ベルと高原の家

八ヶ岳を望む高原の家でガーデニングを中心に3匹の猫たちとの日常をつづります。

 絆

シュラブローズ、シャルロット・オースチンと絆


山の家の庭ですが、少しづつバラを増やしています。

現在12種類のバラがあります。

選ぶときのポイントは耐寒性と耐雨性。

梅雨とバラの開花が一致する八ヶ岳、雨に強いかどうかは植えてみないと分からないのですが、概して大輪で薄い花弁のバラは難しいようです。

実際は欲しいと思ったバラを行き当たりばったりで植えているのが現状です。

今日はそんな風にして植えたバラを2種。

つるバラ「ボニー」の前に植えてある「シャルロット・オースチン」。

長坂町のホームセンターがまだJマートだった数年前に店頭で見て勢いで買った苗です。

今年少し元気になってきました。

花数も随分増えました。

DSC03751

シャルロット・オースチン、1993年にイギリスで作出されたシュラブ系のバラ。

名前ですぐわかりますが、デヴィッド・オースチンの作出したバラです。

IMG_2160

難しいと思っていましたが、説明によると強健とあります。

取り敢えず耐寒性は問題ありません。

何日か雨に降られていますが、今のところ頑張ってくれています。

IMG_2058

返り咲き性なので梅雨の後も咲いてくれるのが嬉しいですね。

IMG_2055

上の写真、背景のピンクは「ボニー」です。

IMG_2062



もう一つ勢いで買ったのが「絆」

東日本大震災のチャリティーローズです。

実はそれで買ったわけではなくて、ずっとアプリコット色のバラを探していて、近くの萌木の村の小さなお店でこの薔薇が売られていて、衝動的に持ち帰ったというのが本当の理由です。

DSC03968

「KIZUNA」は2012年にフランスのドミニック・マサドが作出した品種。

この薔薇もシュラブ系、カップ咲きで四季咲き性。

IMG_1983

期待どおりの美しい花。

ただ、育てるのは少し苦労しています。

太い枝が枯れたり、雨で花が傷む傾向があります。

シュートもあまり出てくれませんので樹形を整えることも難しいです。

IMG_2069




本日のおまけ

梅雨が始まると同時に咲き始めたランブラー系のつるバラ「ボニー」ですが、何回か雨に降られましたが何とか美しさを保っています。

今年はフェンスを高くしたのでリビングからバラを楽しむことができます。

DSC03983

このボニー、まだ枯れた花はほとんどありません。

上部に伸びているのは全てシュートです。

どこまで伸びるのか見当がつきません。

大きな壁やフェンスがあるお家にお勧めです。



今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング


秋にバラが咲く幸せ パート1 リモンチェッロと絆

我が家の薔薇は何度も紹介していますが、つるバラのランブリングレクターとボニーが代表品種です。

どちらも一季咲きのつるバラです。

花が咲くのが梅雨時に重なってしまう難点はありますが、咲いたときの見事さはやはり格別です。

ですが、咲き終わった後は翌年まで花のない期間が長く続きます。

せっかくの庭に花が無いのはやはり寂しいので、少し前から四季咲き・返り咲きの薔薇を少しづつ植えてきました。

まだまだ良い状態ではありませんが、9月になって花が咲き始めました。

一番元気なのはリモンチェッロ。

DSC03024
9月9日撮影

花だけでなく、蕾も可愛いんです。

IMG_8327
9月13日撮影

リモンチェッロという名前はイタリアのレモンから作られるリキュールに由来しています。

IMG_8439
9月14日撮影

西向きの中央花壇の真ん中に植えてあります。

リモンチェッロは修景バラに分類され、非常にたくさんの花が株全体に咲きます。

IMG_8463
9月14日撮影

咲き始めは鮮やかなレモンイエローでその後色は淡くなります。

花の形は典型的なバラの形とは趣が違って、柔らかい布がふんわり重なるように咲きます。

IMG_8733
9月22日撮影

一輪一輪の寿命は短いのですが、次から次と蕾があがって、今現在も多くの花が咲いていてとても見ごたえがあります。



次は絆と言う薔薇。

元々はフランスで作出された品種でフランス名もありますが、東日本大震災の折に売り上げの一部を復興支援に充てるということで名付けられたバラです。

私たちは昔からオレンジ色の薔薇が欲しかったということもあって、植えたものです。

DSC03016
9月9日撮影

6月は咲いた花が雨で傷んでとても残念な状態でした。

DSC03020
9月9日撮影

これまで小輪のバラばかりだったので、絆は特別大輪という訳ではありませんが薔薇らしいバラが咲いてくれた喜びが有ります。

IMG_8564
9月17日撮影

背景の青い色は青色フジバカマです。

IMG_8723
9月22日撮影

樹形は正直ひどい状態で全体をお見せすることは少しはばかられるのですが、存在感があってとても素敵なバラです。

ただ、どうしたら樹形が整うのか皆目見当がつきません。

なんだかんだ言ってバラはとても奥が深いと実感しています。


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング


ギャラリー
  • 山紫陽花:七段花
  • 山紫陽花:七段花
  • 山紫陽花:七段花
  • 山紫陽花:七段花
  • 山紫陽花:七段花
  • 修景バラ:リモンチェッロ
最新コメント
プロフィール

paw

カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

名前
本文
  • ライブドアブログ