梅雨が明けたみたいですね。

いつもより少し早い感じ。

結局今年の降雨量は少し少ない印象でした。

ササユリは終わってしまいましたが、今は昨年植えた山百合とカノコユリが咲くのを心待ちにしています。


今日は何日か前から咲き始めたモナルダを紹介します。

北米原産シソ科の多年草。

英語oswego tea、学名:Monarda didyma)

学名をカタカナで読んでモナルダ。

赤花のモナルダが燃えるタイマツのように見えることからタイマツバナ。

そして、葉と花がベルガモット・オレンジに似た甘い香りを持つためベルガモットとも呼ばれる。

(ベルガモット・オレンジは香水や紅茶のアールグレイの香付に使われるミカン科の植物。)

モナルダはハーブティーに利用したり、薬効もあるようです。

養蜂家の蜜源植物としても利用され、ビーバームとも呼ばれている。(以上ウィキペディアより。)

今年も元気に咲いてくれました。

モナルダIMG_5599
これは赤花のモナルダ。

次はピンクのモナルダ
モナルダIMG_5562
色が違うだけでなく、花の形も微妙に違いがあります。


赤のモナルダの咲き始め
モナルダIMG_5595


モナルダIMG_5923
一番美しいとき

モナルダIMG_5572
まさしくタイマツバナ。


次はピンクのモナルダ

咲き始め
モナルダIMG_5908



モナルダIMG_5703

生まれたての花が可愛いと思う

成長した姿です
モナルダIMG_5561


モナルダIMG_5910


モナルダは生命力旺盛でどんどん増えます。

花全体はこんな感じ
モナルダIMG_5916
今年はけっこういい感じです。

もう少し引いてみると
モナルダIMG_5678
ほぼ全景です。

2年前の秋に、増えすぎで植え場所に困っていた株を少し分けて植えたら、こんなになりました。

お気づきかもしれませんが、葉が白く見えますね。

うどん粉病です。

昨年も同じ症状で、我が家の庭ではほかにワレモコウもうどん粉病になりました。

しかし、このモナルダ、とってもうどん粉病にかかりやすいようです。

昨年はミ〇シPGでもバ〇クラEGでもひどい状態でした。

薬剤の散布はしましたが防げませんでした。

ほかに移らなければヨシとします。



本日のおまけ

今年植えたキキョウ・ハコネホワイトです。白が爽やかで二重の花も素敵ですね。
ハコネホワイトIMG_5735


なぜか一重の花と内側の花弁が開かない花が咲きました。
ハコネホワイトIMG_5734



そして今日のオミナエシ。楽しみですね。
オミナエシIMG_5743


山アジサイ紅もさらに赤くなってきました。
紅IMG_5741




今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります。


宿根草・多年草ランキング


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村