5月も今日で終わり、明日から季節は夏に変わります。

それでも標高1100mにある山の家では、時に肌寒い日もあります。

植物たちの活動も平地に比べると一ヶ月ほど遅いように感じます。

クレマチスがやっと咲き始めました。

ほぼ同時期に開花したのが「桜姫」と「ハンショウヅル」。

ハンショウヅルは庭に植えて日が浅く、昨年は1~2輪咲いただけで鳴かず飛ばずでした。

それが今年は見事な変身を見せてくれました。

DSC01293

えっ?これがハンショウヅル?と思われた方もいると思います。

ハンショウヅルと言えば名前の通り、釣鐘型の花が一般的です。

園芸店に行ったときにたまたま出会ったのがこの「八重咲ハンショウヅル」でした。

釣り鐘型ではありませんが、これだけ花がついてくれたら納得するしかありません。

一見地味な色合いですが、写真映えのする花です。

DSC01297


DSC01299


DSC01300


DSC01305

ハンショウヅル
(半鐘蔓、学名: Clematis japonica Thunb)、キンポウゲ科センニンソウ属和名は、下向きに咲く花の形を半鐘にたとえたことに由来するwikipedia)

旧枝咲きで蔓が若干木質化するようです。

ハンショウヅルが皆このように咲いてくれるのであれば、本来の釣鐘型のハンショウヅルも育ててみたいですよね。


そしてもう一つ咲き始めたのが「桜姫」

庭に植えて相当に年数が経っているクレマチスです。

早咲きの品種で、毎年一番に開花します。
ここ数年調子が悪かったのですが、今年は少し良いようです。

IMG_1423 (2)


DSC01311

蕾もそこそこついています。

DSC01312

咲き始めは濃いピンク色で、徐々に白く変わっていきます。


本日のおまけ

DSC01285 (2)

朝の空気が気持ちいいベル君とチビスケです。



今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります 



にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング