とうとう梅雨に入りましたね。

今日は夕方激しい雨が降って予定していた苗の植え付けができませんでした。

梅雨になって一番悩ましいのがバラの開花とタイミングが合ってしまうこと。

標高1100mの清里高原ではこれから本格的なバラのシーズンが始まります。


庭では様々な花たちが次々と開花して心が躍る季節になってきました。

庭の様子です。

DSC03131

上の写真の左に見える赤い花が芍薬・ヒラリーです。

DSC02638

詳しい方がご覧になったら何か違うんじゃないかと言われそうです。

どう見てもヒラリーには見えません。

本来のヒラリーはこれです。

芍薬ヒラリーDSC05242

これは一昨年の写真です。

昨年今年、まるで先祖帰りしたかのように咲いているのは全て一重の花。

DSC02915

これはこれで美しいのですが・・・。

詳しい方に伺いたいですね。

DSC02975


そして今年も「氷点」が咲きました。

DSC02761

少しこじんまりしています。

実は窮屈になったのを解消するために移植をしました。

DSC02672

そのせいか少し体力が落ちているようです。

昨年は一つの花茎にたくさんの蕾がついて、摘蕾もしなかったのでかわいそうなことをしましたが、今年は花茎一本に花ひとつ。

ですが、花の美しさは変わりません。

DSC02673

花弁の間からかすかに見える神秘的な赤い色が「氷点」の特徴です。

DSC02674


DSC02675


DSC03027

「氷点」の上にピンクの蕾が見えますが、これは多分「波の華」という品種。

小さな苗を植えて今年初めての開花、咲いたらアップしたいと思います。

今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング