ベルと高原の家

八ヶ岳を望む高原の家でガーデニングを中心に3匹の猫たちとの日常をつづります。

2020年07月

世界一青いムクゲ:ブルーサテン2020 and 夏の青い花

やっと梅雨が明けそうです。

それにしても7月は記録的な月だったようですね。

東京で雨が降らなかった日がたった一日だけ。

今日の八ヶ岳地方、車の温度計の数字ですが30度近くまで気温が上がり、久しぶりに「暑さ」を感じました。

標高1100mの清里でも本格的な夏の花が咲き始めました。

DSC06986 (2)

雨が止むのが待ちきれなかったブルーサテンです。

DSC06994

まだ咲き始めたばかり。

前にも書きましたが、蓼科のバラクラ・イングリッシュガーデンで購入したものです。

DSC06987

下は今朝(8月1日)の写真です、随分咲き進んできました。

DSC06996

植えて4年目になると思いますが、大きくなってきました。

DSC06998


そして、夏の青い花の代表と言えば・・・

キキョウです。これは園芸種。

DSC06971

八重の白花キキョウ:ハコネホワイトを追いかけるように咲き始めました。

DSC06969

草姿は箱根ホワイトとそっくりで、太くてしっかりした花茎で草丈80cm前後あります。(先日50cmと書いたのは間違いでした。)

DSC06988

青花のキキョウ、またかと言われそうですが、正式な品種名は不明です。

蕾はキキョウらしく紙風船のように膨らみます。

DSC06931 (2)


一緒に咲いている白花のハコネホワイト、今も花弁の裏は淡いブルーです。

こういう変化はよくあることなのかな、と今も不思議に思っています。

DSC06960


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング


モナルダに可愛いお客様

モナルダの花もそろそろ終わりですが、昆虫たちにとってはまだまだ終わってないようです。

多いのはヒョウモンチョウですね。

後は知らない虫や小さな蝶がいっぱい。

昔なら気にもとめなかったような小さな蝶。

キバネセセリという名の蝶。

DSC06872キバネセセリ

クリクリのおっきな目とプクンとした太いお腹が特徴の小さな蝶。

キバネセセリ(黄羽挵、 Bibasis aqulina)は、チョウ目(鱗翅目)セセリチョウ上科セセリチョウ科に属するチョウの一種。

DSC06875


可愛い蜂も来ていました。

DSC06874 (2)

マルハナバチだと思いますが、正確な種類については分かりません。

DSC06873 (2)


