ベルと高原の家

八ヶ岳を望む高原の家でガーデニングを中心に3匹の猫たちとの日常をつづります。

 センニンソウ

ボタンヅルとセンニンソウ and チビちゃん日記

とても暑い一日でした。

高原なので木陰は涼しいのですが、直射日光が当たる場所は年を取っている私たちには危険な暑さを感じるほどでした。

東京と違うところはこちらはムシムシ感が比較的少ない事でしょうか。


この季節になると家の付近を車で少し走れば、あちこちの藪がたくさんの白い小さな花で覆われているのを目にします。

ボタンヅルです。

DSC07616

ボタンヅル(牡丹蔓、学名:Clematis apiifolia )は、キンポウゲ科センニンソウ属落葉つる性半低木。有毒植物

学名にあるようにクレマチスの仲間です。

秋深くなっての種のころもとても美しくて必見ですが、満開の今も見逃すことはできません。

DSC07618

毎年紹介していますが、家の前の動物よけのネットにいろいろなつる植物に交じってボタンヅルが白い花を咲かせています。

DSC07625

意識しないと見過ごしてしまう花ですが、注意してみるとその美しさはとても印象的です。

DSC07617



そしてこのボタンヅルととてもよく似た花がセンニンソウです。

センニンソウ(仙人草、学名Clematis terniflora)は、キンポウゲ科センニンソウ属分類されるつる性の半低木(木質多年草)の1

センニンソウはより標高の低いところで繁殖している草ですが、ここ清里でも立派に育ちます。

3年ほど前に白州の道の駅で購入した株が困るほどに大きくなりました。

DSC07634

花の違いはボタンヅルがシベが目立つのに対し、センニンソウは細くて長い花弁のほうが目立ちます。

DSC07637

草だとばかり思っていましたが、ウィキペディアに半低木と説明があって、そういえば根元がかなり太くガッシリしていて木だったんですね。

DSC07732

大きくなりすぎたので秋には移植を考えています。

クレマチスは移植を嫌う性質があるので少しだけ心配もあります。

DSC07795


DSC07791


DSC07797


本日のおまけ

猫あるあるですが、極小のバスケットに無理やり入るチビスケです。

DSC07856


DSC07846


DSC07840


日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング

センニンソウの剪定をしました。

クレマチスの仲間のセンニンソウ。

下の写真は昨年の夏に紹介した写真ですが、普通のクレマチスと同様に丸い柱状のオベリスクに絡ませていました。

この写真だと判りにくいのですが、とても元気なつるがオベリスクの上部からあふれてまるで懸崖仕立てのように咲いています。

悪くないのですが、頭が重くなってかなり傾いてしまっています。

IMG_7743

そこで、先日剪定と誘引をしました。

オベリスクをやめてフェンス仕立てとすることにしました。

ほかのクレマチスたちはまだ休眠中なのですが、センニンソウは既に新芽が動いていました。

DSC04665

昨年花が咲いた蔓は枯れて地面から1.5mくらいまでの太いツルの節々に小さな新芽が顔を出しています。

DSC04663

センニンソウは強剪定です。

どこまで切って良いのか判断ができなかったのですが、上の写真のように分岐した先端は切り落としてそれぞれ1mくらいに剪定しました。

フェンスはホームセンターのくろがねやでワイヤートレリスを購入。

DSC04659

蔓は太いのですが柔らかいので、かなり自由に誘引することができます。

安くて形を変えられるので今回の計画にはピッタリでした。

DSC04694

フェンスにしたもう一つの目的は花壇の中の通路を確保すること。

DSC04660

昨年はセンニンソウと隣の薔薇で通れない状態でした。

初めての剪定と誘引なので、どうなるか不安ですが楽しみでもあります。


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります。


宿根草・多年草ランキング

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村


似たものどおし パート3 センニンソウとボタンヅル

梅雨の長雨で山の家のクレマチスたちは散々な目にあいました。

10種類ほどのクレマチスを植えてあるにもかかわらず、葉も花も茶色に変色してほとんど紹介できる写真がありませんでした。

