ベルと高原の家

八ヶ岳を望む高原の家でガーデニングを中心に猫のベルとの日常をつづります。

2018年09月

大好きなホトトギスの花たち。and ラグドール猫日記

ホトトギスは八ヶ岳でも毎年声を聴くことができる野鳥が有名だと思いますが、植物のホトトギスはその花弁の紫色の斑紋が野鳥のホトトギスの胸の斑紋と似ているということで名付けられた花です。

ホトトギスを好きになったのはガーデニングを始めて庭に山野草中心のコーナーを造ってからです。

毎年少しづつ苗を購入して増やしています。

今我が家の庭で咲いているいくつかのホトトギスたちを紹介したいと思います。

9月の初旬から咲いているのが「紅富士」

IMG_0633

特徴は花弁にホトトギス柄が無い事。

「紅富士」の名は雪の富士に朝日が当たる様をイメージしたのでしょうか。

台湾ホトトギスの品種で、白州花壇で購入した株です。

IMG_0637

西日の強い斜面に植えたからか、葉焼けしてしまっているのが残念です。


咲き始めたばかりの「富士の雪」

IMG_0627

こちらも台湾ホトトギスの品種。

IMG_0753

蕾が多いのでこれから楽しみです。


次も台湾系のホトトギス、「江戸の華」(多分)

