南アルプスの上には青空が見えているのに昼頃突然雨が降り出しました。

遠くに雷鳴も聞こえています。

かなり激しい雨でしたが近づく猛烈な台風の影響が出始めているのでしょうか。


庭はいつの間にか秋の装いになってきました。

アオダモの足元に植えたフジバカマが綺麗です。

DSC09517

フジバカマ(藤袴、Eupatorium japonicum)とはキク科ヒヨドリバナ属の多年生植物。秋の七草の1つ。

今咲いているのは菊葉フジバカマ。文字通り葉が菊のような品種です。

DSC09454

何年も前から植えてきたフジバカマですが、病気がでたりしてなかなか思うように咲きませんでした。

それで思い切ってこの種類に植え替えたところ思いのほか元気で今年はご覧のように咲いてくれました。

DSC09451

地味な花ですが美しい蝶がきてくれたら良いな、との思いもあります。

昨年はアサギマダラがきてくれました。

近くのススキやワレモコウ、秋明菊などとともに秋らしい風情のあるコーナーをつくっています。


家の北側、リビングのすぐ横にシラヤマギクを植えてあります。

近くに自生しているシラヤマギクを自分たちの庭にも欲しくて昨年植えたものです。

DSC09529 (2)

シラヤマギク Aster scaber は秋の山地に咲く野菊の1種。茎は高く伸び上がり、白い菊の花をまばらにつける。=ウィキペディアより

DSC09496

この株は大泉のパノラマ市場で買ったもの。

DSC09498

細かいことを言いますと、自生のものは茎が黒っぽくて花もほんの少し大きいように感じます。

でも、微妙な違いはあって当たり前なのかな、とも思います。

DSC09499


本日のおまけ

DSC09494

みんな大好きなトンネル

DSC09488

チビちゃんの変態寝!


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング