵沢、大泉周辺で探していたのですが樹木や建物の間から甲斐駒が少し見えるだけ。

苦労したあげく私たちが最終的に見つけた方法は地図を見ること。

なんだ、それは?

と、言われそうですが、実は等高線を調べました。

角度と等高線から八ヶ岳が見えるだろう場所に当たりをつけ、車でアチコチ走りまわりました。

そうやって見つけた場所が今の家があるこの地です。


本題に戻ります。

今朝の八ヶ岳です。7時20分。
3.15DSC08480

大泉や小淵沢から見える八ヶ岳とは全く違う姿も気に入りました。

赤岳、7時21分。
3.15DSC08484

三ツ頭&権現岳、7時21分。
3.15DSC08483

始めてこの姿に出会ったときは10月でした。雪はありませんでしたが、八ヶ岳と南アルプスの稜線が交差する眺望に、文字通り引き込まれました。


雪が降る前、9日の朝、9時29分。
3.09DSC07379

すいません、今日の写真と変わり映えしませんがこの日も綺麗でした。

でも、こうやって美しい山の姿を見ることができるは本当に幸せなことだといつも実感しています。

実は八ヶ岳はくっきり輝いていても南アルプスは霧がかかったようにボヤっとしていることが多いのは少し残念です。

今朝の南アルプス、鋸岳、7時21分。
3.15DSC08486

こんな感じがいつもの南アルプスの表情です。


そんな南アルプスがとっても鮮やかに見えた日がありました。

3月8日の南アルプス。6時22分。
3.08DSC07157

朝日に赤く輝く鋸岳。うっすらかかる雲もいい雰囲気です。

こんなにくっきりと見えることはめったにありません。多分ですが・・・。

この姿を見て、甲斐駒を見ない訳にはいきませんよね。

それがこれ。6時43分。
3.08DSC07170

少し時間が経って朝焼けが終わってしまったのは残念でした。

中央が甲斐駒ヶ岳。大泉あたりから見える男らしい甲斐駒とは雰囲気が違いますが、この鮮やかさは素晴らしいですね。

そして、北岳と鳳凰三山。
6時43分。
3.08DSC07172

ズームした写真を続けてアップします。

6時50分。
3.08DSC07218

6時50分。
3.08DSC07217

6時46分。
3.08DSC07198

6時50分。
3.08DSC07215


そして、この日の八ヶ岳。6時21分。
3.08DSC07151

14時06分。
3.08DSC07291

午後は山の陰影が深くなります。


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング