ソニーから昨年の秋、超望遠・高速AFを謳うデジカメが発売された。

手持ちで野鳥の撮影ができると聞いてとても気になっていたカメラです。

あれこれ検討したあげく最近入手しました。

家の前の電線にとまるヒヨドリを撮ってみました。

ヒヨドリDSC00419
f4.0、600mm。

ヒヨドリDSC00427
f4.0、600mm以上。(縦形の写真は大きくなってしまうので比較になりませんが・・・。)

もちろん手持ち。

ちょっとしたカルチャーショック、これまでの苦労は何だったんだろうという感じです。

焦点距離24mm~600mm相当で、f2.4~4.0というかなり明るいレンズ。

1インチセンサーなので画質の限界はあると思いますが、私の撮影目的にはピッタリのようです。

すばしっこいエナガやちょっと姿を見せたと思ったらあっという間にいなくなってしまうベニマシコなど、魅力的な野鳥に限って撮影することが難しいですよね。

高速AFということなので、スゴク期待しています。

野鳥を求めて野川公園に行ってきたのですが、残念ながらカルガモしかいませんでした。

動かない鳥ばかりで、AFの速さは実感できませんでしたが、手持ちで600mmの写真が撮れるのは本当にありがたいです。

川にいたカルガモ。
DSC00475
f4.0、約560mm。

600mm相当とはいっても、画像サイズを小さくすれば1200mm相当までの写真も撮れます。

珍しい野草が何種類も咲いている自然観察園の中の池にいたカルガモ。

カルガモDSC00611
f4.0、約460mm。

川面に映って綺麗でした。

別の日に、カワセミがいるという近所の池に行ったのですが、やはりカルガモしかいませんでした。

DSC00211
f4.0、600mm。

DSC00270
f4.0、600mm。

それにしても三脚もなしで600mm~1200mmの画角の野鳥写真がそこそこのクオリティーで撮れることは相当に驚きです。

清里の高原でどこまで頑張ってくれるか、とても楽しみです。



本日のおまけ

今咲いている梅とツバキも望遠で撮ってみました。

梅DSC00317
f4.0、430mm。

DSC00313
f4.0、600mm。

ツバキDSC00302


tubakiDSC00294


おまけのおまけ

DSC00087
ヒヨドリが気になるベルです。



今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

人気ブログランキング