ベルと高原の家

八ヶ岳を望む高原の家でガーデニングを中心に3匹の猫たちとの日常をつづります。

野鳥

久しぶりに雪が降りました。

朝起きたら一面の銀世界。

DSC08606

積雪は10cmに届かないくらい。

DSC08601

鳥たちも寒そうに見えました。

DSC08646


DSC08745


DSC08619

実際は摂氏3度くらいあって、このまま春になるのかなと思われるほどの暖かさが続いています。

それでも雪は風景を一変させてくれます。

DSC08709

日中も小雪がちらついたりして八ヶ岳も南アルプスも姿をみせることはありませんでしたが、近くの何気ない山がとても美しく見えます。

DSC08748


本日のおまけ

ちびちゃんのアクロバティックな寝姿。

DSC08306


DSC08307


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村 



山の家に集う清里の野鳥たち

このところ清里は雪が降ったりやんだりの不順な天候が続いています。

積雪はほとんどなくて助かっていますが、雪の残る庭に濡れた薪が山積みになっていて作業が出来ないでいます。

関東には寒波が来ているようですが、清里はここ数日は下がっても0度を少し切る程度の日が続いています。

1週間ちょっと前に零下10度以下まで冷え込んで、朝お湯が出なくなってしまい大騒ぎしたしたことが嘘のようです。

水抜きを失敗して20年間に2度もボイラーを壊した前科があるのでヤバい!、と思ったのですが幸い午後には復活しました。

普通に生活していて凍結で水道が壊れることはめったにないのですが、冷え込むときにはあまり時間を空けずにお湯か水を通すことを心がけることが必要なようです。


雪が降ると山の家の野鳥レストランは普段以上に賑やかになります。

DSC04418

今年はスズメがものすごい数の群れでエサ台に来ているのですが、スズメだけでなくヤマガラもシジュウカラもミヤマホオジロも確実に増えています。

DSC04946

ミヤマホオジロは珍しい野鳥だと思いますが、現在オスが4~5羽、メスが1羽確認できます。

昨年まではカワラヒワとの混群でしたが。今年はミヤマホオジロだけで群れを作っています。

先日からファットボールをアオダモの木に掛けました。

DSC05070

ここには主にヤマガラとシジュウカラが食べに来ます。

DSC05236


DSC05354

ウッドデッキのエサ台はスズメの群れに占領されていることが多いのですが、食べるエサが同じなのでミヤマホオジロも良く来ます。

DSC05387


DSC03928

この子はメスですね。可愛いです💛
DSC05456


姿勢のせいか少し遠くにいるはずのシジュウカラがすごく大きく見えます。
DSC05460


ヤマガラとシジュウカラはヒマワリの種をひとつづつ咥えて木の上で食べます。

DSC03141


DSC05445


そしてエサは食べに来ないのですが山の家の近辺をなわばりにしているのがこの子。

DSC03522

ジョウビタキの雄です。


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村 


宿根草・多年草ランキング

雪の八ヶ岳 and 今年もミヤマホオジロに会えました

昨日は一日雪。

DSC03868

積雪量は少なく、今日にはほとんど消えてしまいました。

DSC03866

僅かな時間でしたが、美しい雪景色を見ることができました。

朝には八ヶ岳に朝日が映えて鮮やかな色に染まりました。

DSC03881

そして快晴、暖かい一日になりました。

DSC03999

冬の八ヶ岳ならでは、まさに八ヶ岳ブルーの空です。

DSC04000


DSC04002

午後になって陰影の深い八ヶ岳に鳶(多分)が気持ちよさそうに飛んでいます。


数日前から山の家の庭にミヤマホオジロの姿が見えるようになりました。

DSC03926

毎年の楽しみ!

餌を求めてウッドデッキにきてくれました。

DSC03904

餌が無くなってしまい、恨めしそう。

DSC03917

雪も大したことありませんでした。

この餌台ですが、今年はスズメに占領されています。

DSC02713

こんな状態です。

昔はこんなにスズメを見ることは無かったと記憶しています。

それでもなんともいえない可愛さがありますよね。

DSC03981


ヤマガラも増えています。

DSC03988

ひまわりの種の減り方がハンパないです。

DSC04056


カワラヒワの雄。

DSC04017

首をかしげるところがこの子らしいです、

DSC04015

キリッとした姿も見てください。

家の中からのバードウォッチングなので、珍しい野鳥にはなかなか会えませんが、日がな一日猫と一緒に窓の外を眺める毎日です。

DSC02962


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村 


宿根草・多年草ランキング

寒くなりました。バードフィーダー再開です。 and 猫たちやっぱり箱が好き

12月になって清里もずいぶん寒くなってきました。

空気も澄んでいます。

DSC01690

何日か前の八ヶ岳の朝焼けです。


毎年、冬になると野鳥たちのために餌をやるようにしています。

ジューンベリーのバードフィーダーにひまわりの種を入れ始めました。

DSC01796

ウッドデッキのエサ台は昨年同様小鳥用の餌を入れてあります。

DSC02065


バードフィーダーはヤマガラとシジュウカラ専用となっています。

DSC01825

ジューンベリーにとまるヤマガラとシジュウカラです。

DSC01819

ほかの小鳥たちはバードフィーダーがちょっと苦手。

それでも今年はゴジュウカラがおこぼれ目当てでやってきました。

DSC01991

バードフィーダーを眺めて恨めしそうなゴジュウカラです。

DSC01915

動きの速いゴジュウカラをこんなにまじかでじっくりと観察できたのは初めて。

DSC01993

とまったまま動きません。

DSC02001


DSC02022

本来のゴジュウカラはこんな感じです。

DSC01758


エサ台のほうは雀の食堂と化してます。

DSC02096

今年は昨年にも増して雀の数が増えています。

カワラヒワはまだ餌に気が付いてないようです。


本日のおまけ

巣ごもり生活で宅配便が増えています。

そのせいで猫たちは忙しい日が続いています。

DSC01851

ミルクッチです。

DSC01575

ちびたん。

DSC01580

ベルッチも。

DSC01613


DSC01676


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



ラグドールランキング

美しいシナノナデシコ and ガビチョウの子育て

夕方から雷の音が聞こえるようになったと思ったら、突然激しい雨。

ほんの10分足らずの間でしたが猫も驚いて雲隠れするほどの豪雨。


5月20日に富士見町の山野草専門店で購入したシナノナデシコが咲きました。

買ったときは小さな蕾だけの苗で、果たしてどんな花が咲くのか基礎知識ゼロで持ち帰った苗でした。

DSC01349 (2)

シナノナデシコDianthus shinanensis、信濃撫子)は、ナデシコ科ナデシコ属多年草。本州中部に分布する。別名をミヤマナデシコ(深山撫子)という。=Wikipedia

数年前に同じナデシコ科のタカネビランジを植えたことがあるのですが、上手く育ちませんでした。

今回は見た目にもナデシコっぽいのと苗もとても大きかったので少し期待していました。

4日ほど前から開花し始めました。

DSC01874

咲き始め、花も予想外に大きくて色も鮮やかです。

2株あるのですが、微妙に色が違います。

DSC01928 (2)

少し濃いのと、薄いのと。

DSC01929

花の中央の赤い丸が可愛いですね。

花弁の切れ込みは少ないですが、葉といいとてもナデシコらしい雰囲気を持った花です。

DSC02025

花付きもとても良いですね。

DSC02026

山地の河原や荒れ地、礫地などに生育するということなので、育てるのはそれほど難しくないように思います。

ただ、株の寿命はあまり長くないようです。

DSC02034


DSC02035

ナデシコが好きだということもありますがとても気に入りました。


本日のおまけ

園芸用の道具棚の上で小鳥が抱卵している話をしましたが、野鳥の世界は今が繁殖の季節。

山の家の真ん前でガビチョウが子育てしています。

普段なら人の姿を見れば隠れてしまうところを、今は雛の為とても我慢強く感じます。

餌を咥えて巣に戻るところです。

DSC02006

警戒しています。

DSC02009

何度も周囲を伺います。

DSC02011

急いで巣に向かいます。

DSC02014

巣には直行せずに少し離れたところから入ります。

DSC02017

最後まで警戒は怠りません。

DSC02019

巣があるのはつる草でできた藪の中。

DSC02021

巣は大きな山になっているところの上の方にあります。

ガビチョウは特定外来生物に指定されており、日本の侵略的外来種ワースト100にも選ばれているとても悪い野鳥ということになっています。

姿はあまり美しいとは言えませんが、ヒタキ科らしいとても美しい鳴き声を持っています。

健気に子育てをしている姿は本当に可愛くて元気に巣立つことを願わずにはいられません。

今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村 


宿根草・多年草ランキング


ギャラリー
  • 庭の様子
  • 庭の様子
  • 庭の様子
  • 庭の様子
  • 庭の様子
  • 庭の様子
最新コメント
プロフィール

paw

カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

名前
本文
  • ライブドアブログ