標高1100mの山の家にも春がやってきました。

土色一色だった我が家の庭もあちこちから新芽が顔を出し始めています。

初々しいグリーンの新芽を見つけて、あれっ?これは何だっけ?なんていうこともしばしば。

雑草を抜くにもうっかり貴重な新芽を摘んでしまったら大変と、ひやひやものです。


4月になってやっといくつかの花が咲き始めました。

IMG_2797

庭の中で今一番目を引くのがチオノドクサ。

DSC09848


IMG_2776

10株程度と数は少ないのですが、今年も鮮やかなブルーの花を見せてくれています。

IMG_2748

学名:Chionodoxa 

キジカクシ科・チオノドクサ属

チオノドクサは球根植物で寒さに強く、いち早く春を告げる花として親しまれています。

シラーとも近い種類だそうですが、比較的花が大きく上を向いて咲いてくれます。

我が家の花はブルーだけですが、ほかに白花とピンクなどもあります。

DSC09850

IMG_2844

今年の秋には球根を追加してもう少し充実させたいですね。



プルモナリアも咲き始めました。

昨年もそうだったのですが、葉があまり成長せず細く伸びた茎に花が咲きます

IMG_2768

DSC09844

種苗店の解説によると葉が茂るのはもう少し先のようです。

DSC09840

プルモナリア・ブルーエンサイン
ムラサキ科 耐寒性多年草

IMG_2769


他にもいくつか咲いている花があります。

IMG_2790

アマナでしょうか?植えた記憶がないのでどこかから紛れ込んだようです。

IMG_2757

上の写真は多分ブルーベルだと思うのですが、チオノドクサと同じく球根植物です。

(4月26日追記=ブルーベルではなく、シラーではないかと思います。)

ですが、正確な名前がわからなくなってしまいました。

シラーを植えてみたり、イングリッシュブルーベルと言われたもかかわらずベル型にならない花だったりで、我が家の庭には3種類くらいの似たような花があります。

本当は細い吊り鐘型の青い花がいくつも咲くイングリッシュブルーベルの群落を目指してるんですが・・・。。

いずれにしろイギリス・キューガーデンの写真で見るような青い絨毯は夢のまた夢ですね。

本日のおまけ

ケリケリで遊ぶミルクッチ

DSC09463

お魚型のケリケリ、大好き。

DSC09468

一人遊びができます。

DSC09470

こう見ると随分色が濃くなりました。

現在体重6.05kgです。

DSC09461

最後は、ベルッチ乱入です。

DSC09485


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

にほんブログ村


ラグドールランキング