山は木々の紅葉が盛りを迎えていますが、我が家の庭の様子はノコンギクなどの秋の花さえも終わり、庭木もほとんど落葉しました。

咲いているのは切り戻したガウラと、しぶとく1輪2輪返り咲きをしているゲラニウム、ナデシコ、バラくらいです。

標高が高いのでやむを得ないのかも知れませんが、遅くまで咲いてくれるサルビアなど増やしたいなと思っています。

今日はシュウメイギクを紹介します。

もちろん花は終わっていますが、今は綿毛に包まれた種子を見ることができます。

なぜか白花のほうは全くなんですが、ピンクのほうにきれいな綿毛が付いています。

綿毛IMG_3375



綿毛IMG_3373



綿毛IMG_3359



シュウメイギクIMG_3376



シュウメイギクIMG_3371


そして、意外な美しさを感じたのがヤマアジサイの紅葉です。

これは近くの道路端に生えている自生のヤマアジサイです。

ほとんどの株は普通に枯葉色になって終わります。

それがこの株だけ綺麗に色づいていました。

ヤマアジサイIMG_2821



ヤマアジサイIMG_3009



ヤマアジサイIMG_3108



ヤマアジサイIMG_3006

元々美しい色素を内に秘めているのでしょうか?


最後は載せ忘れていたコアジサイの写真。

コアジサイIMG_3422

こんもりと色づくコアジサイの姿がキレイなのですが、逆光で撮ったらこんな感じになりました。



今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング