ベルと高原の家

八ヶ岳を望む高原の家でガーデニングを中心に3匹の猫たちとの日常をつづります。

2019年08月

庭の様子  and ラグドール猫日記

清里にも台風の影響は少しあって、時折強い雨が降ったり風が吹いたりしています。

やはり背の高い植物は少し倒れたりしています。

その代わりといっては何ですが、気温はぐっと下がってちょっと肌寒いくらいでした。

今日は台風の前の庭の様子を紹介しようと思います。

山の家の庭はちょうど夏の花から秋の花に少しづつ入れ替わっていきます。

DSC02716

大株になったススキを挟んで左がコレオプシス、右がルドベキアです。

良く見えませんがユーパトリウム・チョコレートが開花の準備をしています。

コレオプシス
DSC02700

IMG_7701

ルドベキア・デアミー
IMG_7703

デアミーはタカオと比べると花弁がシャープで少し大きいです。
IMG_7706

ススキはとても大きく見えますが、これでも昨年の秋に3分の2くらいに小さくしてこの状態です。

根がとても強いので小さくするのは簡単ではありません。

つるはしで力任せに根を切り分けます。

そんなススキがもう一株あります。

DSC02714

こちらも昨年の秋に株を切り分けたタカノハススキ。

もう少しするとこの周りでシュウメイギクが咲き始めます。

左奥に見えるキキョウは白も青もドンドン花芽があがって、とても綺麗です。

IMG_7637


DSC02689

キキョウの上で赤い花穂のペルシカリアが舞うように花壇を彩ってくれています。

このペルシカリア植えたころの印象は、タデ科と聞いてはいたのですが、芽が出て緑の葉が大きく育ってくるとこれがその辺の路傍に生えているタデそのもの!

思わず、タデか~!?

何て思ったこともありましたが、鮮やかな花色、花茎はとても丈夫で倒れる心配はほとんどありません、しかも花期がとても長いのです。

強健で株はドンドン大きくなります。

増えすぎる悩みはありますが、今では山の家の庭に無くてはならない存在ですね。



DSC02704

中央の花壇は何より青いムクゲ、ブルーサテンですね。

真ん中の黄色い花はルドベキアタカオ、左は花が終わりかけているモナルダ、その間に花茎をまっすぐ立てて青い花が咲き始めたのがロベリア(西洋サワギキョウ)です。

ルドベキア・タカオ
DSC02708

ムクゲの勢いが止まりません。
DSC02712


本日のおまけ

ベルッチ床に座り込んでいることがとても多いです、好きなんですね。

_8140041


_8140035


リビングに敷いた作業用のシートに大興奮。

DSC02680



今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

にほんブログ村 


宿根草・多年草ランキング





ヤマホトトギスとヤマジノホトトギスの違い

先月末にヤマジノホトトギスが咲き始めてそろそろ花の終わりになろうとしていますが、やっとヤマホトトギスが咲き始めました。

ヤマホトトギスとヤマジノホトトギス。

名前もそっくりですが、花もそっくりなんですね。

IMG_7644

庭に咲いたヤマホトトギスです。

一昨年、近くの林道脇に咲いているのを見つけてこのブログでも紹介しましたが、今は消えてしまってみることができません。

今咲いているヤマホトトギスは園芸店で買ってきたものです。

特徴は大きく下向きに反り返った花被片。

ヤマジノホトトギスはこれほど反り返りません。

ヤマジノホトトギス

IMG_7320

花被片はほぼ水平に開きます。

もう一つの特徴は花の付き方。

ヤマホトトギスは茎の上の方で散房花序になります。

IMG_7646

まだ一輪しか咲いてないので同じ花が何度も登場します。

蕾の付き方で散房花序と言うことがわかります。

これに対してヤマジノホトトギスは葉の腋に花を付けます。

IMG_7402

インターネットでの説明によるとヤマジノホトトギスは比較的見つけやすく、ヤマホトトギスは珍しいいと言われています。

実際にはどちらも自生で見つけるのは大変です。

我が家的にはヤマジノホトトギスはものすごく元気で、植えて3~4年目くらいですがちょっと困るくらいに増えています。

反対に、ヤマホトトギスは咲いてくれただけで嬉しい。

IMG_7642

これって差別ですかねぇ。

まぁ、ホトトギスに限らず、花を育てることの困難さは身に染みていますから、咲いただけで嬉しいのはどの花も同じですが・・・。


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

にほんブログ村 


宿根草・多年草ランキング






世界で一番青いムクゲ ブルーサテン


夏の花と言えば、私の家がある国立府中近辺では百日紅(サルスベリ)が一番目につきます。

街路樹然としたところに抵抗があったのですが、シックな白花もあったり花の少ない真夏に咲いてくれて、病気にも強いらしい。

丁寧に剪定されて姿の美しいサルスベリを見ると、これはこれで捨てたもんじゃないなと見直したりします。


八ヶ岳に来ると、この時季オレンジ色のノウゼンカズラがとても目立ちます。

高根町に大木がノウゼンカズラに覆われているところがあって、見飽きていると思われている方も一見の価値があります。

そんなサルスベリにもノウゼンカズラにも負けず劣らず夏を代表する花がムクゲです。

珍しくない花ですが、我が家にも一本のムクゲがあります。

IMG_7594

世界一青いムクゲと言われているムクゲ。

少し暗く映っていて、とても青く見えますが決して誇張ではなくこんなイメージで咲きます。

IMG_7569

数年前にバラクライングリッシュガーデンで買ったムクゲ。

以前にも紹介しましたが、ブルーサテンと言います。

DSC02626

陽の光を浴びるブルーサテン、今年も二日ほど前から咲き始めています。

一日花で今日咲いた花は翌日には萎れます。

それでもものすごい数の蕾が次から次と上がって来て、遠目からはずっと咲いているように見えます。

IMG_7616


IMG_7597


DSC02634


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

にほんブログ村 


宿根草・多年草ランキング


コオニユリが咲きました。 and ラグドール猫日記

暑いです。

長坂まで買い物に出ましたが、車の温度計で36℃でした。

標高1100mまで上がると3℃くらいは下がるようですが、それでも今日は今年一番の暑さではないでしょうか。

昨日はほんの少しですが、夕焼けを見ることができました。

DSC02584

本来は滑らかなはずの稜線がはっきりしないでデコボコしたシルエットになっています。

DSC02587

雲の影ですが、夏らしい夕焼けなのかも知れませんね。


数日前からコオニユリが咲き始めました。

DSC02473

鬼百合とコオニユリはとてもよく似ているのですが、違いはムカゴがあるかないか。

コオニユリにはムカゴがありません。

IMG_7413

コオニユリは花弁が後ろに反り返るのですが、上の花はまだ咲き始めのようです。

そして、何よりの発見はおしべの色。

鮮やかなパープル。

こんな色になるとは知りませんでした。


先日紹介したヤマユリが、そろそろ花弁を落とし始めています。

バトンタッチするようにコオニユリが咲いてくれました。

IMG_7523

ユリはやっぱり、と言っては何ですが育てるのが難しいです。

一昨年植えたササユリは今年発芽しませんでしたし、

昨年まで盛大に咲いてくれたカノコユリも調子が良くありません。

昨年は夏の間東京で用事があって、花の良い時を見逃しています。

IMG_7555

久しぶりに見る美しいコオニユリの姿です。

DSC02569


DSC02574


DSC02563



本日のおまけ

珍しいツーショット

DSC02518

しばらくまったりしていましたが、結局いつものベロベロタイムに・・・。

DSC02524


おまけのおまけ

IMG_7422あ

八重のハコネホワイトの真ん中から、青いキキョウが良いコントラスト。


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

にほんブログ村 


宿根草・多年草ランキング



雨の恩恵を受けた花 モナルダ

梅雨が明けて数日しか経っていませんが、皆さん強烈な暑さに参っていることと思います。

東京のジメジメ猛暑を体感して山の家に戻っておりますが、こんな異常気象の今こそ高原の爽やかな夏を体験していただきたいと思います。

標高1100mの高原はやはり違います。

近年暑くなったとはいえ、最高気温29℃9~30℃くらいで湿度もそれほどではありません。


梅雨が7月の終わりまで続き、具合の悪い花たちの事を嘆いてばかりでしたが、長雨で元気な花があります。

モナルダです。

IMG_7196

何処がどう恩恵を受けたかと言うと、グリーンの葉を見ていただきたいと思います。

モナルダはとても病気に弱い花です。

2017年7月19日の記事=http://bell222garden.blog.jp/archives/2746750.html

毎年、必ずうどん粉病になります。これまで例外はありませんでした。(自分たちのせいかも知れませんが・・。)

それが今年は全く病気の気配がありません。

秘密がわかりました。少し前にNHK趣味の園芸でフロックスの病気に関する放送が参考になりました。

この病気は気温が高く、乾燥した環境を好む、とあります。

対策は病気に掛かる前に適切な薬剤散布をすることと適度な湿度を保つこと。

長雨が病気を防いでくれたわけです。

DSC02434

山の家の庭には淡いピンクと濃いピンクの2種類のモナルダがあります。

IMG_7197

上が濃いピンクで下が淡いピンクです。

IMG_7199

モナルダ

学名:Monarda 
和名:タイマツバナ(松明花)、ヤグルマハッカ(矢車薄荷)  その他の名前:ベルガモット、ビーバーム、ホースミント

科名 / 属名:シソ科 / ヤグルマハッカ属(モナルダ属)

タイマツバナの名の通り、タイマツの炎のような形の花を咲かせます。

そして、ベルガモットの名の通り、とてもさわやかな香りを持っています。

花の少ない真夏に咲く花として貴重な存在です。

IMG_7226


IMG_7237


IMG_7259

ただ、背が高く風雨で倒れやすいので支柱で補強する必要があります。

それでも倒れてしまう花があるので切り取って室内で飾ります。

モナルダは花持ちが良いのでとてもありがたいです。

IMG_7483


IMG_7400

同じ花ですが、光の具合で色が違って見えます。

そして、最後に紹介するのは数日前から薪ストーブの上に飾っていたモナルダ。

IMG_7484

赤い色が抜けて不思議な雰囲気になっています。

IMG_7381



IMG_7380

写真では上手く表現できないのが残念です。

IMG_7372


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング




ギャラリー
  • クロッカスが咲きました
  • クロッカスが咲きました
  • クロッカスが咲きました
  • クロッカスが咲きました
  • クロッカスが咲きました
  • クロッカスが咲きました
最新コメント