今から二十数年前、八ヶ岳を訪れて最も感動したのは八ヶ岳高原ラインから金色に輝くカラマツの黄葉をを見たときです。

黄葉という言葉では言い表せない、金色の絨毯を見ているといったほうが正確な印象でした。

自分の田舎には無かったカラマツがとてもお洒落に見えたものです。

念願かなって八ヶ岳に暮らすようになった私たちですが、秋の紅葉の季節は今でも最もワクワクする季節であることに変わりは有りません。


DSC04467

家から見える山の黄葉。カラマツがやっと色づいてきました。

DSC04468


国道141号の東側で、清里でも一番南にある集落から清里駅に向かう道があるのですが、昨年までそこは雑木に覆われた道でした。

新緑の季節には柔らかな緑のトンネルになり、秋には紅葉に包まれるいい感じの道だったのですが、今年その雑木が伐採されてしまいました。

伐採の理由は私にはわかりませんが、悪い事ばかりではなくて道沿いに大きな空が広がって深い山並みを見ることができるようになりました。

DSC04521

北側の紅葉、ほぼすべて雑木の山。奥の方は長野県になると思います。

DSC04481

正面の山は特に綺麗でした。

例年より一週間程度遅い紅葉のピークです。

DSC04487


DSC04496

八ヶ岳には珍しくカラマツが植林されてない山々が連なっています。

この場所から南側の山並みを望む。

DSC04493

眼下に大門川のちょっとした淵があるのですが、そこにあるカラマツです。

DSC04494



本日のおまけ

ジャン君とうとう4kg超え、4.1kgになりました。

DSC04435

いつの間にか高いところにも行けるようになりました。

DSC04451

ここはキッチンカウンターの上、2mほどの高さがあります。

ジャン君、ここからダイレクトに飛び降りて肝を冷やしました。

ベル君もミルクッチもやったことがないので何か対策を講じないと少し心配です。


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



ラグドールランキング