我が家は国道141号から東側に少し入ったところにあります。

八ヶ岳の眺望優先で建てたため、リビングは西と北を向いています。

そのため家の南側が我が家の裏側ということになります。

本来なら植物にとっても私たちの日常生活にとっても一番良い場所なのですが、隣家も近く実際はボイラーや灯油タンクの設置場所となっています。

そんな場所に昨年バラ用の花壇を作り、紅白のバラを植えました。

今日紹介する、カクテルとつるアイスバーグです。

2年目の今年、随分成長してくれました。

カクテルとアイスバーグDSC05568

元々大好きだった一重の赤いバラ=カクテル。

つる性、返り咲きで、ずっと憧れていた白いバラ=つるアイスバーグ。

いずれもとても有名な薔薇なので育てていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

紅白が交じり合って咲くことを想定していましたが、今のところ左右に分かれてますね。


カクテルは花の中心が咲き始めは鮮やかな黄色です。

カクテルDSC05528

とても人気があるバラで八ヶ岳周辺でもよく目にすることができます。

2015年に世界バラ会議で 殿堂入りをしました。

カクテルDSC05158

寒さに弱いという説明もありましたが標高1100mの清里で無事に冬越ししました。

カクテルDSC05204

ほどなく花芯の黄色は白くなります。

カクテルIMG_7499

このカクテルは四季咲きなので長期間楽しむことができる筈、たぶん。


このカクテル以上に元気なのがつるアイスバーグ。

八重咲き中輪の純白のバラ。

フロリバンダ系のバラで殿堂入りしたアイスバーグの枝変わり、1968年イギリスで作出されたバラです。

つるアイスバーグDSC05565

返り咲き、多花性のクライミングローズ。

一季咲きという説明もあって、そういえば昨年もそれほど長くは咲いてなかったような記憶が・・・、少し心配になります。

つるアイスバーグIMG_7654

とても多くの蕾を持っていて期待に違わない花の数でこれからしばらく楽しめそうです。

つるサイスバーグIMG_7503

咲き始めが可愛いです。

つるアイスバーグDSC05351

花持ちはかなり良いように思います。

つるアイスバーグIMG_7656

今年はカクテルとつるアイスバーグのためにスチール性のフェンスをたてました。

フェンスの高さは約2m弱ですが、バラはフェンスとほぼ同じくらいまで育っています。

今後バラたちがこのフェンスを越えて建物の壁をクライミングしてくれたら私たちの計画も大成功です。



本日のおまけ

昨年秋に植えたハンショウヅルが咲いています。

名前の通り半鐘型に咲くものと思っていたのですが、咲き始めたらどうも様子が変です。

ハンショウヅルIMG_7516

ハンショウヅルはセンニンソウ属でクレマチスの仲間。

ハンショウヅルDSC05558

半鐘型とは全然違って、綺麗な八重咲きになっています。

これは園芸種なのでしょうか?

それとも元々このように咲くハンショウヅルがあるのでしょうか?




今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります 


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング