梅雨が明けて数日しか経っていませんが、皆さん強烈な暑さに参っていることと思います。

東京のジメジメ猛暑を体感して山の家に戻っておりますが、こんな異常気象の今こそ高原の爽やかな夏を体験していただきたいと思います。

標高1100mの高原はやはり違います。

近年暑くなったとはいえ、最高気温29℃9~30℃くらいで湿度もそれほどではありません。


梅雨が7月の終わりまで続き、具合の悪い花たちの事を嘆いてばかりでしたが、長雨で元気な花があります。

モナルダです。

IMG_7196

何処がどう恩恵を受けたかと言うと、グリーンの葉を見ていただきたいと思います。

モナルダはとても病気に弱い花です。

2017年7月19日の記事=http://bell222garden.blog.jp/archives/2746750.html

毎年、必ずうどん粉病になります。これまで例外はありませんでした。(自分たちのせいかも知れませんが・・。)

それが今年は全く病気の気配がありません。

秘密がわかりました。少し前にNHK趣味の園芸でフロックスの病気に関する放送が参考になりました。

この病気は気温が高く、乾燥した環境を好む、とあります。

対策は病気に掛かる前に適切な薬剤散布をすることと適度な湿度を保つこと。

長雨が病気を防いでくれたわけです。

DSC02434

山の家の庭には淡いピンクと濃いピンクの2種類のモナルダがあります。

IMG_7197

上が濃いピンクで下が淡いピンクです。

IMG_7199

モナルダ

学名:Monarda 
和名:タイマツバナ(松明花)、ヤグルマハッカ(矢車薄荷)  その他の名前:ベルガモット、ビーバーム、ホースミント

科名 / 属名:シソ科 / ヤグルマハッカ属(モナルダ属)

タイマツバナの名の通り、タイマツの炎のような形の花を咲かせます。

そして、ベルガモットの名の通り、とてもさわやかな香りを持っています。

花の少ない真夏に咲く花として貴重な存在です。

IMG_7226


IMG_7237


IMG_7259

ただ、背が高く風雨で倒れやすいので支柱で補強する必要があります。

それでも倒れてしまう花があるので切り取って室内で飾ります。

モナルダは花持ちが良いのでとてもありがたいです。

IMG_7483


IMG_7400

同じ花ですが、光の具合で色が違って見えます。

そして、最後に紹介するのは数日前から薪ストーブの上に飾っていたモナルダ。

IMG_7484

赤い色が抜けて不思議な雰囲気になっています。

IMG_7381



IMG_7380

写真では上手く表現できないのが残念です。

IMG_7372


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング