庭造りをするうえで白い花は欠かせないアイテムです。

どんな色の花とも合わせやすく、庭に統一感を出してくれます。

意図して増やしているわけではないのですが、花壇にはいつの間にか白い花がアチコチで咲いています。

清里は初夏を迎えたばかりですが、白いシュウメイギク「ワイルドスワン」が咲き始めました。

DSC04200

シュウメイギクと原種ルピコラとの交配種だそうです。

見たところ葉も花もシュウメイギクそのものです。

前から見ると白ですが、花弁の裏側には青紫が入ってとても印象的。

DSC04203



桃葉キキョウ

DSC04237

今年植えた苗、青白植えたのですが白だけ花芽が立ちました。

DSC04240
株元は写真の右下の細い葉。



ギボウシ

真っ先に咲き始めたのがフランシスウィリアムス

DSC04363

ギボウシはやはり姿と葉を見るものだと私も思いますが、花も見逃せない魅力を持っています。

DSC04349



ノコギリソウです

DSC04260

元々ここには赤いノコギリソウがありました。

昨年のノコギリソウです。
IMG_6624

昨年花友から白のノコギリソウをいただいて元々ある赤のノコギリソウを半分にして間近に植えました。

不思議なことに今年の花は全て白。

DSC04366

赤の株が枯れたような様子もなく、全体が真白になってしまいました。

紅白のノコギリソウを期待していたのですが、こんなことが起こるとは想像もできませんでした。



ムスクマロウ

IMG_2244

ピンクのシダルセアに魅せられて、小型のアオイ系の花をいくつか植えてある中のひとつです。

植えて2年目、ぐっと大株になりました。

IMG_2289

まだまだありますがまた別の機会に紹介したいと思います。


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング