ベルと高原の家

八ヶ岳を望む高原の家でガーデニングを中心に3匹の猫たちとの日常をつづります。

 ジューンベリー

庭の様子、クレマチス・エンテルなど

クレマチスをまとめて8種を植えて8年経ちます。

消えてなくなったり、樹勢が弱くなったり、逆に元気になった品種もありますが、概して良くない状態になっています。

クレマチスは植え替えてはダメ、と聞いてはいたのですがやむを得ずダイアナを移植しました。

案の定、具合が悪くなってしまいました。

蔓はものすごい数がぐんぐん伸びるのですが花が咲きません。

これが移植が難しいということなのかなと納得しました。

そんなこともあって、一昨年くらいから新しい苗を植えています。

先日紹介したビオラも最近植えた品種ですが、多くは充実するまでに時間がかかります。

そんな中で頑張ってくれたのがエンテル。

DSC04569

一昨年、小さめの苗を2株植えたものです。

ヴィチセラ系、エストニアで作出された多花性の品種。

DSC04716

つるバラボニーの前にオベリスク仕立てにしてあります。

DSC04572



淡いピンクの中輪花が大量に咲いてくれました。

DSC04570

少し地味かなと思って、あまり期待してなかった分喜びもひとしおです。

改めて見ると、絞りの生地のような花弁の雰囲気もおしゃれに見えます。

DSC04713


調子の悪いダイアナにも少し花が咲きました。

DSC04321

株は元気なので、諦めるべきかもう少し待ってみるかとても悩んでいます。

DSC04625

新しい苗を植えれば充実するまでにはどうしても3年くらいかかります。


本日のおまけ

ジューンベリーの実がたくさんなりました。

DSC04775

ボールいっぱいの熟した実を摘んでジャムを作りました。

DSC04774



今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング


今年も満開のジューンベリーに会えました。

今月に入ってジューンベリーが咲き始めました。

DSC09683

ジューンベリー(和名:
アメリカザイフリボク、学名:Amelanchier canadensisバラ科ザイフリボク属に属する小木。

小木とありますが、我が家のジューンベリーは樹高5mに届きそうなとても大きな木です。

DSC09715

手前がジューンベリー、奥がカツラです。

植えたときから大きかったのですが、ここまで大きくなるとは思いませんでした。

DSC09763

花が目立ちますが、花と葉は同時に開きます。

DSC09677

山の家に籠っていることもあって、今年は咲き始めから咲き終わりまでつぶさに見ることができました。

現役時代はジューンベリーの開花に会えないことがしばしばでした。

ジューンベリーの開花時季は短くて本当にあっという間。

DSC09768

ジューンベリーと言えばその名が示すように6月に赤くて美しい実をつけます。

小さな実ですが、ジャムにすれば素直な果実味を味わうことができます。

DSC09681

ブログの更新をサボっていたこともあって、花が終わってからの紹介になってしまいました。

DSC09747

左に見えるのはマメザクラ、長く楽しませてくれましたが入れ替わるようにジューンベリーが咲いてくれました。

本日のおまけ

ジューンベリーの隣にあるカツラの芽吹き。

新緑がとても美しいのですが、可愛い赤い葉も見逃せません。

DSC09102

4月25日頃のカツラです。

DSC09253


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村 


宿根草・多年草ランキング



ジューンベリー満開です。

今日はやっと晴れてくれました。

ただ、強い風が吹き荒れる一日でした。

菜たね梅雨・春の嵐と、春という季節から受ける穏やかな印象とは違う気候もまた春の姿なのかもしれません。

そんな我らが清里高原にも春がやってきています。

ジューンベリーが満開です。

IMG_3651

樹高5mに達しようかという山の家のジューンベリーですが、カラマツの新緑を背景に一気に開花しました。

IMG_3621


IMG_3600


桂とジューンベリーの2ショット、遠くに八ヶ岳を望むアングルで。

IMG_3649


IMG_3617

ジューンベリー(和名:アメリカザイフリボク、学名:Amelanchier canadensis)はバラ科ザイフリボク属に属する小木。

名前の通り6月に結実し、生食でも美味しいですが我が家ではジャムに加工します。癖が無くて優しい味のジャムになります。

