ベルと高原の家

八ヶ岳を望む高原の家でガーデニングを中心に3匹の猫たちとの日常をつづります。

2021年04月

咲き始めた山野草たち ヒトリシズカ、ミヤマオダマキなど

山野草が好きであれこれ山の家の庭に植えてあります。

球根類に続いて山野草が咲きはじめました。

どれも園芸店で購入して庭に植えたものです。

ヒトリシズカです。

ヒトリシズカ2

我が家にはご覧のように色の違うヒトリシズカがあります。

一人静か

ヒトリシズカはセンリョウ科ヒトリシズカ属の多年草。

花弁のない穂状の花をつけますが、葉が開く前のこの時季の姿がとても魅力的で、これが人気の秘密なのかなと思います。

この花は山の家の周辺でも林道沿いや沢の近くなどで群生しているのを見ることが出来ます。


ミヤマオダマキ

ミヤマオダマキは、キンポウゲ科オダマキ属の多年草。

ミヤマオダマキ1

オダマキは幾つか植えてありますが、真っ先に咲いた花。

オダマキの中でもミヤマオダマキが個人的に一番好きな花です。

育てるのが難しい花で、何年も育てていますがここに植えれば大丈夫という場所がいまだに見つかっておりません。

写真は昨年桂の下の斜面に植えた株ですが予想外に良く育ってくれました。

ミヤマオダマキ2


ミヤマオダマキ4


サクラソウ

サクラソウはサクラソウ科サクラソウ属の多年草。

サクラソウ

山の家の周辺にはこのサクラソウも自生しています。

我が家では地元の園芸家の方が育てた苗を見つけたときに購入して植えています。

今年もひまわり市場で販売していたので買ってしまいました。

白花もあります。

白花サクラソウ

自生しているだけあって環境があっているのか、丈夫に育っています。

仲間のクリンソウも咲き始めました。


バイモユリ

ユリ科、バイモ属の球根植物。

バイモユリ2

昨年は咲いた花芽を何者かに食べられてしまい、花を見ることが出来ませんでした。

バイモユリ

今年3株あるうちの2株に花芽が立ちました。

上の写真の様に葉が繁っている株もあればほとんど花茎一本だけの株もあったりして、なかなか上手く育ちません。

もう少し時間が必要なのかもしれませんね。


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村 


宿根草・多年草ランキング


ジューンベリーが満開になりました。

このところ八ヶ岳は晴天に恵まれています。

ずいぶん日も長くなって暖かくなってきたと思っていたら、今朝の気温は0度。

朝晩はストーブが欠かせません。

八ヶ岳の残雪も少なくなってきました。

やつがたけ2

4月の雪は積もってもあっという間に溶けてしまいます。

一週間前の雪の八ヶ岳。

八ヶ岳雪

明日も冷え込むということなので、植えたばかりの薔薇と昨年に続いて霜の被害にあった京かのこにカバーを被せて保護することにしました。


数日前から咲き始めたジューンベリーの花が一気に満開になりました。

ジューンべリー

あっという間に花が終わってしまうので、週末に通っていた頃は花に会えないこともしばしばでした。

貴重な時間を大切にしたいと思います。

ジューンベリーはバラ科ザイフリボク属の花木で、6月に赤い実がなることからその名がつきました。

葉と花がほぼ同時に開き始めますが、満開の時には葉は完全には開き切りません。

今日のジューンベリーです。

室内から撮った写真でガラスの反射が写り込んでしまっています。ご容赦ください。

ジューンベリー5


ジューンベリー3


ジューンベリー4


花を食べにヒヨドリもやって来ました。

ヒヨドリ

先日はタンポポの花を食べていましたので、ヒヨドリは花が好きなんですね。

真っ白なジューンベリーの花も夕日に映えてこんな色に見える事もあります。

ジューンベリー7

ジューンベリーの後ろに写っているのは新緑のカツラの木。

そして新緑といえば、カラマツが今一番美しいとき。

カラマツ

カラマツ、かつら、ジューンベリーの3ショット。

カラマツの青みがかった独特な緑色は何度見ても飽きることがありません。

春を身体いっぱいに感じることができる季節です。


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村 


宿根草・多年草ランキング


キバナカタクリが見頃です

山の家の北西の角の斜面に階段を挟んでキバナカタクリを植えてあります。

こんな場所です。

359

左側が毎年かなり早く咲き始めます。

階段の右は家の北側になります。

日当たりが悪いのでまだ咲き始めたばかり。

277

左側が見頃を迎えました。

544

植えてかなりの年数が経って、大株になったので一昨年の秋に分球をしました。

それが今年になって驚くほど成長しています。

549


547

キバナカタクリは北米原産のユリ科カタクリ属の球根植物。

交配された園芸種で我が家のものはエリスロニウム・パゴダという品種です。

私を含めて山野草ファンが憧れる日本のカタクリは育てるのに苦労しますが、こちらは比較的育てやすいように思います。

8F44AA0D-2157-402D-98EE-0279728CD985のコピー

少し前の写真です。

花持ちが良く長く楽しめます。

89225E49-F96F-414C-81CD-0C3DCF4C2420のコピー


このキバナカタクリに限らずですが、これまで球根を掘り上げて保管するといったことはしたことがありません。

分球したときも掘り起こしてすぐに植え込みました。

キバナカタクリに関しては、問題なく育っているので良しとしています。

今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村 


宿根草・多年草ランキング


庭の様子 イカリソウとタイツリソウ(ケマンソウ)

イカリソウが咲き始めました。

今咲いているのはいつ植えたかもわからなくなった大株のイカリソウ。

品種名も不明ですが毎年真っ先に咲き始め長く楽しませてくれます。

75444019-7DC5-4A2D-AF9E-FD9CF93A09A2のコピー

同じ株の表と裏です。

11DD0BFA-A9CD-4CF3-BB64-FDC6D736F6ADのコピー

突き出した錨(イカリ)のような形をしていることからイカリソウという名になりました。

メギ科の多年草。

F36FC2D0-07F7-4AEC-9370-57AF80073A3Fのコピー


FC4D7472-2313-48D8-9016-8AD385EBB717のコピー


8042C681-01BE-4609-B2EF-AC96EEA7C06Dのコピー

このイカリソウがあるのは桂の下。

この当たり一帯がイカリソウの群落と化しています。

これから咲く種もありますが、今咲いているのは白花のイカリソウ。

FCD989A2-C26B-4F21-AA7E-C0073E70E6A3のコピー


EA7C1509-D90B-4458-95CD-8FC76BB66330のコピー



タイツリソウ(ケマンソウ)の大株も今が見頃です。

702A6F5C-E5D4-4338-B4CA-0BF300B82D38_1_201_aのコピー

ケシ科、ケマンソウ亜科、コマクサ属の多年草。

27F90E01-CB78-4C51-8B36-54637520BF0A_1_201_aのコピー

先日の遅霜で花芽が4本ほどやられてしまいましたが驚くほど元気な花を見せてくれています。

DE8C3A5E-3680-492B-B829-8E1667606A51_1_201_aのコピー

ハート形の花が印象的。

別名bleeding heart(血の垂れる心臓)とも言われています。

全体の姿はこんあ感じです。

DSC00317

これから開花するケマンソウがほかにも何株かありますので、しばらく楽しめそうです。

今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村 


宿根草・多年草ランキング


バラを植えました。

毎年少しづつバラを増やしています。

今年は次のような基準でバラを選びました。

1,四季咲き
  理由は清里は標高が高いせいでバラの開花時期が梅雨と重なってしまいます。梅雨のない季節に咲いてくれるバラを選ぶことにしました。  
2,耐寒性
  この冬、シャルロット・オースチンが枯れてしまいました。黄色系のバラはやはり寒さに弱いようです。(性懲りもなく、今年も黄色系のバラを買ってしまいました。)
3,木立性、シュラブなどつるバラでない品種。理由は簡単でつるを這わせる適当な場所が少なくなってしまったからです。

結果的に以下の4種類のバラを植えました。
1、レッド・レオナルド・ダ・ヴィンチ
2、レディ・エマ・ハミルトン
3、シャンテ・ロゼ・ミサト
4、ザ・ピリグリム


レッド・レオナルド・ダ・ヴィンチ

ピンクのレオナルド・ダ・ヴィンチが返り咲きのつるバラに対してレッドは四季咲き木立性シュラブということで選びました。
後で調べてみたら同じメイアンの品種ですが、交配が違っていて枝変わりではないんですね。
花弁が厚く雨に強いということで選んだのですが、これはレッドでは無いほうの特徴でした。
赤いバラが欲しかったこともあり、剛健と言うことなので期待したいと思っています。

E8B6C76C-829C-4A30-AD7B-6DBA2DC04144_1_201_aのコピー


5379DCA7-3083-41B3-B9A9-DCA470E948EB_1_201_aのコピー


レディ・エマ・ハミルトン

アプリコット色のバラが好きで、これまでもポールアルフ、KIZUNAなどを植えてありますが、実は黄色系ということで耐寒性の心配は今もあります。
それでもチャレンジしたくて、北海道の農園から購入しました。
デヴィッド・オースチン社の品種。

A95B9459-439A-4D51-9061-EB64552CBBAE_1_201_aのコピー


0F11C239-2433-46F5-83A9-6CCF01031AB4_1_201_aのコピー


シャンテ・ロゼ・ミサト

日本のロックシンガー渡辺美里の名前が付けられた品種。
選んだ一番の理由はお近くの「貸別荘・野わけ」さんで元気に育っているのをみて大丈夫だと確信しました。木立性ともつるバラとも書かれていて育て方によって大きく育てることもできるようです。
ディープカップ咲き。フランス、デルバール社の品種。

B339C3F2-498F-4166-9F2E-AFDD4849EB82_1_201_aのコピー


243DF7E7-A413-4786-824D-4A6FBD1CEE57_1_201_aのコピー


ザ・ピリグリム

ミサトと同じく「貸別荘・野わけ」さんで拝見して選んだ品種です。
鮮やかな黄色い花を咲かせるバラ。
シュラブにもつるバラとしても仕立てられるということで、伸びてもよいようにボニーのフェンス前に植えることにしました。
デヴィッド・オースチン社の品種。

72B8ECAA-B7CD-48EE-B696-822C13BEB31E_1_201_aのコピー



今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村 


宿根草・多年草ランキング


ギャラリー
  • ヒラヒラと舞うように咲くバラ リモンチェッロ  and. ミルクっちの青い瞳
  • ヒラヒラと舞うように咲くバラ リモンチェッロ  and. ミルクっちの青い瞳
  • ヒラヒラと舞うように咲くバラ リモンチェッロ  and. ミルクっちの青い瞳
  • ヒラヒラと舞うように咲くバラ リモンチェッロ  and. ミルクっちの青い瞳
  • ヒラヒラと舞うように咲くバラ リモンチェッロ  and. ミルクっちの青い瞳
  • ヒラヒラと舞うように咲くバラ リモンチェッロ  and. ミルクっちの青い瞳
最新コメント
プロフィール

paw

カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

名前
本文
  • ライブドアブログ