私たちが雌のアビシニアンと雄のロシアンブルーを飼い始めたのは約21年前。

アビシニアンはとても気位が高く、優しい性格のロシアンブルーがそばを通っただけでネコパンチが飛び出すくらいの関係でした。

一人暮らしがしたいアビシニアンと仲良しが欲しいロシアンブルー。

なかなか上手くいきませんでした。

もちろん悪い事ばかりではありませんでしたが・・・。

ベルとミルクも一緒に暮らして約2年になりますが、仲は良くも悪くもない状態が続いています。

そんな我が家の猫事情でしたが、ちびすけが来て大きく変わりました。

DSC_1902

気が付くと一緒にスヤスヤ。

驚きというよりは感動的といったほうが良いでしょうか。

DSC_1844

これまでの経験から、どちらか一頭の性格だけでは成立しないように思えます。

ミルクッチはとてもやさしい性格。

ですが、人間に抱かれるのは好きではありません。

なのに、ちびすけのことは受け入れ、自分からも近づいていきます。

DSC_1860

人好きな猫と猫好きな猫がいるという話は本当ですね。

あぁ、ミルクッチが人嫌いという訳では有りません、念のため。

抱かれるのが嫌なだけ。

DSC05423

こんな風に猫達が仲良くしてくれることは飼い主冥利に尽きます。

DSC_1870

来たばかりのチビスケですが、名前とは裏腹に体重も5kgを超えて見た目にも大きくなったことを実感するこの頃です。

ちびすけは人も猫も大好き。

DSC_1918

平和で幸せな時間が続くことを願うばかりです。

DSC_1922



今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



ラグドールランキング