ここ清里でも先日まで咲いていた山桜の花も散ってしまいました。

日差しも強くなって一段と夏に近づいていると実感します。

周囲の森や林を見れば、目立たないけれども清楚で美しい木の花たちに出会うことができます。


桜の仲間でまだ咲いているのが、ウワミズザクラとミヤマザクラ。

ウワミズザクラです。

DSC00499

数年前まで花をつけなかった木ですが、伐採で光が入るようになって咲き始めました。

DSC00356

一見桜とは思えないような花の形。

DSC00641


ミヤマザクラです。

DSC00637

特徴は花が上向きに咲くこと。

DSC00494

この木も光が入って咲くようになりました。

山の家の周囲では普通に見ることができます。

DSC00495


長いシベが特徴で小さいながら華やかで美しい花です。


次はミヤマガマズミ(多分)。

DSC00360

ガマズミとの違いは私には少し難しくて判りにくいです。

IMG_1019


IMG_1016

葉の感じとか花の咲き方とか、雰囲気があってとても好きな花です。

IMG_1006


最後に紹介するのはオトコヨウゾメ。

DSC00378


DSC00373

これも地味な花ですが、秋に真っ赤な実をつけます。

ですが、写真の個体は昨年も実をつけてくれませんでした。残念。

DSC00375 (2)


IMG_1012



今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村 


宿根草・多年草ランキング