IMG_0618

花弁の先がブルーになるとても美しい品種です。

IMG_0736

こちらも台湾ホトトギスの仲間。

台湾ホトトギスは園芸種がとても多いように感じます。



そして、いつ植えたか分からないほど昔からあるホトトギス。

やっと元気になってきました。

IMG_0625

この品種が一番一般的なホトトギスではないでしょうか。

上は、少し前の咲き始めのころです。

そして、今の写真。

IMG_0916

ホトトギスの分類は難しいのですが、国立科学博物館の解説ページは判りやすくて参考になりました。

解説ページのリンクはこちらです。

日本産のホトトギスは大きく4っの節(グループ)に分類されており、

それによるとこの花は所謂ホトトギス節で、特徴は茎に斜め上向きの毛が生えているということでした。

確認してみました。

IMG_0918

しっかり上向きの毛が生えています。

良くは理解できませんが台湾ホトトギスも節の分類では同じ仲間のようです。

台湾ホトトギスは毛も良く見えないし、花の付き方も全く違うので俄には納得できませんが・・・。



山野草として人気の高い、ヤマホトトギスとヤマジノホトトギスは別の節に分類されるようです。

我が家の庭にあるヤマジノホトトギスです。

IMG_8987

7月の終わりに開花した時の写真ですが、今は種ができています。


ヤマホトトギスは8月の終わりから9月の初めにかけて咲きました。

前にも紹介した写真です。

IMG_9908

花弁が大きく下向きに反り返っているのが特徴です。


最後はキイジョウロウホトトギス。

IMG_0437

9月12日の写真。

紹介できていなかったホトトギスですが、昨年植えた株。

富士見町の山野草専門店「中山植物園」で購入しました。


昨年綺麗に咲いた黄花のホトトギスはネズミに食べられたのか消えてしまいました。

斑入りの葉が美しい「三光斑」の開花はもう少し先です。


本日のおまけ

ソファーでくつろぐミルク。

DSC08240


IMG_1542




今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村 


宿根草・多年草ランキング









真っ赤なツリバナの実がはじけました。and ラグドール猫日記」

数日前からジューンベリーの下のあまり陽の入らない場所に道を作っています。

オカトラノオとチゴユリが群生しているところですが、詳しくは改めて紹介したいと思います。

ぐずついた天気が続いていますが、清里も一歩一歩秋が深まってきています。

シンボルツリーの桂も少しづつ色づいてきました。


IMG_1598

樹勢も良く、姿も美しくて大好きな木ですが、唯一不満があるとすると黄葉です。

真っ黄色になる前に散ってしまいます。

だから今が一番良い時かも知れません。

落ち葉も増えてきて、木の下に入れば甘い香りに包まれます。


そして、今日は先日も紹介したツリバナですが、今すごいことになっているので再紹介です。

今年は実の数がハンパないです。

IMG_1606

洗面所の窓から撮った写真です。

木全体が真っ赤な実で埋め尽くされています。

丸い果実がはじけました。

IMG_0704


IMG_0834


IMG_0607

こんな風に実がかたまってなっているのですが、これが樹全体に鈴なりなので驚きです。

こんなことは初めて、これが本来の姿なんだろうなとは思いますが・・・。

そんなツリバナの姿を記録に残そうと思っているのですが、いまいちクリアーな画が撮れません。

三脚を出して撮ってみました。

IMG_0850

おなじ実を反対側からも・・。

IMG_0849

ものすごい数の実がなっているんですが、被写体としていい感じの実はなかなか見つかりません。

多すぎるのも困ったものです。

自分の腕は棚に上げて被写体のせいにしております。



本日のおまけ

最近お気に入りのダンボール箱、ホワイトシップ号。

IMG_1494

二匹で取り合い。

ミルクッチ、お願いポーズです。

IMG_1497

お兄ちゃんをたてて順番を待つことにしました。


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村 


宿根草・多年草ランキング























シュウメイギクが見頃です。and ラグドール猫日記

シュウメギクが見頃を迎えました。

単調になりがちな秋の花壇を華やかに彩ってくれるシュウメイギクは貴重な存在です。

秋雨前線の影響でなかなかスッキリ晴れてくれない清里地方ですが、雨にも強く綺麗に咲き続けてくれています。

花期が長いというのはガーデニングをしていると本当にありがたみを感じます。

先に咲き始めたピンク系のシュウメイギク。

IMG_0757

この系統のシュウメイギクはダイアナが有名ですが、私たちが植えたのはハドスベンという種です。

正直区別がつきません。

IMG_0650

ですが、このシュウメイギク、植えた場所ではなくて近くのあちこちから芽を出して増えています。

石の間のわずかな隙間にも根を張って美しい花を咲かせてくれています。

IMG_0759


先に一輪だけ咲いた白花のシュウメイギクを紹介しましたが、たくさんの蕾が開花しました。

IMG_0761

写真が暗くなってしまいましたが、白い花の写真は本当に難しいです。

IMG_0644

写真はともかくいい感じで咲いています。

花のアップも撮ってみました。

IMG_0647


本日のおまけ

花期が長い花という話をしましたが、シュウメイギクの近くで咲いているペルシカリア。

まだ咲いてたの?という感じで咲いています。

IMG_0754



おまけのおまけ

パソコンラックを占領したベルとミルク

008

なかなか撮れない二階建ての2ショットです。

011



今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村 


宿根草・多年草ランキング



名前のわからないフウロソウが咲いています。

今日は午後から雨。

午前中に花友からいただいた青花フジバカマをランブリングレクターの下に植えこみました。

あれこれ予定していた作業はほとんど手つかずで雨が降ってきました。



ご近所の知人から譲り受けたフウロソウが咲いています。

雑草が生い茂る、日の当たる草原と言った趣の場所に生えていた花です。

開発されてから一度も建物は建っていない敷地ですので自生していたものだろうと思っています。

DSC08046

とても美しい花を咲かせています。

花の直径は3cm前後。

特徴は茎がとても長いことです。ゆうに1mくらいはあります。

DSC07858

上の写真は長い茎を葉の無くなったユキヤナギに絡んで花が空間に浮くように咲いているところです。

かなり始末の悪い茎の伸ばし方をしていますので、園芸種ではないように思います。

ゲンノショウコの茎の伸ばし方に似ているといったら解りやすいと思います。。

フウロソウに詳しくないので判る方がいらっしゃったらご教示いただけるとありがたいです。

DSC08050

葉の状態がわかるようにと思って撮った写真を載せます。

DSC08051

分かり難いですが、茶色はユキヤナギの枝で、緑がフウロソウの茎です。


ネットで調べて更新しています。

カイフウロに葉が似ていると思って一度アップしましたが、その後タチフウロではないかと思えてきました。




今日も訪問ありがとうございます。

ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村 


宿根草・多年草ランキング

秋の山野草 ツリフネソウ・ヤクシソウ・アキノキリンソウ and ラグドール猫日記

以前からたびたび書いていますが、我が家の周囲は山野草の宝庫ではないかと思っています。

経験のある方たちに教えられて知った植物も多々あります。

なんですが、本当に貴重な山野草はなかなか見ることができません。

それでも季節ごとに咲き、周辺で普通に見ることができる草花も写真を撮ったりよく観察するようになりました。

そんな雑草のように繁茂する草花もとても美しいものです。

なかでもこの季節に見ることができ、ユニークな咲き方をする花。

ツリフネソウです。

DSC08234

ツリフネソウ科、ツリフネソウ属。

ホウセンカやインパチェンスの仲間だそうです。

ホウセンカと同じく種をはじいて飛ばすそうです。

DSC08233

花は名の通りぶら下がって咲きます。

DSC08231

この辺でもやはり紫が多いのですが、黄色もここでは珍しくありません。

DSC08216

レモンイエローが綺麗ですね。

DSC08199

よく見ると黄色と紫で葉のギザギザが少し違うのかなと思います。

DSC08198


黄色い花続きで、秋の代表的な山野草、アキノキリンソウです。

我が家の周囲にもよくあります。

DSC07994

キク科、アキノキリンソウ属。

DSC07988


そして、ほぼ同じ場所、同じ時期に咲く黄色い花。

ヤクシソウです。

DSC08096

キク科、オニタビラコ属の二年草。

パイオニア植物と言われる通り、昨年樹木が伐採されて明るくなったら急に目につくようになりました。

DSC08093


DSC08152(1)



本日のおまけ

やっぱり定位置が落ち着く我が家のネコズ。

ミルク。

DSC08138

食器棚の上。

ベル。

DSC08135(1)

階段の上。

DSC08136



今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング
ギャラリー
  • 今年もバーク堆肥でマルチング。and チビ(ジャン君)とミルクの仲良し日記
  • 今年もバーク堆肥でマルチング。and チビ(ジャン君)とミルクの仲良し日記
  • 今年もバーク堆肥でマルチング。and チビ(ジャン君)とミルクの仲良し日記
  • 今年もバーク堆肥でマルチング。and チビ(ジャン君)とミルクの仲良し日記
  • 今年もバーク堆肥でマルチング。and チビ(ジャン君)とミルクの仲良し日記
  • 今年もバーク堆肥でマルチング。and チビ(ジャン君)とミルクの仲良し日記
最新コメント