夏の花と言えば、私の家がある国立府中近辺では百日紅(サルスベリ)が一番目につきます。

街路樹然としたところに抵抗があったのですが、シックな白花もあったり花の少ない真夏に咲いてくれて、病気にも強いらしい。

丁寧に剪定されて姿の美しいサルスベリを見ると、これはこれで捨てたもんじゃないなと見直したりします。


八ヶ岳に来ると、この時季オレンジ色のノウゼンカズラがとても目立ちます。

高根町に大木がノウゼンカズラに覆われているところがあって、見飽きていると思われている方も一見の価値があります。

そんなサルスベリにもノウゼンカズラにも負けず劣らず夏を代表する花がムクゲです。

珍しくない花ですが、我が家にも一本のムクゲがあります。

IMG_7594

世界一青いムクゲと言われているムクゲ。

少し暗く映っていて、とても青く見えますが決して誇張ではなくこんなイメージで咲きます。

IMG_7569

数年前にバラクライングリッシュガーデンで買ったムクゲ。

以前にも紹介しましたが、ブルーサテンと言います。

DSC02626

陽の光を浴びるブルーサテン、今年も二日ほど前から咲き始めています。

一日花で今日咲いた花は翌日には萎れます。

それでもものすごい数の蕾が次から次と上がって来て、遠目からはずっと咲いているように見えます。

IMG_7616


IMG_7597


DSC02634


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

にほんブログ村 


宿根草・多年草ランキング