クレマチスの仲間のセンニンソウ。

下の写真は昨年の夏に紹介した写真ですが、普通のクレマチスと同様に丸い柱状のオベリスクに絡ませていました。

この写真だと判りにくいのですが、とても元気なつるがオベリスクの上部からあふれてまるで懸崖仕立てのように咲いています。

悪くないのですが、頭が重くなってかなり傾いてしまっています。

IMG_7743

そこで、先日剪定と誘引をしました。

オベリスクをやめてフェンス仕立てとすることにしました。

ほかのクレマチスたちはまだ休眠中なのですが、センニンソウは既に新芽が動いていました。

DSC04665

昨年花が咲いた蔓は枯れて地面から1.5mくらいまでの太いツルの節々に小さな新芽が顔を出しています。

DSC04663

センニンソウは強剪定です。

どこまで切って良いのか判断ができなかったのですが、上の写真のように分岐した先端は切り落としてそれぞれ1mくらいに剪定しました。

フェンスはホームセンターのくろがねやでワイヤートレリスを購入。

DSC04659

蔓は太いのですが柔らかいので、かなり自由に誘引することができます。

安くて形を変えられるので今回の計画にはピッタリでした。

DSC04694

フェンスにしたもう一つの目的は花壇の中の通路を確保すること。

DSC04660

昨年はセンニンソウと隣の薔薇で通れない状態でした。

初めての剪定と誘引なので、どうなるか不安ですが楽しみでもあります。


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります。


宿根草・多年草ランキング

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村