ベルと高原の家

八ヶ岳を望む高原の家でガーデニングを中心に3匹の猫たちとの日常をつづります。

 マツモトセンノウ

西洋クガイソウとマツモトセンノウの開花

ここ数年梅雨時に限らず豪雨被害のニュースを聞かない年はありません。

コロナも底知れぬ恐怖を感じますが、気候の変化も私たちの想像を超えるペースで進んでいるように感じます。

日照時間が長いといわれている八ヶ岳地方ですが、一昨年には驚くほどの雨が降り農道にあふれる水に驚いた記憶は鮮明に残っています。

南アルプスの天然水といわれるように豊かな地下水に恵まれた八ヶ岳です。

私たちの家の周囲にもいくつもの沢があり、地下水の恩恵にあずかっています。

その分水害に対してはどうなんだろうと、不安が消えることはありません。

ですが、そうは言っても八ヶ岳は雨が少ないことは確かです。

南アルプス、中央アルプス、八ヶ岳、富士山などに守られて台風や豪雨の被害が少ないのかなと素人ながら感じています。


水が豊かで雨が少ない!

そのことは八ヶ岳に家を建てた大きな理由でもあったのですが、今思うとガーデニングにとってもとてもありがたい環境だと言えるようです。

夏の花たちがすくすくと育って、紹介が間に合わないほどのペースです。

花の後を追いかける感じになっています。

何日も前から西洋クガイソウが咲いています。

DSC04474

日本のクガイソウと区別するために西洋クガイソウと書きましたが、一般的にはベロニカストラムとして知られています。

北西花壇のタカノハススキのそばに植えました。

DSC04475

京カノコが終わってシュウメイギクが咲くまでの夏の間をつないでくれる花。

DSC04476

日本のクガイソウにも言えることなのですが、病気に弱い傾向があります。

元気に育っていたと思ったら根元が腐って倒れることがよくあります。

害虫なのかも知れませんがよくわかりません。

IMG_2404

日本のクガイソウと比較すると花穂が大きく、一つの花茎から花穂が枝分かれするところが違うところです。

草丈もかなり高くなります。

にも関わらず、風情があって和のコーナーにあっても違和感は全く感じません。

DSC04473

青花のほかにピンクのベロニカストラムもあります。

IMG_2442

もう少し元気になってくれるとうれしいのですが・・・。


大好きなマツモトセンノウも咲いています。

DSC04741

銅葉のこの花は今年購入した株。

銅葉のマツモトセンノウは別の場所にもありますが、今年この場所用に追加しました。

多くの苗で言えることですが、育てられた環境のせいか購入した年の開花は早い傾向があります。

普通の緑のマツモトセンノウも咲き始めました。

これも今年植えた苗。

IMG_2444

翌年には清里に合わせた時期の開花になるものと思います。

少し遅れて、植えて何年か経つマツモトセンノウも咲き始めました。

DSC04691

これは花に絞りが入った品種。

DSC04777

同じセンノウの仲間のフシグロセンノウが咲くのはもう少し先です。



今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング


鮮やかなオレンジ マツモトセンノウの花

なかなか梅雨が終わらなくて少々うんざりしています。

カライトソウのピンクの花が咲き始めましたが花房が雨に弱いので心配です。

同じく咲き始めたモナルダ、こちらも背が高くて雨風が強かったりすると倒れる心配があります。


この時季いろいろな花が咲いていて、紹介が間に合いませんが遅くなっても少しづつアップしていきたいと思っています。

今日はマツモトセンノウです。

山の家の庭には銅葉のマツモトセンノウと斑入りのマツモトセンノウの2種類が植えてあってどちらも今が見頃、最盛期です。

7月7日、咲き始めです。

IMG_6480

黒に近い銅葉。

オレンジ色の花との対比が印象的です。

IMG_6763
7月11日

IMG_6857
7月13日

DSC02345

上の写真は今日のマツモトセンノウです。

花期が長いのも特徴で、本当にありがたいですね。



そして、斑入りのマツモトセンノウ。

少し遅く咲き始めました。

IMG_6738
7月11日

IMG_6734
7月11日

花茎が10本近く立っています。

花に斑が入ります。

IMG_7029


IMG_6964
7月16日

こちらのマツモトセンノウは桂の下に植えてあります。

DSC02328

ヤマアジサイ藍姫やホタルブクロも咲いています。

もう少しするとここにレンゲショウマとイワシャジンが咲き始めます。


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング






絞り花と銅葉、2種のマツモトセンノウ

今日の清里地方は午前中から雨が降るとの予報でした。

実はお客様の予定があってとても心配していましたが、曇ってはいましたが大降りになることも無くて楽しい一日を過ごすことができました。

八ヶ岳の山頂は雲に隠れていましたが、稜線はいつもの美しさを見せてくれました。


今日はマツモトセンノウを見てください。

6月に咲いたマツモトセンノウは既に花も終わってしまいましたが、7月に入ってもう一つのマツモトセンノウが開花しています。

ナデシコ科センノウ(リクニス)属。

解説によると起源や名前の由来など様々な意見や説が有るようです。

普通にネットや園芸店で購入することが可能で、一般に夏の山野草として扱われています。

私もこれまで山野草と信じて疑うことはありませんでした。

まぁ、それだけ山野草としての風情を保っていると言っていいのだろうと思います。

我が家には2種類のマツモトセンノウがあります。

絞り花の方。

絞りマツモトセンノウDSC06080

6月22日の写真。


絞りマツモトセンノウIMG_1133

植えて3年目、綺麗な絞りが入っています。

言われてみると確かに花はナデシコですが、実は最近までナデシコ科と言うことをを想像できませんでした。

ナデシコというと、あの細い茎と葉の印象が強いですよね。

絞りマツモトセンノウDSC06077

何はともあれ、良く咲いてくれました。



そしてもう一種のマツモトセンノウ。

7月に入って一気に開花しました。

こちらは昨年の春に植えたもの。

銅葉のマツモトセンノウです。

マツモトセンノウDSC06512

今日の写真。

鮮やかなオレンジ色の花と銅葉が印象的。

マツモトセンノウDSC06535

昨年より元気になって嬉しいです。

マツモトセンノウDSC06520

マツモトセンノウは白花とかいろいろな品種があるようです。

この地には合っているように思いますので他の品種も植えてみたいな思います。


他に、清里で見ることができる同種の花にフシグロセンノウがありますが、開花はもう少し先です。



本日のおまけ

マツバユリが咲きました。

マツバユリDSC06502

とても小さくて繊細なユリ。

昨年球根を3ケ植えたのですが、一球だけ育ってくれました。

残念ながら花は一輪だけ。

マツバユリDSC06501

ご覧の通り松の葉のような繊細な葉です。花の下にある葉はワレモコウの葉ですから花の小ささがわかるかと思います。



おまけのおまけ

タワーの穴から顔を出すミルク。

ミルクDSC06479

初めて会うお客様にも穏やかに接してくれました。

仲良くしてニャン。



今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング
ギャラリー
  • ボタンヅルとセンニンソウ and  チビちゃん日記
  • ボタンヅルとセンニンソウ and  チビちゃん日記
  • ボタンヅルとセンニンソウ and  チビちゃん日記
  • ボタンヅルとセンニンソウ and  チビちゃん日記
  • ボタンヅルとセンニンソウ and  チビちゃん日記
  • ボタンヅルとセンニンソウ and  チビちゃん日記
最新コメント
プロフィール

paw

カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

名前
本文
  • ライブドアブログ