ベルと高原の家

八ヶ岳を望む高原の家でガーデニングを中心に3匹の猫たちとの日常をつづります。

山野草

西洋クガイソウとマツモトセンノウの開花

ここ数年梅雨時に限らず豪雨被害のニュースを聞かない年はありません。

コロナも底知れぬ恐怖を感じますが、気候の変化も私たちの想像を超えるペースで進んでいるように感じます。

日照時間が長いといわれている八ヶ岳地方ですが、一昨年には驚くほどの雨が降り農道にあふれる水に驚いた記憶は鮮明に残っています。

南アルプスの天然水といわれるように豊かな地下水に恵まれた八ヶ岳です。

私たちの家の周囲にもいくつもの沢があり、地下水の恩恵にあずかっています。

その分水害に対してはどうなんだろうと、不安が消えることはありません。

ですが、そうは言っても八ヶ岳は雨が少ないことは確かです。

南アルプス、中央アルプス、八ヶ岳、富士山などに守られて台風や豪雨の被害が少ないのかなと素人ながら感じています。


水が豊かで雨が少ない!

そのことは八ヶ岳に家を建てた大きな理由でもあったのですが、今思うとガーデニングにとってもとてもありがたい環境だと言えるようです。

夏の花たちがすくすくと育って、紹介が間に合わないほどのペースです。

花の後を追いかける感じになっています。

何日も前から西洋クガイソウが咲いています。

DSC04474

日本のクガイソウと区別するために西洋クガイソウと書きましたが、一般的にはベロニカストラムとして知られています。

北西花壇のタカノハススキのそばに植えました。

DSC04475

京カノコが終わってシュウメイギクが咲くまでの夏の間をつないでくれる花。

DSC04476

日本のクガイソウにも言えることなのですが、病気に弱い傾向があります。

元気に育っていたと思ったら根元が腐って倒れることがよくあります。

害虫なのかも知れませんがよくわかりません。

IMG_2404

日本のクガイソウと比較すると花穂が大きく、一つの花茎から花穂が枝分かれするところが違うところです。

草丈もかなり高くなります。

にも関わらず、風情があって和のコーナーにあっても違和感は全く感じません。

DSC04473

青花のほかにピンクのベロニカストラムもあります。

IMG_2442

もう少し元気になってくれるとうれしいのですが・・・。


大好きなマツモトセンノウも咲いています。

DSC04741

銅葉のこの花は今年購入した株。

銅葉のマツモトセンノウは別の場所にもありますが、今年この場所用に追加しました。

多くの苗で言えることですが、育てられた環境のせいか購入した年の開花は早い傾向があります。

普通の緑のマツモトセンノウも咲き始めました。

これも今年植えた苗。

IMG_2444

翌年には清里に合わせた時期の開花になるものと思います。

少し遅れて、植えて何年か経つマツモトセンノウも咲き始めました。

DSC04691

これは花に絞りが入った品種。

DSC04777

同じセンノウの仲間のフシグロセンノウが咲くのはもう少し先です。



今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング


カンパニュラの季節がやってきました

一年を通して降雨量が少ない八ヶ岳南麓地方ですが、前線が停滞する今はぐずついた日が続いています。

背が高くて倒れやすい花たちに支柱を立てる作業を、雨に追われるようにやりました。

安心できる状態には程遠いのですが、少し雨が強くなると庭に出るのをためらってしまいます。

一季咲きのバラはほぼ終わりました。

雨は降っていますが、夏の花が咲きだしています。

今日はホタルブクロの仲間を少し紹介します。

最初に咲きだしたのは洋種のホタルブクロ。

IMG_2100

濃い青色のカンパニュラで、とても花付きが良い品種です。

IMG_1782

写真は先月のもので、今日の時点で花はほぼ終わりになっています。


そして、そのすぐ隣にあるのがイトシャジン。

IMG_2297 (2)

ヨーロッパ原産で、洋名はカンパニュラ・ロツンディフォリア。

細い糸のような花茎を持ったカンパニュラですが、見た通り葉も細くて花もとても小さな種類です。

IMG_2330

とても細い花茎が長く伸びるため自立して咲くのは難しい花で、周りの植物に絡ませて咲かせるのが良いように思います。

なかなか難しいのですが、今年は昨年よりは良い感じに育っています。

DSC04107

青花と白花を植えたのですが、白は消えてしまいました。

IMG_2400 (2)


DSC04109


最後に紹介するのはラクティフローラ種のカンパニュラ。

DSC04273

まだ咲き始めのころの写真。

昨年は花茎が倒れてしまい、とても見苦しい姿になってしまいました。

今年は早い段階で株の周囲をワイヤーで囲って倒れるのを防ぐことにしました。

IMG_2415

そのためもあってか、雨が降り続く中しっかり咲いてくれています。

花の数も増えました。

DSC04736

白と淡いブルー、同じ場所で並んで咲いています。

DSC04731


本日のおまけ

山の家には元々自生のホタルブクロがあって大事にしてきたのですが、今では庭中いたるところにホタルブクロが育っています。

少しというかかなり多すぎるくらいなのですが、一昨日最初の一輪が咲きました。

DSC04743


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング


庭の様子 夏を待つ草花たち

昨日は梅雨の雨対策として倒れやすい草花に支柱をたてる作業をしました。

マツモトセンノウ、カラマツソウ、ホトトギス、ユリなどです。


山の家の庭=特に洋花のほうは今様々な宿根草が開花して一年で最も華やかな時を迎えています。

ところが、和のコーナーはこの時季これと言って花がありません。

山野草の開花は春と夏に集中しているように思えます。

早春から春かけては雪割草、フクジュソウ、イチリンソウ、二輪草、クリスマスローズ、サクラソウ、ヒトリシズカ、水仙などが、土色一色の春の庭をを多くの山野草が彩ってくれます。

梅雨に入った清里高原、今咲いている山野草はごくわずか。

八重咲ドクダミ

IMG_1859

IMG_1860


ユキノシタ

IMG_1775

地味です。とても小さな大文字草のような花をたくさんつけていますが・・・。

まぁ、花を見る植物ではないですよね。

キョウカノコは元気に咲きだしました。

IMG_1780

となりの白花キョウカノコもチラホラ咲いています。

IMG_1781

咲き始めの美しさは格別です。

IMG_1923

このほかミヤコワスレ、クリンソウ、ヤマオダマキなどが咲いていますが、梅雨の時期の山野草コーナーは少し寂しいです。


来るべき夏に向けて英気を養っている山野草たちの今の姿を記録をかねて紹介します。

ホトトギス
IMG_1887

カリガネソウ
IMG_1885

ヤマアジサイ・紅
IMG_1886

斑入りトリカブト
IMG_1888

ヤマアジサイ・伊予の十字星
IMG_1907

カラマツソウ・シキンカラマツ
IMG_1896

ヤマユリ
IMG_1897

コオニユリ
IMG_1899

カワラナデシコ
IMG_1904

クガイソウ
IMG_1905

レンゲショウマ
IMG_1906

フシグロセンノウ
IMG_1912

夏が待ち遠しい山野草コーナーです。

今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング


美しいシナノナデシコ and ガビチョウの子育て

夕方から雷の音が聞こえるようになったと思ったら、突然激しい雨。

ほんの10分足らずの間でしたが猫も驚いて雲隠れするほどの豪雨。


5月20日に富士見町の山野草専門店で購入したシナノナデシコが咲きました。

買ったときは小さな蕾だけの苗で、果たしてどんな花が咲くのか基礎知識ゼロで持ち帰った苗でした。

DSC01349 (2)

シナノナデシコDianthus shinanensis、信濃撫子)は、ナデシコ科ナデシコ属多年草。本州中部に分布する。別名をミヤマナデシコ(深山撫子)という。=Wikipedia

