ベルと高原の家

八ヶ岳を望む高原の家でガーデニングを中心に3匹の猫たちとの日常をつづります。

 ランブリングレクター

バラの剪定始めました。

暖かい日が続いています。

だからという訳でもないのですが、毎年3月に行っていたバラの剪定を始めました。

まずはボニーとランブリングレクター。

どちらのバラも強健で毎年すごい勢いでツルを伸ばします。

剪定の時まで伸びるに任せているのでこの時期にはどちらもすごいことになっています。

ボニーです。
DSC05871

そしてランブリングレクター。
DSC05868

とげの少ないボニーから始めました。

もったいない気持ちをぐっとこらえ、太くて新しいシュートも位置や角度が悪ければバッサリ切ります。

でも、これは最後の作業です。

順序としては

1,昨年の花枝を短くします。

2,細い枝、傷んだ枝を落とします。

3,太いツルと充実したシュートだけになったところで、残すツルを決めていきます。

4,更新できるシュートがあれば古いツルを切ります。

5,残すツルの本数を決めてはじかれたツルは思い切って落とします。

いつもこんな感じで剪定作業を進めています。

剪定後のボニー。

DSC06664

DSC06669

やり過ぎるくらいがちょうどよいように思います。

剪定後のランブリングレクター。

DSC06677

DSC06684

ランブリングレクターのとげは半端なくすごいのでバラ専用の手袋マストです。

剪定・誘引したボニーにヤマガラが止まってくれました。

DSC07059

いつもならヒマワリの種を取ったらすぐに木の上に持ち帰って食べるのですが、この子はこの姿勢でまったり。

DSC07116

ふっくらと丸いオレンジのおなかと、左右に開いて踏ん張っている足がとっても可愛いです。

今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村 





今年もつるバラ「ランブリングレクター」と「ボニー」が見頃です。

今日も清里は雨が降っています。

豪雨でもなく、風もないので花たちはなんとか耐えているような状態です。

花弁が柔らかくて中輪のバラ、スノーペイブメントやコンプリカータは雨が辛そうです。

大きなフェンス仕立てにしてある、つるバラ「ランブリングレクター」と「ボニー」は今が見頃を迎えています。

IMG_1967

手前のピンクがボニー、白い花がランブリングレクターです。

IMG_2032

年に一度、毎年新鮮な感動を与えてくれます。

IMG_2020 (2)

ランブリングレクターの前に立つと虫たちのブンブン舞う音とともに強い芳香に包まれます。

この花は中香ということですが、数の力でしょうか、むせかえるような香りです。

ウッドデッキからはこんな感じ。

IMG_1957


IMG_1956

ランブリングレクターもボニーも房咲きということですが、特にボニーはブドウの実のように房状に咲きます。

IMG_1960

花が次から次に咲いて、美しいグラデーションを見せてくれます。

まだ房は上向きですが、咲き進むと重くなって垂れ下がります。


もう少しすると、大変な花がら摘みが待っています。


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング


ランブリングレクターとボニーが咲き始めました。

我が家のシンボルフラワーといっても良いつるバラ、ランブリングレクターが咲き始めました。

DSC03569

ウッドデッキのフロント部分をフェンスにして誘引しています。

DSC03572

標高の高い清里では6月の半ばに開花が始まります。

梅雨の時期とぴったり合ってしまうのが残念・・・と、毎年愚痴を言ってるような気がします。

今年はフェンスを高くしてリビングからバラをしっかり楽しめるようにしました。

IMG_1657

ランブリングレクターはその名の通りランブラー系のつるバラ。

山の家に初めて植えたのがこの薔薇です。

寒さにも病気にも強く、とても花付きの良い品種です。

IMG_1698

3cmくらいの小花が房咲きで、株全体を覆うように咲きますがまだ咲き始めなので蕾がかなり目立ちます。


時を同じくして開花したのがつるバラ、ボニー。

IMG_1658 (2)

ピンクの小さな花が大きな房になって咲きます。

2.5cm~3cmくらいのとっても可愛い花ですが、大房になるとビックリするほどの存在感があります。

DSC03524 (2)

この花も大泉のナーセリー、ハーブスタンドさんからいただいたバラ。

ずっとお世話になっているバラのナーセリーと雑貨のお店ですが、今年でバラの栽培をやめるそうです。とても残念です。

IMG_1665

ボニーはとても伸長力があるバラで、すでに1mを優に超えるシュートが何本もでています。

まだ咲き始めですが、咲き進んで大房になると一房の中が濃いピンクから薄いピンクの素敵なグラデーションを見せてくれます。

IMG_1704

今年は剪定が上手くいかなくて、フェンス全体にバランスよく配置することができませんでした。

つるを密に配置すると株全体が大きな花の塊になるほどの勢いがあるバラなので、少し強めの剪定をして余裕を持たせる筈だったのですが・・・ちょっとやり過ぎました。

DSC03540


それぞれのバラがどんな位置にあるかというと・・

ランブリングレクター

DSC03567

ウッドデッキの右半分に蔓がひろがっています。

ボニー

DSC03562

ウッドデッキの左半分を占めていますが、まだあまり咲いてなくて花が良く見えませんね

いろいろな花が咲いて一年で一番華やかな季節になりました。


本日のおまけ

ウッドデッキにプランターを置いて一年草を育てています。

IMG_1700

八重のインパチェンスにワイヤープランツ。

IMG_1708


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング


ランブリングレクターの剪定と誘引 and ラグドール猫日記

今日の八ヶ岳地方、空気が透き通っていて目の覚めるような晴天です。

日差しがとても暖かいです。


少し前からバラの剪定と誘引をしています。

今日紹介するのはつるバラ、ランブリングレクター。

私たちが山の家で初めて買ったバラ、既に5年以上経っているかと思いますが、このバラは大泉の薔薇のナーセリー、ハーブスタンドさんから購入したバラです。

その後も新しいバラを紹介していただいたり、何かにつけてお世話になっているナーセリーです。

標高の高い八ヶ岳の冬は零下15度になることもあります。

真冬の剪定は寒さで株を傷めることもあると教えていただき、我が家では3月に剪定を実施しています。

今年はとても暖かく、新芽がドンドン出ているので少し遅かったかなぁと、若干不安になりながらの剪定作業でした。


ランブリングレクターは、このブログのタイトル画像にもしている薔薇。

系統としてはランブラー、ハイブリッド・マルチフローラ。

白の小輪一季咲き。

とても花付きが良く、株一面真っ白い花に覆われます。

そして、花とともに一帯が甘い香りに包まれます。

剪定前のランブリングレクター。

DSC_0867

小枝が密生し、勢いのあるシュートが何本もでています。

ネットなどで調べると、棘も鋭く枝も堅いので誘引よりは樹木に這わせるのが良い、とあります。

DSC08612

ご覧の通り、鋭い棘がいっぱいですが、今更樹木に這わせるという訳にもいきませんので例年通り剪定と誘引をしました。

他の薔薇を知らなかったので、これが普通の薔薇だと思っていました。

その後バラの種類が増えるに従ってこのバラの”すごさ”が解ってきました。

実際、3年くらい前までは手が血だらけになっていました。

皆さん経験されていると思いますが、バラ用の手袋だと麻ひもが結びにくいんですね。


今年のテーマは古い枝の更新と全体に軽くすること。

ですが、思い切った剪定はやはり勇気がいります。

過去には剪定を躊躇した結果、密集し過ぎて株が倒れそうになったことが何回もあります。


今年の剪定・誘引後の写真をご覧ください。

株の右側です。
DSC08693

一番下の古い枝は残しましたが、全体として新しめの枝にすることができました。

枝数も減らして、枝と枝の間隔をすこし広くしました。

株のセンターです。
DSC08697

どうしてもシュートが左右に長く伸びますので中央付近は新鮮な枝が少なくなってしまいます。

枝が堅く枝の自然な向きに逆らう誘引は難しいので、逆向きに伸びたシュートを大事にします。

左側です。
DSC08697左

まだ古い枝が残っていますが、かなり思い切って剪定しました。

完成した全体の姿。
DSC08700

DSC08721

中央から右が3.7m、左が3.4m。

全長7.1m、高さ2mです。

試行錯誤の連続ですが、今年も綺麗に咲いてくれることを願っています。



本日のおまけ

ベルとミルク、いつもの緩い取っ組み合いです。
身体は大きいのにお兄ちゃんのベルにやられっぱなしのミルク。
新しい技で反撃に出ました。

必殺!うしろ回し蹴り

全く効果が無くて残念な結果になりました(笑)。

仲が良いのか悪いのか、2ショット写真です。
DSC08718


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

にほんブログ村


ラグドールランキング







白のつるバラ、今年のランブリングレクター and ペンステモン

昨日はピンクのつるバラ、ボニーを紹介しましたが、今日は白のつるバラ、ランブリングレクターを紹介します。

花径3cm半八重で大房咲き、株全体にびっしりと花が咲きます。

ランブラー系統で一季咲き、中香、伸長力旺盛でトゲが鋭く、強健、5mくらいまで伸びるとあります。

バラ栽培いまだに素人の私たちが4年前に初めて植えたバラがランブリングレクターです。

フェンスに誘引して育てていますが、文字通り壁一面が花でおおわれます。

中香とありますが実際はすごいですよ。 

むせるかえる程の甘~い香に包まれます。

そしてバラのそばに行くと甘い香りとともに、ものすごい数の蜂たちがブンブンと迎えてくれます。

2日前のランブリングレクターです。

ランブリングレクターIMG_2989
一番咲いているところを撮りました。

何日か前の咲き始め。

ランブリングレクター6230066
すべての花の花芯が黄色です。

半八重の花の拡大写真です。

ランブリングレクターIMG_2682
どの写真もそうですが、PCの方はクリックして拡大して見ていただけるといいと思います。
ダメな写真も拡大すると良くわかりますが・・・。(´;ω;`)

つぎは地面に近いところから2mを越える高さまでの株を横から撮ってみました。

ランブリングレクターIMG_2991
まだ一輪も散っていないのでこれからどんどん咲いてきます。

同じ場所の正面からのショットです。

ランブリングレクターIMG_3000

前にも載せましたが、誘引した時の同じ場所です。

P5090017ランブリングレクター

そしてデッキの上から見たランブリングレクター。

ランブリングレクターIMG_3038
下のピンクはボニーちゃんです。

今日のおまけ

昨年の春に植えた2種類のペンステモン。

ペンステモンIMG_2802

ペンステモンIMG_2804
ペンステモン・ハスカーレッド

ペンステモンIMG_2811

ペンステモンIMG_2809
ペンステモン・ダークタワー 銅葉がキレイ。

綺麗に咲いてくれました。
昨年の春にはもう一種類のペンステモンを植えたのですが、今年はうまく育ちませんでした。
ハスカーレッドとダークタワー、美しく咲いてくれたペンステモンに感謝です。



今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります。


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ギャラリー
  • ゲラニウム、ファエウムが咲き始めました
  • ゲラニウム、ファエウムが咲き始めました
  • ゲラニウム、ファエウムが咲き始めました
  • ゲラニウム、ファエウムが咲き始めました
  • ゲラニウム、ファエウムが咲き始めました
  • ゲラニウム、ファエウムが咲き始めました
最新コメント
プロフィール

paw

カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

名前
本文
  • ライブドアブログ