夏らしい気候になってきましたね。

標高の高い清里でも今日は日差しがあって、30度を越えるほどの気温になりました。

暑くなるのを見越して、庭仕事は午前中に済ましましたよ。

最近は清里といっても夏の暑さはかなり厳しいものがあります。

それでもあのうだるような暑さを思うと、さすがに東京の家に戻る気にはなりません。

コロナの事もあって正直身動きできないような状態ですが・・・。


庭の様子は少しづつ季節が変わっていくことを実感するようになっています。

秋の七草のひとつ「オミナエシ」が咲き始めました。

DSC07147

上は8月1日の写真、7月の終わりころから咲き始めました。

緑の中に黄色い花穂が映えます。

DSC07283

先日紹介したコオニユリの下の花壇にあります。

DSC07282

オミナエシ(女郎花、学名:Patrinia scabiosifolia)は、合弁花類オミナエシ科オミナエシ属 の多年生植物

アオダモの下、ここはタカノハススキを中心に秋らしい雰囲気になるコーナーですが、最初に咲くのがオミナエシです。

DSC07284

左に見えるにはサラシナショウマ、ワレモコウやシュウメイギクも近くに有ります。

夏から秋にかけてこの場所は庭の中心になります。


山の家のすぐ近くの農道沿いにはオミナエシの仲間のオトコエシも咲きだしました。

DSC07278

オトコエシ Patrinia villosa は、オミナエシ科の多年草。

花の色以外はとてもよく似た山野草です。

DSC07273

ほぼ雑草扱いで大事にされている雰囲気はありませんが、山野草店でも売られている花です。

DSC07276

こういった花がすぐそばで見られるのはやはりありがたい環境なんだなと思います。

DSC07274

蔓が絡まっていますが、よく見ると左下にあるのはボタンヅルですね。

このボタンヅルほどなく開花します。地味ですが美しいつる植物ですので、咲いたら紹介したいと思っています。



今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング