ベルと高原の家

八ヶ岳を望む高原の家でガーデニングを中心に3匹の猫たちとの日常をつづります。

2020年03月

名残りの雪になるかな? and ラグドール猫日記

東京でも1cmの積雪があったという昨日、山の家がある清里では15cmを越える雪が降りました。

DSC07936

大雪警報が出るようなことを聞いていたのですが、3月の終わりということで溶けるのも早く、今朝は氷点下になることも無く、凍結することもありませんでした。

DSC07892

もうすぐ4月の今言うのも変ですが、春は確実に近づいているんですね。

東京でコロナウィルスの感染が増えていることもあって、夫婦とも病院の予定を先に延ばすことにしました。

テレビで電話による診察のうえ調剤薬局から薬を送ってもらえる仕組みがあると聞きました。

利用できると良いですね。

昨日はかなりの積雪だったので、野鳥たちにとって餌があるのはウッドデッキの餌台のみ。

DSC07909 (2)

今回も大盛況でした。

DSC07728 (3)
ミヤマホオジロの雌。

餌台から小鳥たちの姿が消えることはありませんでした。

DSC07662 (2)


雪が積もって木のシルエットが浮かび上がり、それぞれの枝ぶりの様子が見えるのも面白く感じます。

DSC07920
ヒメシャラ。

DSC07744
カツラです。

DSC07927
ハナノキ。


ジューンベリーに留まる、ヤマガラ。

DSC07773 (2)

寒そう!


満開のダンコウバイの花も雪を被りました。

DSC07746



本日のおまけ

雪が解けてくると薪ストーブの熱で温まった屋根から雪が落ちます。

今はいない先輩ねこは全身の毛を逆立てて怖がっていましたが。

今いる猫たちはそれほど気にかける様子がありません。

DSC07779

もう、慣れまちた。

DSC07813

山の水はやっぱりおいちいです。

DSC07846

こんな日はなぜか瞳の青さがさえます。

DSC07655

雪に反応したのは新米のチビスケ。

DSC07899


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


ラグドールランキング




















カタクリが咲きました。and らぐどーるクリクリ日記

球根の芽が次々と顔を出してきて、毎日庭をめぐるのが楽しくなってきました。

そんな中で一輪だけ咲いた花があります。

カタクリです。

DSC07287

昨年の秋にカタクリの球根は10球ほど植えたのですが、咲いたのはそれではなく一昨年植えたもの。

昨年とは別の場所で、一年置いて突然の開花です。

全く諦めていたので別の苗を植えたりして、植えた場所も分からなくなっていました。

同じカタクリでも西洋種のキバナカタクリはとても元気で今年も多くの芽が育っています。

それに引き換え日本のカタクリはやはり難しいなぁ、と妙な納得をしていたのですが山野草好きにとってはやはり憧れの花。

DSC07298

日が差してくると花弁が反り返るのですが、今日は一日曇りなので上の写真のような状態です。

昨年植えた球根からも芽が出てくれました。

何とか定着してくれ!と願うばかりです。


本日のおまけ

夜になって、クリクリの瞳のミルクです。

DSC07293



今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村 


宿根草・多年草ランキング





























薔薇の剪定 パート2

今日はよい天候に恵まれ、温かい日差しに包まれました。

朝、ベッドから身を起こすと小さな窓から赤岳が見えます。

麓は雪の少ない冬でしたが、山頂は白く輝いています。

朝の写真は撮れていませんが、八ヶ岳と南アルプスに沈む夕日が稜線の輪郭をひときわ鮮やかに際立たせてくれました。

DSC07263


先日のつる薔薇の剪定に続いて、そのほかの薔薇たちの剪定をしました。

ボニーの前にあるシャルロット・オースチン。

IMG_0274
下草(ハナトラノオとファイヤークラッカー)の背が高いのでシュートはあまり切らないで高めにしました。


キズナです。

IMG_0272
枯れ枝が多く、思うように育ってくれなくてバッサリ切ることになりました。


マリーパヴィエです。

IMG_0269
細い枝を根元から切り、枝の上部で細かく分かれていた花穂は全て切りました。


黄色の修景薔薇、リモンチェッロです。

IMG_0267
これも大量の花穂が付いていたのですが、ほぼすべて切りました。
ですが、今見ると上の方に残っている細い枝は切るべきだったかもしれません。
全体に枝が左に寄っていてバランスが悪いのですが、他の花がない方向なのでこれで様子を見ることにしました。


ルゴサ系、スノーペイブメント。

IMG_0261
上部の枝分かれしたところにしか新芽がなく、とても悩んだのですが、この細い枝を少し切り詰めることで済ますことにしました。


家の南側の壁に這わす計画のつる薔薇、カクテルとつるアイスバーグです。

IMG_0255
剪定はしましたが、まだ誘引ができておりません。

つるの一番上は壁に誘引する予定なので、先端の細い部分だけ切ることにしました。

IMG_0256
スチールのフェンスと壁の間が70~80cmくらいあって壁まで届いてないんです。


本日のおまけ

DSC07188

剪定した薔薇・ボニーの枝にとまるヤマガラ。

目線の先に例のエサ台があります。


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村 


宿根草・多年草ランキング


ダンコウバイが咲きました。and チビとミルクの仲良し日記

高原の春を告げる花。

ダンコウバイの黄色い花が咲き始めました。

IMG_0241

花壇では、水仙やチューリップなどの球根類の芽が伸び始め、一輪だけですがカタクリも花をつけました。

3月も半ばを過ぎて随分暖かくなってきました。

ダンコウバイ、あっという間に満開になりました。

DSC07019

同じクスノキ科クロモジ属のアブラチャンとともに清里ではよく見られる樹木です。

そっくりな花をつけるアブラチャンはまだ咲いていません。

IMG_0243

道を挟んですぐ隣にある老木ですが、よく花をつけます。

IMG_0237


IMG_0223

秋には素晴らしい黄葉を見せてくれます。

IMG_0238

清里にも遅い春がやってきました。


本日のおまけ

久しぶりの2ショット。

IMG_0215

ちびすけ、押しかけ弟です。

IMG_0209

デカくなった弟分を持て余し気味のミルクですが、ほんの少しだけ我慢します。

IMG_0198


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村 


宿根草・多年草ランキング



つるバラ、ボニーとランブリングレクターの剪定と誘引。

標高1100mにある山の家は冬は零下10℃を下まわることも珍しくない寒冷地です。

そのため我が家では、3月の中旬頃にバラの剪定と誘引をすることにしています。

今日のテーマはボニーとランブリングレクター。

どちらも旺盛な伸長力をもったつるバラです。

今年の剪定と誘引は昨年までとは少し違いがあります。

取り敢えず出来上がった姿をご覧ください。

ボニーです。
DSC06811

そしてこちらがランブリングレクター
DSC06818

昨年との違いはかなり思い切った剪定をしたこと。

剪定は非常に難しくて毎年悩みながら作業をしていたのですが、ことしはバラ栽培の大先輩に剪定の方法を丁寧に教えていただきました。

剪定の教科書は沢山あるのですが、自分の薔薇を前にするとどうしてよいか分からなくなっていました。

実際にやっていただいたのが、ランブリングレクターの前にあるバレリーナ。

DSC06837

残すか切るか大事な見極めはやはり知識と経験がものを言うんですね。


もう一つの変化はフェンスを増設しました。

これまでウッドデッキの床面くらいの高さに抑えていましたが、今年は約50cmほど高くしました。

ボニーです。

DSC06883

L型の金具(90cmのフラットバーを90゜に曲げてスプレーで黒く塗装しました。)をウッドデッキのフロントに取り付け、横方向に針金を張りました。

DSC06872

ボニーはシュートの生え際が弱く、無理に曲げようとすると折れてしまいます。

そのため、誘引は大きな湾曲になっています。

ランブリングレクターは。
DSC06877

こちらもボニー同様高くしました。

拡大すると。
DSC06873

ランブリングレクターは強いのでかなり強引な誘引に耐えます。

その代わりと言っては何ですが、棘がものすごいのでバラ用の丈夫なてぶくろがマストです。


これで今年は部屋の中からバラを鑑賞することができます。

DSC06874

あっ、言い忘れましたが元々の目的はバラの勢いがすごいので前から見て見ごたえのある姿にすることでした。

八ヶ岳の稜線をバックにしたボニーとランブリングレクターが満開になるのが今から楽しみです。



今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村 


宿根草・多年草ランキング
























































ギャラリー
  • 山紫陽花:七段花
  • 山紫陽花:七段花
  • 山紫陽花:七段花
  • 山紫陽花:七段花
  • 山紫陽花:七段花
  • 修景バラ:リモンチェッロ
最新コメント
プロフィール

paw

カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

名前
本文
  • ライブドアブログ