8月も半ばになってクレマチスの仲間、センニンソウが咲き始めました。

センニンソウの仲間でここ清里でよく目にする花=ボタンヅルの事を知ったのは一昨年の事でした。

そのボタンヅルが縁でセンニンソウを知り、庭に植えたのが昨年の春。

雨にも負けずに立派に育ってくれました。

IMG_7743

クレマチスにも利用している中型のオベリスクに這わせていたのですが、あっという間に上まで伸びて四方に懸崖のように蔓が垂れて花が咲いています。

DSC02711


DSC02710


IMG_7747


そしてボタンヅルです。

センニンソウによく似たボタンヅルは主に道路端の低木などに絡んで蔓を這わせています。

山の家の近くでは鹿などの動物除けの網のフェンスに絡んでいます。

キンポウゲ科センニンンソウ属、有毒植物。
IMG_7585

この写真でははっきりしませんが、葉がボタンに似ていて蔓性と言うことで名付けられたそうです。

センニンソウに比べると花弁が丸くて少し小さいのが特徴です。

その分シベが目立ちます。

懸崖になる感じはとても良く似ています。

もっと紹介したいのですが、そろそろ花が終わりと言うこともあって良い写真が撮れませんでした。

一昨年紹介した記事に何枚か写真を載せてあります。
http://bell222garden.blog.jp/archives/3114245.html


最後にセンニンソウのアップの写真

IMG_7772


IMG_7752


IMG_7759

センニンソウとボタンヅル、とても地味な花ですがどちらも大好きな夏の花。



今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります。


宿根草・多年草ランキング

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村




庭の様子、仙人草が咲き始めました。and ラグドール猫日記

昨日一昨日と清里は晴れたかと思えば雨が降り出したりと、目まぐるしく空模様が変化する一日でした。

庭の様子は昨日ルドベキア・デアミーを紹介しましたが、同じルドベキアのタカオもいい感じでです。

IMG_9372

大株になり、姿は自分で整えてくれます。

咲き進むと周りから倒れてきますので、この時期に何らかの支えをしてあげるのが良いかと思います。

すぐ前の農道からルドベキアを写すとはこんな風に見えます。

IMG_9448

奥の左右の黄色い花、左がルドベキア・タカオ、右がルドベキア・デアミーです。

青色のムクゲ、ブルーサテンと白花のガウラはまだとても元気です。

右手前の銅葉はユーパトリウム・チョコレート、咲くのは9月です。


そして今日は咲きだしたばかりのセンニンソウを紹介します。

漢字で書くと仙人草、クレマチスの仲間です。

IMG_9424

まだホントの咲き始めです。

野草としてこの時季中央道を走っていても、注意してみるとセンニンソウが咲いているのを見ることができます。

つる状に伸びて、藪の上を細かい白い花が覆うように咲きます。

IMG_9442

昨年の秋に植えた苗です。

昨年清里に咲いている同じ仲間のボタンヅルを見てとても感動して、興味を持ちました。

標高の高いこのあたりにはボタンヅルしかなく、センニンソウは無理かもと思ったのですが大丈夫でした。

IMG_9426

ルドベキア・デアミーの隣に植えてあります。

マクロレンズで撮ってみました。

仙人草IMG_9423

ボタンヅルも咲き始めています。次回紹介します。


本日のおまけ

お外が大好きなベル君。

今日も大好きなテーブルの上。

IMG_9327

ミルクッチはというと・・・。

IMG_9320

僕ここがいいニャン。


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

にほんブログ村



宿根草・多年草ランキング












ギャラリー
  • 白花シュウメイギクが咲き始めました。
  • 白花シュウメイギクが咲き始めました。
  • 白花シュウメイギクが咲き始めました。
  • 白花シュウメイギクが咲き始めました。
  • 白花シュウメイギクが咲き始めました。
  • 白花シュウメイギクが咲き始めました。
最新コメント
プロフィール

paw

カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

名前
本文
  • ライブドアブログ