数年前に同じナデシコ科のタカネビランジを植えたことがあるのですが、上手く育ちませんでした。

今回は見た目にもナデシコっぽいのと苗もとても大きかったので少し期待していました。

4日ほど前から開花し始めました。

DSC01874

咲き始め、花も予想外に大きくて色も鮮やかです。

2株あるのですが、微妙に色が違います。

DSC01928 (2)

少し濃いのと、薄いのと。

DSC01929

花の中央の赤い丸が可愛いですね。

花弁の切れ込みは少ないですが、葉といいとてもナデシコらしい雰囲気を持った花です。

DSC02025

花付きもとても良いですね。

DSC02026

山地の河原や荒れ地、礫地などに生育するということなので、育てるのはそれほど難しくないように思います。

ただ、株の寿命はあまり長くないようです。

DSC02034


DSC02035

ナデシコが好きだということもありますがとても気に入りました。


本日のおまけ

園芸用の道具棚の上で小鳥が抱卵している話をしましたが、野鳥の世界は今が繁殖の季節。

山の家の真ん前でガビチョウが子育てしています。

普段なら人の姿を見れば隠れてしまうところを、今は雛の為とても我慢強く感じます。

餌を咥えて巣に戻るところです。

DSC02006

警戒しています。

DSC02009

何度も周囲を伺います。

DSC02011

急いで巣に向かいます。

DSC02014

巣には直行せずに少し離れたところから入ります。

DSC02017

最後まで警戒は怠りません。

DSC02019

巣があるのはつる草でできた藪の中。

DSC02021

巣は大きな山になっているところの上の方にあります。

ガビチョウは特定外来生物に指定されており、日本の侵略的外来種ワースト100にも選ばれているとても悪い野鳥ということになっています。

姿はあまり美しいとは言えませんが、ヒタキ科らしいとても美しい鳴き声を持っています。

健気に子育てをしている姿は本当に可愛くて元気に巣立つことを願わずにはいられません。

今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村 


宿根草・多年草ランキング


庭の様子、チョウジソウとミヤコワスレ

昨夜の清里地方、短時間でしたがヒョウ(雹)が降りました。

薔薇レイニーブルーと芍薬の花は少しダメージを受けました。

一番がっかりしたのは一本しかないクレマチス・プリンセスケイトの新芽の先が折れてしまったこと。

今日は雲が多いなりに晴れ間もあって過ごし易い一日になりました。

山の家では山野草をカツラ、ジューンベリー、ツリバナといった樹木を植えてある南東の庭と北側の庭に植えてあります。

朝日が当たって、夏は木陰を作ってくれる半日陰の場所です。

唯一例外が今日紹介するチョウジソウです。

数年前に西日の強い南西の花壇に植えたのですが、あまりにも過酷な場所だったので中央花壇の草花の影になる場所に移植しました。

ここです。

DSC01266

まだ咲き始めですがとても元気です。

DSC01272

つるバラ「ボニー」のフェンスの前にあります。

IMG_1369

もう少し咲き揃ってからにすればよいのですが、どうしても我慢できなくて・・・。

IMG_1371

成長する姿を見るのが毎日の楽しみです。

IMG_1373


もう一つ咲きはじめたのが ミヤコワスレ。

IMG_1323


IMG_1322

ミヤコワスレはキク科 / ミヤマヨメナ属の園芸品種。

IMG_1240

キク科の花は多いのに、ミヤコワスレは特別な風情があって好きです。

IMG_1242


IMG_1256 (2)

ミヤマオダマキと白花サクラソウを囲うように植えてあります。

DSC01274


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村 


宿根草・多年草ランキング


ギャラリー
  • 山紫陽花:七段花
  • 山紫陽花:七段花
  • 山紫陽花:七段花
  • 山紫陽花:七段花
  • 山紫陽花:七段花
  • 修景バラ:リモンチェッロ
最新コメント
プロフィール

paw

カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

名前
本文
  • ライブドアブログ