他にも色鮮やかな蝶も来ていました。

DSC06881

アカタテハだと思います。

派手な黒とオレンジのエクステンションが無かったら、ちょっと近寄って欲しくない感じ(笑)。


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング


咲き始めたオレンジのユリ and フシグロセンノウの開花

昨日は日中雨が降らなくて、いよいよ梅雨明けも近いかなと思わせてくれましたが、今日にかけて夜はシトシトと雨が降り続いていました。

明日で7月も終わり、この様子だと夏らしい暑さは一日もないまま8月を迎えそうです。


数日前からオレンジのカノコユリが咲き始めました。

DSC06842

カノコユリと言えば赤い花が一般的ですが、我が家にあるのはこのオレンジだけ。

DSC06844

赤花のカノコユリも植えましたが消えてしまいました。

DSC06843


ユリが咲いているのは桂とアオダモの間の斜面。

DSC06936

この斜面をユリがいっぱい咲く場所にしようとあれこれ植えてきました。

元気なのはコオニユリ。

咲き始めたばかり。

DSC06961

カノコユリがオレンジなのでこちらのコオニユリとの区別も難しいです。

細い葉がたくさんついているのがコオニユリです。

花弁の黒い斑点も似ているのですが、カノコユリは花弁に粒粒がありますので見分けることができます。

DSC06946

オニユリとコオニユリもよく似ていて紛らわしいのですが、オニユリには葉の腋にムカゴがつきます。

ムカゴのつかない我が家のはコオニユリということになります。


今年の秋には赤花のカノコユリにもう一度挑戦してみたいと思っています。


オレンジ色の花つながりで、咲き始めたばかりのフシグロセンノウ。

DSC06944

マツモトセンノウによく似た花ですが、咲く時期がこちらの方が遅いですね。

見分けるのは名の通り葉の節々が黒いのがフシグロセンノウです。

なかなか増えないですが、5~6株ありますのでしばらくの間楽しめそうです。


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング


チビスケ特等席ゲット

山の家は自然に囲まれてとても良いところですが、夏になると家の中も外も虫でいっぱいです。

ところがこの虫が気になって仕方ない子がいます。

チビスケです。

夜中に枕もとで虫を追っかけるのはやめてほしいと心から思う毎日です(笑)。

そんなチビスケの新たなターゲット。

蝶です。

DSC06359 (2)

アゲハ蝶や、

DSC06650

アサギマダラも・・(今日写した写真ですよ~!)

DSC06732

この紫の花、ブットレアです。

窓の外を見れば蝶が舞い踊るまるで竜宮城のような世界があります。

そんなチビスケに特等席を用意しました。

ここです。

DSC06604

実は蝶の季節ということで、最近ブットレアの苗を購入しました。

DSC06561

蝶はブットレアが大好き。

植える場所も未定なのでウッドデッキのテーブルに置きました。

チビスケ目が点!

DSC06596

かぶりつきの特等席!

DSC06611

手が届きそうな場所。

ミルクッチもつられてやってきました。

DSC06563

窓の外からチビスケの表情を見てやってください。

DSC06490 (2)


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



ラグドールランキング


庭の様子 4年目のノリウツギ and 猫3兄弟

清里でこんなに雨の多い年は初めての経験ではないでしょうか。

それでも昨日今日は八ヶ岳の稜線を見ることができました。

DSC06259

さすがに山頂を見ることはできません。

梅雨に咲くアジサイですが、ヤマアジサイはほぼ花が終わってしまいました。

今咲いているアジサイはアナベルだけ。

DSC06181

大きな花が大量の水を含んで首を垂れたりしていますが、さすがに雨に強い花です。

DSC06294



4年前に買って翌年庭に植えつけたノリウツギ。

DSC06296

ノリウツギ(糊空木、学名:Hydrangea paniculata )は、アジサイ科アジサイ属落葉低木

オランダで作出されたボブシェルという品種です。

やっと咲いてくれました。

DSC06168

株そのものは年毎に大きくなってはいたのですが、待ちに待っての開花、という感じです。

買ったときがとても素敵だったんです。

4年前の写真です。

ノリウツギP7070001

装飾花が内側にカールして貝殻のようになるシェル咲きという咲き方のノリウツギ。

勝手に栽培して売ったりしてはいけないみたいです。

DSC06300

買ったときのような雰囲気はなかなかでないのですが、ダメかなぁと思ったときもあったので嬉しいですね。

DSC06301

花の最盛期は8月ということで、梅雨を避けて咲いてくれるのはとてもありがたいですね。

美しいノリウツギ、ボブシェルが咲いているのはこんな場所です。

DSC06308


本日のおまけ

マイペースの3兄弟です。

ベル、歩くときは基本尻尾ピーンです。
DSC06288

ミルク、抱かれるのは大嫌いですが、モフモフされるのは大好き。
DSC06254

チビスケ、ストーブの上が好きですが、虫が気になって落ち着きません。
DSC06272


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング

ギャラリー
  • ボタンヅルとセンニンソウ and  チビちゃん日記
  • ボタンヅルとセンニンソウ and  チビちゃん日記
  • ボタンヅルとセンニンソウ and  チビちゃん日記
  • ボタンヅルとセンニンソウ and  チビちゃん日記
  • ボタンヅルとセンニンソウ and  チビちゃん日記
  • ボタンヅルとセンニンソウ and  チビちゃん日記
最新コメント
プロフィール

paw

カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

名前
本文
  • ライブドアブログ