ベルと高原の家

八ヶ岳を望む高原の家でガーデニングを中心に3匹の猫たちとの日常をつづります。

芍薬

芍薬「かぐや姫」が咲く風景

今日は一日曇り空で明日には強い雨が降ると予報が出ていましたが、夕方にはシトシト雨模様となってしまいました。

昨日はサルビア・ガラニティカ、姫オミナエシ、フジバカマ、エキナセアなどの庭植え予定の苗の植え込みをしました。

サルビア・ガラニティカは昨年、一昨年と挑戦しましたが冬越しできませんでした。

なぜ植えているかというと、本当に大好きななので、今年は割り切って一年草として植えています。

IMG_1697

少し前に植えたガラニティカが開花しています。

今日予定していたプランターの植え込み作業は雨が治まらないとできそうにありません。


これまで順番に紹介してきた芍薬も最後になりました。

「かぐや姫」です。

これもハイブリッド芍薬ですが、今年は特別に良い状態で咲いてくれています。

IMG_1691

元々花茎一本に蕾が3ケから4ケついていました。

昨年までの失敗を教訓に摘蕾しました。

花茎一本に花一輪。

直立するように背の高い芍薬です。

DSC03547

花自体もとても素晴らしいものですが、周りの花たちが咲いてきて華やかな雰囲気になっています。

IMG_1673

オルラヤ、ゲラニウム、ペンステモン、黄色の修景バラリモンチェッロも見えます。

もっと引いて見ると

IMG_1672

農道沿いに、オレンジのサルビアやヒューケラ、リナリア、薔薇マリーパヴィエなどが咲いています。

花は本当に見ごたえがあります。

IMG_1584

苗を買ったサカタのタネの説明文にはこんな文章があります。

(大輪でどんなバラにも勝るほどのスター性があります。特にこの品種は花持ちがよく切り花にも好適。姫の名にふさわしい優雅さです。)

IMG_1695

今日も綺麗に咲いていましたが、やはり雨は心配です。

IMG_1691

一昨日はクジャクチョウが花に止まってくれました。

IMG_1553 (2)

花弁が邪魔してさすがに蜜は吸えないと思うのですが・・・。



今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング


ハイブリッド芍薬:リリアン and 庭の様子

全部で10株ほどある芍薬の紹介も残すところ3種となりました。

リリアン、かぐや姫、波の華、以上3品種。

かぐや姫と波の華は開花が始まりましたが、せっかくの花が首から折れたり、雨のせいもあって写真も撮れないでいます。

今日はリリアンの紹介をします。

花は昨日の激しい雨で傷んでしまいました。12日の写真です。

DSC03057

植えて4年目で初めての開花です。

若い苗を買ったために随分時間がかかりました。

待った甲斐がありました。期待どおりの美しさ。

DSC03022

淡いピンクから白へのグラデーションが綺麗。

手毬咲きというそうですが、中央部分がこんもりと盛り上がって咲きます。

DSC03007

オリエンタルゴールドやボーダーチャームが花茎も短く、株全体が低くこんもりした姿なのに対し、このリリアンやかぐや姫は花茎が高く立って咲いています。

DSC02758


DSC02751


庭の様子

下の写真、中央の白い大きな花がリリアンです。

DSC03032

シダルセアが咲き始め、ノコギリソウやカライトソウが花芽を伸ばしています。

上の写真の左端にかすかに写っている花:リナリア・ブルガリス。

何年も前に植えてほとんど放置状態ですが、毎年どこからか芽を出してしぶとく生き残っています。

DSC03221

後ろの赤い花はヒューケラ。

咲き始めたシダルセア・ビアンカ。

DSC02664


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング


紅白の芍薬 ヒラリーと氷点

とうとう梅雨に入りましたね。

今日は夕方激しい雨が降って予定していた苗の植え付けができませんでした。

梅雨になって一番悩ましいのがバラの開花とタイミングが合ってしまうこと。

標高1100mの清里高原ではこれから本格的なバラのシーズンが始まります。


庭では様々な花たちが次々と開花して心が躍る季節になってきました。

庭の様子です。

DSC03131

上の写真の左に見える赤い花が芍薬・ヒラリーです。

DSC02638

詳しい方がご覧になったら何か違うんじゃないかと言われそうです。

どう見てもヒラリーには見えません。

本来のヒラリーはこれです。

芍薬ヒラリーDSC05242

これは一昨年の写真です。

昨年今年、まるで先祖帰りしたかのように咲いているのは全て一重の花。

DSC02915

これはこれで美しいのですが・・・。

詳しい方に伺いたいですね。

DSC02975


そして今年も「氷点」が咲きました。

DSC02761

少しこじんまりしています。

実は窮屈になったのを解消するために移植をしました。

DSC02672

そのせいか少し体力が落ちているようです。

昨年は一つの花茎にたくさんの蕾がついて、摘蕾もしなかったのでかわいそうなことをしましたが、今年は花茎一本に花ひとつ。

ですが、花の美しさは変わりません。

DSC02673

花弁の間からかすかに見える神秘的な赤い色が「氷点」の特徴です。

DSC02674


DSC02675


DSC03027

「氷点」の上にピンクの蕾が見えますが、これは多分「波の華」という品種。

小さな苗を植えて今年初めての開花、咲いたらアップしたいと思います。

今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング


黄色の芍薬 オリエンタルゴールドとボーダーチャーム and ミルクッチの昼寝

芍薬が次々と開花しています。

今日紹介するのはいずれもハイブリッド芍薬。

ボタンと芍薬を交配した芍薬です。

オリエンタルゴールドはハイブリッドの元祖といえる品種。

日本人(伊藤東一)が作出した、初めての黄色い芍薬。

DSC02644

植えたのは今から4年前。

何も知らずに選んだ中にこのオリエンタルゴールドも入っていました。

DSC02645

直径15cmを越える大輪の花です。

移植したので心配しましたが、しっかり咲いてくれました。

DSC02803

最初から完成されてたんですね。

DSC02647


そして、もう一つの黄花シャクヤク。

ボーダーチャーム。

DSC02335

いまのところ咲いたのは2輪だけですが、今年は随分花数も増えています。

DSC02965


咲き始め。

DSC02049

赤いシベが印象的な美しい品種です。

DSC02935

同じ黄色の芍薬でも随分違うんですね。


本日のおまけ

ミルクッチの昼寝

DSC02628



今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります 


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング



深紅の芍薬 ルブナプレナ

清里は爽やかな風が流れて今が一番良い季節。

庭も一気に華やかになります。

ゲラニウムやオルラヤも咲き始め、つるバラ・カクテルもチラホラ咲いています。


先日紹介した芍薬ロゼアプレナの隣にあるのがルブラプレナ。

深紅の芍薬です。

DSC01850

前にも書きましたが、このルブラプレナとロゼアプレナはヨーロッパで改良された西洋芍薬。

我が家に何株もある、ボタンと交配したハイブリッド芍薬とは少し違う種類です。

八重の大輪系なので花そのものは差を感じませんが、花付きと花持ちはハイブリッドのほうが良いようです。

DSC01781 (2)

芍薬は中国や日本で何百年も前から育種が始まった古典的な園芸植物ですが、西洋的な宿根草中心の花壇に入れても不思議と違和感を感じません。

DSC01893

左はポテンティラの白、右上はクレマチス・プライバルチカ、銅葉はペンステモン・ダークタワー。

DSC01868

派手と言えば派手ですが独特の雰囲気があってとても惹かれます。

DSC01757

ルブラプレナ、花の色は散るまで赤いままです。


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村 


宿根草・多年草ランキング


ギャラリー
  • 山紫陽花:七段花
  • 山紫陽花:七段花
  • 山紫陽花:七段花
  • 山紫陽花:七段花
  • 山紫陽花:七段花
  • 修景バラ:リモンチェッロ
最新コメント
プロフィール

paw

カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

名前
本文
  • ライブドアブログ