ベルと高原の家

八ヶ岳を望む高原の家でガーデニングを中心に3匹の猫たちとの日常をつづります。

2020年10月

庭の様子

清里も秋が深まってきました。

3日前の夕焼け
DSC00718

紅葉のピークはもう少し先です。

昨日(22日)は少し雨が降る予報も出ていましたが結局降らず、庭に出てこの秋の宿題を少しだけやりました。

今年の秋のテーマは花と花の間隔をあけること。

花たちが蒸れたのは雨のせいばかりではなかったと思います。

いくつかの花を移植しました。

花の終わった花穂や、枯れた葉を刈る作業に追われています。

和のコーナーではまだ咲いている花があります。

清澄シラヤマギク
DSC00726

イワシャジン
DSC00767

同じ仲間のホウオウシャジン
DSC00764

この花は葉が蒸れてひどい状態だったので少し明るい場所に移植しました。
来年に期待です。

ホトトギス
DSC00759

遅咲きの台湾ホトトギスも咲き始めました。
DSC00756

DSC00774

ダイモンジソウ
DSC00742 (2)

DSC00737

ホトトギスと同じユキノシタ科のジンジソウ
DSC00743

花も渋いですが、銅葉も渋い花です
DSC00768

取り敢えず今年の花は出尽くした感じがします。

洋花で咲いているのはガウラとサルビアガラニティカくらい。

水仙や原種系チューリップなどの球根も植えました。

少し来年に気持ちが行ってます。


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村 


宿根草・多年草ランキング


雪の八ヶ岳  and チビちゃんのちょうだいダンス

昨日は一日雨で土曜日でしたが中央道は車が少なく、連休の時にオギノや綿半が混雑していた時とは違って静かな週末になりそうです。

今朝の八ヶ岳です。

DSC00675

久しぶりの雪山。

思わず見とれてしまいました。

赤岳です。

DSC00683 (2)

三ツ頭、権現岳。

DSC00685 (2)


稜線も綺麗です。

DSC00702

もったいないような美しさ。


本日のおまけ

チビちゃんのちょうだいダンス。

DSC00707

DSC00706

DSC00711

毎日の日課です。

深まりつつある八ヶ岳の秋

台風14号の長雨もやっと終わり、八ヶ岳は澄んだ空気に包まれています。

DSC00662

遅れがちな庭仕事をよそに、秋は一歩一歩進んでいます。

カツラも色づいてきました。

DSC00612

このカツラの木は植えてから20年近くになります。

随分大きくなりました。

DSC00611

色づくのが早いか、落ちるのが早いかというほどにハラハラと散ってゆきます。

カツラの下にいけば甘い香りに包まれます。

親子で散歩していた子供が「お母さん、なんかいい匂いがする」と言っている声を聞きました。

カツラの香りに気が付いたようです。

意識しないと気が付かないほどのかすかな香りですが、ミルクティーのような素敵な香りです。

カツラの葉の絨毯の上で、イワシャジンの花が咲き進んでいます。

DSC00644


DSC00641


真っ白だったノリウツギの花も秋色になりました。

DSC00640

正直これほど赤くなるとは思っていませんでした。

ツリバナの紅葉も始まりました。

DSC00654

我が家のツリバナは残念ながら真っ赤にはなってくれそうもありません。

ミヤマガマズミの実が一段と赤くなってきました。

DSC00617


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村 


宿根草・多年草ランキング


ダイモンジソウが咲き始めました。

毎年楽しみにしている山野草=ダイモンジソウが咲き始めました。

咲いたのは赤と白が一株づつ。

日当たりが強すぎたり、せっかく咲いても大きな植物の影に隠れて見えなくなったりと、なかなか安住の地が見つからない花です。

そのため、毎年のように植え替えをして花たちには随分過酷な経験をさせております。

結局、普通のユキノシタが育っている和のコーナーに集まることになりました。

DSC00463 (2)

山の家にあるダイモンジソウはほとんどが富士見町の山野草店で買ってきた苗を植えたものです。

DSC00454

花たちにとって過ごし易い場所になると良いのですが・・・。

DSC00559

難しい花ですが、まだ咲いてない株があります。

咲いたら改めて紹介したいと思います。

DSC00563

ダイモンジソウ(大文字草、学名:Saxifraga fortunei var. alpina )は、ユキノシタ科ユキノシタ属多年草

今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村 


宿根草・多年草ランキング


美しい清澄シラヤマギク

ここ清里にも自生しているシラヤマギクはまだ咲いていますが、さすがに花に勢いがなくなってきました。

今日紹介する花は同じシラヤマギクという名を持った花。

キヨスミシラヤマギクといって千葉県の清澄山周辺で発見された野菊ということですが、ちょっと見シラヤマギクとは随分趣の違う花です。

ハッキリした特徴があって、細くて濃い紫色の茎が立ちあがって白から紫いろの小さな花をたくさん咲かせます。

DSC00528

シラヤマギクも茎が少し濃い色になるので、それが名前の由来なのでしょうか。

引き締まった草姿と清楚さと高い品位を兼ね備えた、個人的に大好きな花のひとつです。

DSC00535

やっと咲き始めました。

DSC00499

大変丈夫な花で、植えて次の年には充実した株になりました。

株の成長は早いですが、ノコンギクのように庭のあちこちから芽を出して増えるということはありません。

DSC00575

華やかで、それでいて優しい感じの紫色が素敵です。

DSC00573

白から紫へ変わるグラデーションもチャームポイント。

DSC00497

写真写りが良いのもとても好ましいですね。

今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村 


宿根草・多年草ランキング


ギャラリー
  • ヒラヒラと舞うように咲くバラ リモンチェッロ  and. ミルクっちの青い瞳
  • ヒラヒラと舞うように咲くバラ リモンチェッロ  and. ミルクっちの青い瞳
  • ヒラヒラと舞うように咲くバラ リモンチェッロ  and. ミルクっちの青い瞳
  • ヒラヒラと舞うように咲くバラ リモンチェッロ  and. ミルクっちの青い瞳
  • ヒラヒラと舞うように咲くバラ リモンチェッロ  and. ミルクっちの青い瞳
  • ヒラヒラと舞うように咲くバラ リモンチェッロ  and. ミルクっちの青い瞳
最新コメント
プロフィール

paw

カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

名前
本文
  • ライブドアブログ