IMG_3621


IMG_3654

花の咲いている期間が短く、週末しか来られない頃は花に会えないこともしばしばでした。

いまかいまかと待ちわびて開花の日を迎えられるのはとても幸せなことだと思います。

最後にジューンベリーを中心にカラマツとカツラの3ショット。

IMG_3653

青い空が眩しいです。


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング









美しいオダマキと雨のジューンベリー

昨日は一日雨でした。

一昨日から2日がかりで液肥をやる計画でしたが、延期することにしました。

オダマキが大好きで大事に育てているのですが、昨年以前に植えたオダマキの開花は寒冷地のせいかまだ少し先になります。

毎年この季節になると我慢できずに買ってしまいます。

今年も買ってしまいました。

既に庭に植えこんであるので半分は我が家の花と言っても良いでしょうか。

南清里の道の駅に寄ったときに見つけたミヤマオダマキの苗。

IMG_3127

白花です。

IMG_3067

何故か花が上を向いています。

なんとかミヤマオダマキを増やしたくて買ってきたものです。

昨年一昨年とネットで購入した苗があまりに小さかったので、地元で実物を見て買う方が確かなようです。

西洋オダマキも買ってきました。

IMG_3121


IMG_3119

キャノンの60mmマクロで撮影しました。

青花もあります。

IMG_3059


IMG_3061

とても長い距が印象的なオダマキは昨年白花のものを植えてあります。

それはまだ咲いていませんが、このタイプ個人的にはとても魅力を感じます。


IMG_3058

正面から見ると印象が随分違いますね。


今にも咲きそうだったジューンベリーもこの寒さで蕾を大きく膨らませたまま停滞しています。

植物は花や紅葉が美しいのは当たり前ですが、個人的に新芽、新緑も本当に美しいと思います。

ついつい写真を撮ることを忘れてしまうのですが、今日は小雨を狙ってジューンベリーの膨らんだ花芽を写してみました。


IMG_3390

冬に大きな枝を剪定したので、少し寂しくなった部分もあるのですが、いつも通りの花が期待できそうです。

IMG_3393

雨に濡れた花穂が綺麗です。

IMG_3396

下の写真、左隣はカツラの新緑です。

IMG_3387


IMG_3395


IMG_3401

水滴が味方してくれて印象的な花穂を写すことができました。


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング









ジューンベリーの紅葉と久しぶりのの青い空。

やっと晴れましたね。

今日は雲一つない晴天、秋晴れです。

今朝の八ヶ岳です。うっすらと雪を被っています。

八ヶ岳IMG_2334

秋の花はほとんど終わりを迎えました。

我が家の庭では桂が葉をすべて落とし、ジューンベリーが色づいてきました。

晴れた青空をバックにしたジューンベリーの紅葉を見てください。

ジューンベリーIMG_2365


ジューンベリーIMG_2398


上のほうは赤くなってますね。下のほうはいろいろな色が混じっています。

ジューンベリーIMG_2354


ジューンベリーIMG_2411


ジューンベリーIMG_2395

上の3枚は逆光です。

下の写真は葉の表を順光で撮ったものです。

ジューンベリーIMG_2403


葉の落ちたカツラとジューンベリーを2ショットで撮ってみました。

桂ジューンベリーIMG_2437



本日のおまけ

我が家の庭で今咲いているのはダイモンジソウくらい。

ダイモンジソウ秋晴IMG_2429

このダイモンジソウの名前は「秋晴」と言います。


今日も訪問ありがとうございます。
ポチッとしてくださると励みになります。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

にほんブログ村



宿根草・多年草ランキング
ギャラリー
  • 白花シュウメイギクが咲き始めました。
  • 白花シュウメイギクが咲き始めました。
  • 白花シュウメイギクが咲き始めました。
  • 白花シュウメイギクが咲き始めました。
  • 白花シュウメイギクが咲き始めました。
  • 白花シュウメイギクが咲き始めました。
最新コメント
プロフィール

paw

カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

名前
本文
  • ライブドアブログ