ベルと高原の家

八ヶ岳を望む高原の家でガーデニングを中心に3匹の猫たちとの日常をつづります。

 ボタンヅル

似たものどおし パート3 センニンソウとボタンヅル

梅雨の長雨で山の家のクレマチスたちは散々な目にあいました。

10種類ほどのクレマチスを植えてあるにもかかわらず、葉も花も茶色に変色してほとんど紹介できる写真がありませんでした。

8月も半ばになってクレマチスの仲間、センニンソウが咲き始めました。

センニンソウの仲間でここ清里でよく目にする花=ボタンヅルの事を知ったのは一昨年の事でした。

そのボタンヅルが縁でセンニンソウを知り、庭に植えたのが昨年の春。

雨にも負けずに立派に育ってくれました。

IMG_7743

クレマチスにも利用している中型のオベリスクに這わせていたのですが、あっという間に上まで伸びて四方に懸崖のように蔓が垂れて花が咲いています。

DSC02711


DSC02710


IMG_7747


そしてボタンヅルです。

センニンソウによく似たボタンヅルは主に道路端の低木などに絡んで蔓を這わせています。

山の家の近くでは鹿などの動物除けの網のフェンスに絡んでいます。

キンポウゲ科センニンンソウ属、有毒植物。
IMG_7585

この写真でははっきりしませんが、葉がボタンに似ていて蔓性と言うことで名付けられたそうです。

センニンソウに比べると花弁が丸くて少し小さいのが特徴です。

その分シベが目立ちます。

懸崖になる感じはとても良く似ています。

もっと紹介したいのですが、そろそろ花が終わりと言うこともあって良い写真が撮れませんでした。

一昨年紹介した記事に何枚か写真を載せてあります。
http://bell222garden.blog.jp/archives/3114245.html


最後にセンニンソウのアップの写真

IMG_7772


IMG_7752


IMG_7759

センニンソウとボタンヅル、とても地味な花ですがどちらも大好きな夏の花。



今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります。


宿根草・多年草ランキング

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村




天使のはしごとボタンヅルの綿毛 and ラグドール猫日記

今日は一日雨で庭作業は全くできませんでした。

昨日も雲の多い一日だったのですが、そんな時でも山はそれなりの美しさを見せてくれます。

天使のはしご!

DSC09779

南アルプスから天使は降りてきてくれたのでしょうか?

天使にあまり縁のない我が家地方ですが、秋も深まってきました。


この時期、楽しみにしている山野草があります。

それはボタンヅル。

クレマチスの仲間でセンニンソウ属の山野草。

ボタンヅルは山の家の周囲には文字通り雑草として普通に見ることができます。

意識しなければ見過ごしてしまうような草です。

IMG_1738


IMG_1722


IMG_1726


IMG_1743


IMG_1745


IMG_1733

今日紹介した写真はカメラにマクロレンズを付けて手当たり次第に何枚も撮った中から選んだ写真です。

予測できない光の効果で様々な雰囲気の写真になります。


本日のおまけ

今日は一日雨でしたが、日没時の南アルプスに掛かる雲です。

DSC09785

なんでもない写真に見えますが、八ヶ岳の稜線の向うに幾重にも重なる雲が美しく見えました。


おまけのおまけ

ちょっと目を離している間にベルとミルク、こんなことになっていました。

DSC_0572

狭いかごに二匹で入っていました。

慌てて撮った写真、上はエクスペディア。

次はiPhone8plus

IMG_1973

似たような写真ですみません、どちらも若干トリミングしています。



今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村



人気ブログランキング

庭の様子、and ボタンヅル満開です。

8月後半の山の家の庭

花期の長いルドベキアが元気。

夏から秋にかけては欠かせない花になりました。

IMG_9756

このルドベキアはデアミー(小淵沢のミヨシペレニアルガーデンの小黒さん推薦のルドベキア)、左隣の白い花は四季咲きのバラ、リモンチェッロ。フロリバンダローズ。

リモンチェッロはつぼみが次々と上がって来て花が途切れることがありません。

芍薬に囲まれた窮屈な場所にあるので良い場所を選んで植え替える計画です。

リモンチェッロの名の由来はイタリアのレモンのリキュールから。

花色はもちろん黄色ですが、見ての通り開花するとあっという間に白くなります。

次は同じルドベキアですが、有名なタカオです。

IMG_9757

手前の青い花はロベリア・ブルーセレクション。

このロベリアはキキョウ科、ロベリア属。北アメリカ原産で、サワギキョウの近縁種ということです。

キキョウ科の花らしい繊細さや風情は少し欠けますが、この季節に元気に咲いてくれるありがたい花です。

少し引いて全体を写すとこんな感じです。

IMG_9755

両ルドベキア、よく似ていますが花が少し大きく花弁が細く長いのがデアミー、少し花が小さくて花弁が丸っこいのがタカオです。

手前の白い花はガウラ、奥の青い花は世界一青いと言われるムクゲ「ブルーサテン」です。


先日咲き始めの写真を紹介したばかりのボタンヅルですが見頃になりました。

一週間ほど前の写真ですがご覧ください。

RIMG_9747

きれいに咲きそろっています。

ツルが垂れて咲く姿がいい感じです。

IMG_9753

小さな花の塊が段々になって咲きます。

IMG_9748

とはいっても実際はツルが低木に絡みついて全体が花でおおわれる感じになります。


そして、このボタンヅルの仲間で我が家の庭に植えたセンニンソウ。

IMG_9655

随分咲き進みました。

株はまだ小さいのですが、蕾も多いのでしばらく楽しめそうです。

IMG_9658

ボタンヅルもセンニンソウも地味ですが、個人的には写真映えをするところが気に入ってます。

IMG_9657

両者はよく似た花ですが、花弁(萼片)が長いほうがセンニンソウで短いほうがボタンヅルです。

実際は葉が違うので見分けるのは難しくありません。


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

にほんブログ村



宿根草・多年草ランキング

クレマチスの仲間、清里のボタンヅル

前回センニンソウを見ていただきましたが、今日はボタンヅルです。

ボタンヅルはキンポウゲ科センニンソウ属のつる性半低木。漢字で書くと牡丹蔓。

学名はClematis apiifolia  クレマチスの仲間です。

IMG_9437

葉がボタンに似ていてつる性なのでボタンヅルと名付けられたようです。

センニンソウとは葉が違うのですが、花はとてもよく似ています。

IMG_9401

花弁に見えるのは萼片です。ボタンヅルの萼片は少し短くて丸みがあり、センニンソウの萼片は細く長いのが特徴です。

近くの低木に絡みついてその木を覆うようにツルを伸ばすところもそっくりです。

家のすぐ近くの路傍にあるボタンヅル。

IMG_9405

昨年とは比較できないほど大きく育ったボタンヅルの大株。まだ咲き始めでほとんどが蕾です。

半低木ということなので、株元をかき分けてみてみると旧枝咲きのクレマチスを思いっきり強力にしたようなツルの根元を確認することができます。クレマチスも育てばこうなるのかな?

IMG_9434

標高の高い清里ではこの時季本当に多くのボタンヅルを見ることができます。

心ここに在らざれば、 視れども見えず、聴けども聞こえずと言いますが意識すれば、え~ここにも!、あそこにも!というくらい見ることができます。

IMG_9408

上の写真も家の近くですが、3~4mの高さまで伸びています。

なんと電柱を支える控えのワイヤーに這い上がっているんです。

IMG_9438

とても美しい花だと思うのですが、園芸店で見ることは少ないようです。

IMG_9404

花もまだこれからなのに少し気が早いですが、このボタンヅル花後も楽しみ。

実というか種が綿毛に覆われてとても美しいんです。

本日のおまけ

昨年紹介した写真ですが、ボタンヅルの種子と綿毛再度アップします。

ボタンヅルIMG_2981




今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

にほんブログ村



宿根草・多年草ランキング 

クレマチスの原種=ボタンヅルの秋。and 秋の八ヶ岳の夕焼けと朝焼け

山が色づいてきました。

南アルプスのノコギリ岳を背景に雑木の山が秋色に染まりました。

ノコギリ岳IMG_3211

そして、昨日の夕焼けは不思議な雲の形を鮮やかな赤色で映し出していました。

夕焼け_B020003

一夜明けて、今朝の八ヶ岳、雲一つない快晴。

山の朝焼けを撮影することができました。

朝焼け_B030009




天候に恵まれ、気になっていた草の写真をやっと撮ることができました。

夏にボタンヅルの花を紹介しました(8月14日の記事)が、今日は秋のボタンヅルです。

ボタンヅル(牡丹蔓、学名:Clematis apiifolia )は、キンポウゲ科センニンソウ属の落葉つる性半低木。

クレマチスは庭に何株も育てているにもかかわらず、その原種であるセンニンソウやボタンヅルに興味を持つことはこれまでありませんでした。

そんな私がボタンヅルに関心を持つきっかけは、別荘に隣接する農道脇の獣除けの網に絡む繊細で美しいつる性の花を見つけてからでした。

その時ボタンヅルについて、ブログで知り合った皆さんから多くの事を教えていただきました。

秋のボタンヅルの種子と綿毛の美しさについても、その時に教えて貰ってなかったら見過ごすこと間違いなしです。

それくらい、ただの雑草=枯草にしか見えません。

長雨でずいぶん傷んでしまっていますがボタンヅルの種子と綿毛です。

ボタンヅルbIMG_3191


ボタンヅルIMG_2986

写真は一昨日と昨日の朝と昼、3回撮影したものをランダムにアップしています。

ボタンヅルIMG_2942

強い日の光を浴びているのは昨日の日中の写真です。

ボタンヅルIMG_2981


ボタンヅルIMG_3112


ここからの3枚は同じ花を撮っています。
同じ写真ではありませんが、少し角度を変えることで背景が変わります。
空と紅葉の雑木の山、そして高原野菜の畑。
これまでJPEGで撮影してせいぜい明るさを調整する程度でしたが、近くの友人と話していてRAWで撮影していると伺って、今回はRAWで撮影することにしました。
色温度も少し変えて、トリミングも少ししています。
残念ながらまだその場で構図を決める技術はありません。
まぁ、後から考えたからといってうまくいくわけではありませんが・・・。

ボタンヅルIMG_3170


ボタンヅルIMG_3162


ボタンヅルIMG_3174



ボタンヅルIMG_2983


ボタンヅルIMG_3242


ボタンヅルIMG_2984


ボタンヅルbIMG_3206


ボタンヅルIMG_3177




今日も訪問ありがとうございます。
ポチッとしてくださると励みになります

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

にほんブログ村


花・ガーデニングランキング
ギャラリー
  • ボタンヅルとセンニンソウ and  チビちゃん日記
  • ボタンヅルとセンニンソウ and  チビちゃん日記
  • ボタンヅルとセンニンソウ and  チビちゃん日記
  • ボタンヅルとセンニンソウ and  チビちゃん日記
  • ボタンヅルとセンニンソウ and  チビちゃん日記
  • ボタンヅルとセンニンソウ and  チビちゃん日記
最新コメント
プロフィール

paw

カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

名前
本文
  • ライブドアブログ