5月になって、清里も夏鳥の季節になりました。

先日も庭のサラサドウダンで遊ぶキビタキのカップルを猫のベルが見つけて大騒ぎ。

恋の季節ですね。

残念ながら写真は撮れませんでしたが・・。

また、近くの林ではカップルと思しきエナガが、人がそばにいるのに逃げることも忘れて枝から枝へ2羽で舞っていました。

なんと、この時はベルを抱っこして散歩中でした。

そして、次の日にはこんな写真が撮れました。

DSC00598

拡大してよく見てほしいです。

巣作りの材料を咥えています。

これ以外の写真はボケボケでした、エナガは動きが速くて写真を撮るのは難しいですね。

ほかにも珍しい夏鳥も見ることができました。

DSC00534

クロツグミです。

ピントの合った写真はありません、証拠写真です。

近所にいるらしくてしばしば目にします。


まともな写真が無いので最近仲良しの鳥さんを紹介します。

DSC00499

この子は庭で作業しているときなど、気が付くと近くにいることが良くあります。

DSC00521

オベリスクに止まって、ユキヤナギの間から顔を出しています。

DSC00505

桂の木でまったり。

何となく近くにいます。

都会のヒヨドリと違って、山のヒヨドリは警戒心が強くてとても珍しい事だと思います。

DSC00518

何か勘違いしているようで、すぐ近くまでやってきます。

DSC00502

この木は近くのダンコウバイ。

優しい表情のヒヨドリです。

おかげでクッキリはっきりの写真が撮れました。

こうやって見るとヒヨドリもとてもきれいな野鳥だということがわかります。

ヒヨドリにはちょっと失礼な話ですが、キビタキやオオルリがこんな風に近くでフレンドリーだったら良いのですが・・・。


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング