とても暑い一日でした。

高原なので木陰は涼しいのですが、直射日光が当たる場所は年を取っている私たちには危険な暑さを感じるほどでした。

東京と違うところはこちらはムシムシ感が比較的少ない事でしょうか。


この季節になると家の付近を車で少し走れば、あちこちの藪がたくさんの白い小さな花で覆われているのを目にします。

ボタンヅルです。

DSC07616

ボタンヅル(牡丹蔓、学名:Clematis apiifolia )は、キンポウゲ科センニンソウ属落葉つる性半低木。有毒植物

学名にあるようにクレマチスの仲間です。

秋深くなっての種のころもとても美しくて必見ですが、満開の今も見逃すことはできません。

DSC07618

毎年紹介していますが、家の前の動物よけのネットにいろいろなつる植物に交じってボタンヅルが白い花を咲かせています。

DSC07625

意識しないと見過ごしてしまう花ですが、注意してみるとその美しさはとても印象的です。

DSC07617



そしてこのボタンヅルととてもよく似た花がセンニンソウです。

センニンソウ(仙人草、学名Clematis terniflora)は、キンポウゲ科センニンソウ属分類されるつる性の半低木(木質多年草)の1

センニンソウはより標高の低いところで繁殖している草ですが、ここ清里でも立派に育ちます。

3年ほど前に白州の道の駅で購入した株が困るほどに大きくなりました。

DSC07634

花の違いはボタンヅルがシベが目立つのに対し、センニンソウは細くて長い花弁のほうが目立ちます。

DSC07637

草だとばかり思っていましたが、ウィキペディアに半低木と説明があって、そういえば根元がかなり太くガッシリしていて木だったんですね。

DSC07732

大きくなりすぎたので秋には移植を考えています。

クレマチスは移植を嫌う性質があるので少しだけ心配もあります。

DSC07795


DSC07791


DSC07797


本日のおまけ

猫あるあるですが、極小のバスケットに無理やり入るチビスケです。

DSC07856


DSC07846


DSC07840


日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング