和のコーナーにジョウロウホトトギスが咲いています。

DSC09154

植えてから数年経って、株が充実してきました。

DSC09236

ジョウロウホトトギスは四国の太平洋側に自生する種で、崖から垂れさがるように咲くホトトギスの仲間です。

植えたのは和のコーナーの道路沿いの場所。

DSC09156

30cmくらいの大きさの石で花壇が作ってあって、崖とは言い難いのですが辛うじて垂れ下がる高さを確保しています。

このジョウロウホトトギスですが、園芸店ではトサジョウロウホトトギスとかキイジョウロウホトトギスなどの名前で販売されていますが、どうも区別がつきません。

ウィキペディアなどを読んでも明確な答えを見つけることは難しいようです。

なんとなくの理解では、ジョウロウホトトギスとトサジョウロウホトトギスと同じらしいこと。
キイジョウロウホトトギスは紀伊半島南部の固有種であること。
ですが、ウィキペディアでは具体的な違いの説明は書いてありません。

ということで我が家のジョウロウホトトギスがなんであるかは不明ですが、とりあえず元気に咲いているので良いことにします。

DSC09242

この株は桂の木の下にあります。

カツラの木が西日を遮ってくれる半日陰の場所です。

DSC09239

ジョウロウホトトギスはパッと見、普通のホトトギスと全然違う花の形をしていますね。

花は長さ4cmほどの大きさがあり、鮮やかな黄色で深みのある色をしています。

花の表面はプレーンな黄色ですが、花弁の内側を覗いてみるとホトトギスらしい斑柄をはっきりと認めることができます。

DSC09122

この花の魅力を言葉では上手く説明することは難しいですが、山野草らしい風情があります。

DSC09037

咲き始めも可愛いですよ。

DSC09115



実はジョウロウホトトギスは何株か植えてあります。

斑入りの品種、咲き始めたばかりです。

DSC09146

斑入りが良いかというと若干微妙ですが、こちらも大きな株なので花が楽しみです。

それとまだ咲いていませんがコハクジョウロウホトトギスという品種もあります。
園芸種だと思いますが、琥珀色というより渋い茶系の花色の品種ですが、咲いたら改めて紹介したいと思います。

今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング