ベルと高原の家

八ヶ岳を望む高原の家でガーデニングを中心に3匹の猫たちとの日常をつづります。

バードウォッチング

野鳥とカメラで遊んでもらいました🐤

先日デジスコという超望遠撮影の写真を紹介させていただきましたが、今日は野鳥の飛翔写真を紹介したいと思います。

元々の動機は猫のジャンプやドリフト走行の写真を撮りたかったこと。

ですが、室内だと暗くなって上手く撮れません。

もちろん、普通に飛んでいる野鳥の飛翔写真はとっても無理だと思いますが、もしかして庭に来る野鳥の写真なら撮れるんじゃないかなと思ってやってみました。

カメラはSONYのRX10MⅣ。

シャッタースピードを思いっきりあげて撮ってみました。

トリミングはしてありませんが、明るさは少し補正しました。

DSC04082
カワラヒワです。SS1/3200秒、ISO1600、f4

次もカワラヒワ。

DSC04833
SS1/2500秒、ISO1600、f4

毎日来ているシジュウカラ。

DSC04743
SS1/2000秒、ISO1600、f4

DSC04159
SS1/3200秒、ISO1250、f4

こんな写真も撮れました。

DSC04692
SS1/2000秒、ISO1600、f4 この写真はかなり明るさの補正をしてあります。

ヤマガラです。

DSC04121
SS1/3200秒、ISO1600、f4

次も飛び立つ瞬間です。

DSC04256
SS1/3200秒、ISO1000、f4

正直とっても面白かったのですが、野鳥のいない写真の大量生産でした。

バードフィーダーにきた鳥を撮っているのですが、カメラの性能に頼って偶然を待つ感じです。

今度は猫の写真にチャレンジしてみます。



今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



ラグドールランキング






















ウッドデッキにジョウビタキ and 昨夜のスーパームーン

今日はあいにくの雨模様です。

雨も雪も少ない今年の八ヶ岳地方、乾ききった庭にはほんの少しですが良いお湿りとなりました。

昨夜は今年2回目のスーパームーンということで、撮影を試みました。

夜中の一時過ぎ、昨日のブログで紹介したデジスコセットをウッドデッキに持ち出してみました。

何枚か撮ったところで雲がかかってきてしまいました。

IMG_0242a
1600mm相当です。

露出がかなりいい加減だったので明るさとコントラストを少し調整してあります。

IMG_0261a
3360mm相当。はみ出てしまいました。


今日紹介するのは少し前に撮影したジョウビタキの雄。

冬鳥ということで、山の家の近くにも毎年渡ってきます。

余談ですが冬のジョウビタキ、最近知ったのですが繫殖するわけでもないのに縄張りを持つようです。

どうも我が家周辺も一羽のジョビオ君の縄張りに入っているようで毎日のように姿を見せてくれます。

とうとうウッドデッキに来るようになりました。

DSC03799

昨日のブログで見ていただいた子と同じ個体だと思われます。

ほんの2mちょっとの距離なので正直びっくりしました。

ほどなく理由が解りました。

DSC03737

ツルウメモドキの実を食べに来ていたんですね。

このツルウメモドキ、山の家の近辺では雑草のように藪を作っている植物です。

とても綺麗な実なので部屋に飾ろうかなと思ってデッキに置いていたものです。

DSC03738

DSC03792

2月も半ばになってあんなに沢山あった実も鳥たちに食べられたのか少なくなったようです。

バードウォッチングに行ってジョウビタキが付いてきてくれたという話を聞いたことがありますが、縄張りを守るために追っかけていたのかも知れませんね。

真冬の野山で、鮮やかなオレンジ色の野鳥に会えた時はそれがたとえ毎日の事であっても、ハッとする驚きと喜びを与えてくれます。

DSC03796

本当に近かったので大きく撮るのも簡単でした。

DSC03797

驚かさないようにする方が難しかったですね。



今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング











超望遠3000mmの世界  and ラグドール猫日記

清里に暮らすようになって楽しみの一つがバードウォッチングです。

実は野鳥の生態や保護に関心を持つというよりは可愛くて美しい野鳥を見てみたい、写真に撮ってみたいという気持ちで始めた趣味です。

最初は焦点距離400mmくらいの安価で暗いレンズを購入してチャレンジしてみたのですが、正直動きの速い小鳥は点のようにしか映りませんでした。

野鳥の撮影は本当に難しいのですが、最近はカメラの進歩がとてもすごく、比較的簡単にクリアーな野鳥写真を撮影することができるようになってきましたね。

私も昨年の冬に600mm相当の高倍率ズームカメラを入手し、この一年は主にこのカメラで野鳥撮影をしてきました。SONY RX10MⅣです。

24~600mmのズームレンズが付いたこのカメラは強力な手振れ補正のおかげか動きの速い野鳥の撮影に威力を発揮してくれています。

このカメラを入手するまでは野鳥を撮影するためにとても面倒な装置を使用していました。

今日はこの装置の紹介をしたいと思います。

簡単に言うと野鳥観察用のフィールドスコープにコンデジを取り付けて撮影する方法です。

略してデジスコと言います。

DSC03964
スコープは製薬会社で有名なKOWA製。口径80mmの大型スコープです。
カメラはキャノンのPowerShotS90。

買ってから何年経つんだろう。随分古い機種になってしまいました。

スコープには32倍の接眼レンズを使用しています。
DSC03962

コンデジは28~105mmのズームです。

最大の特徴は3000mm相当の写真が撮れること。正確には3360mm相当!!

スコープにデジカメを押し付けて撮るこの撮影方法をコリメート法と言います。

小さな野鳥を画角に収めるためには照準器がマストです。
DSC03966
カメラの左についているのが照準器です。

高価な大砲のようなレンズを購入することなくそこそこの価格で高倍率の撮影ができることは私にとってとても魅力がありました。

実は操作もセッティングも知識と熟練が必要なこの装置、私の技術では充分生かすことができなかったのですが、暇に任せて引っ張り出し遊んでみました。

何日か前の月の写真です。

IMG_9344
35mm換算で2720mm相当です。

この撮影方法はもともと天体撮影から始まった撮影方法なので月の撮影には合っているのかもしれません。

今日はスーパームーンということなのでチャンスがあれば撮ってみたいと思っています。


庭のジューンベリーに来るいつもの野鳥たちを撮ってみました。

掲載した写真はいつもより解像度を落とさないで、1500x1125ピクセルにしてあります。

繊細な羽毛の一枚一枚がくっきりと見えます。是非拡大してみてください。

シジュウカラ

IMG_9717
2720mm相当。

IMG_9838
2720mm相当。

カワラヒワ

IMG_9573
3360mm相当

IMG_9633
2720mm相当 手前にすこし赤っぽくてボヤっと見えるのは小枝と新芽です。

IMG_9577
3360mm相当

IMG_9625
2720mm相当

IMG_9610
2720mm相当

ジョウビタキ

IMG_0058
2720mm相当。目が影になってしまったのは残念でした。

ヤマガラ

IMG_0031
3360mm相当。


本日のおまけ

いつもの取っ組み合いです。





今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング





















残念なシメと少し前のジョウビタキ

冬は野鳥観察には最も適した季節です。

冬鳥だけでなく、留鳥も木々の葉が落ちて観察が容易になります。

餌が少ない冬だけなら許されるかな、との思いからバードフィーダーでひまわりの種を与えています。

今日見ることができた野鳥は、いつものシジュウカラとヤマガラ、アカゲラ、ゴジュウカラ、シメ、ミヤマホウジロです。

その中から、今日はシメを紹介したいと思います。

バードフィーダーの周りで小鳥たちが大騒ぎしてるのを遠目で見ていたシメ君。

(目と嘴の間が黒いのがオスということらしいので、シメ君と呼ばせていただきます。)

DSC02575

気になって仕方がないようです。

DSC02416

少しずつ近づいてきました。

DSC02582

とうとうジューンベリーの木までやってきました。

DSC02584

気になるものがそこに・・・。

DSC02580

連中が食べてたのはこれだ!

僕もご相伴にあずかろうっと!!

DSC02586

うっ??

これじゃひまわりが取れないよ~~。

残念なシメ君でしたが、実際はシジュカラが食べ散らかしたひまわりのかけらをゲットしてラッキーな一日だったようです。

DSC02496



本日のおまけ

一週間ほど前に撮ったジョウビタキの写真を記録をかねて紹介します。

DSC01956

夕方の4時ころの写真です。

近くの畑の周囲に張り巡らされている網の支柱に留まるジョウビタキです。

DSC01974

この網は鹿やイノシシなど農作物を荒らす動物からの被害を防ぐためには不可欠なものだそうです。

農家の方からも大事なものだと言われました。

正直あまり整備されてなくてあまり綺麗でないのは少し残念です。

しかし、ジョウビタキにとってはこういうところが大好き。

モズなんかと感覚が近いようです。

DSC01969

鮮やかな色の雄です。

DSC01970

鳴いてくれました。

DSC01964

どんな場所に留まっていても美しいものは美しいということでしょうか。

しばらく遊んでもらって、ツルウメモドキの藪に留まってどこかへ消えていきました。

DSC01979



今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング











窓辺の野鳥たち and ラグドール猫日記

今日は日中日差しも少しあったのですが、予報通り夜になって崩れてきました。

雨かなと思ったら雪になりました。

山の上を除けば初雪だと思います。

IMG_2341

今夜のウッドデッキの様子です。

少し積もりかけましたがほどなくして雨に替わりました。

本格的な冬が近づいていますね。

間もなくオープンするスキー場も準備に余念がない事と思います。

DSC00652

八ヶ岳の稜線の向うに見える白い斜面は、富士見高原スキー場の今日の様子です。


葉が落ちて見通しの良くなった高原の森はバードウォッチングに適した季節です。

我が家は開墾された畑と県有林に挟まれたかなり狭い敷地に建っています。

言ってみれば林縁といえる場所なので、山野草だけでなく野鳥観察にも適した地とも言えます。

毎朝カラ類を中心に多くの野鳥を見ることができます。

そんなわけで、思いっきりずぼらな私がリビングから撮った野鳥たちの写真です。

DSC00704

ツルウメモドキのオレンジの実に囲まれたシメのオス。

DSC00692

普段は強面のシメですが、可愛い感じに撮れました。


スズメと一緒に群れでやってくるのはカシラダカ。

DSC00610



そして、あまり人を怖がらないヤマガラとシジュウカラです。

いつもそばにいて被写体になってくれます。

DSC00791

冬の間だけひまわりの種をあげるようにしています。

昨年まで桂の木に吊り下げていたバードフィーダーを、今年はジューンベリーに吊り下げました。

メチャクチャ近くなっています。

DSC00519

シジュウカラとヤマガラはいつも一緒にやってきます。

DSC00262

カメラはSONYのRX10M4。1200mm相当の望遠で撮影することができます。

DSC00558

シジュカラの立派なブラックタイ‼

DSC00436

よく見ると両足とも宙に浮いています!!

DSC00498

羽の色はいつ見ても美しいですね。


そして最近清里でも数が増えていると思われるスズメ。

DSC00646

背景の畑のマルチングが陽の光を反射してちょっと印象的です。

最後は真っ青な空を背景にしたスズメ。

DSC00545



本日のおまけ

DSC00507

顔を隠す手が可愛い、へそ天のミルク。


いつものようにあご乗せポーズのベル君。

DSC00794



今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


ラグドールランキング














ギャラリー
  • クロッカスが咲きました
  • クロッカスが咲きました
  • クロッカスが咲きました
  • クロッカスが咲きました
  • クロッカスが咲きました
  • クロッカスが咲きました
最新コメント