ベルと高原の家

八ヶ岳を望む高原の家でガーデニングを中心に3匹の猫たちとの日常をつづります。

山野草

極寒の北ガーデン ヒオウギアヤマ、ミヤコワスレ、ハンショウヅルなど

山の家は眺望ファーストで計画したため、真西を向いて建っています。

東側は駐車場、南側には薪小屋があって西側と北側に多くの草花を植えて楽しんでいます。

お世辞にもガーデニング向きとは言えない配置ですね。

西日ガンガンのメインガーデンには主に洋花を植え、北側は主に山野草中心の和の庭となっています。

中でも建物の真下にあたる北側のエリアは冬余りにも冷え込むので、半ば諦めていたのですが・・・。

段々植える場所が無くなってきたこともあって、少し前からあれこれ植えはじめました。

今日はそんな庭の様子を紹介します。

現在の庭の様子です。

DSC01526のコピー


DSC01533のコピー2

ずっとこの場所は自生のシダとギボウシ、フウチソウに任せていましたが、恐る恐る植えた植物が意外に元気に育ってくれています。

今咲いているのが昨年植えたヒオウギアヤメ。

DSC01536

水辺のアヤメということですが、普通に植えて大丈夫でした。

_5280030のコピー


_5260121のコピー



先日まで楽しませてくれたキバナカタクリが咲いていた場所で今咲いているのが、ミヤコワスレです。

_5310032のコピー

濃い紫は「みのる紫」という品種。

DSC01518のコピー

ミヤコワスレの下の方に花の終わったカタクリの葉が見えますね。

_5310042のコピー



咲きはじめたばかりのハンショウヅル。

八重咲きの品種です。

_5310036のコピー


_5310021のコピー


_5310034のコピー



存在感たっぷりのギボウシは耐寒性に心配がなくてだいぶ前から何種類か植えてあります。

フランシスウィリアムス、サガエ、ホイールウィンドなどです。

DSC01537のコピー

黄色の斑が美しいサガエ。

その横はコアジサイ、その上にはアヤメと山アジサイなど。

下の写真、中央のギボウシがフランシスウィリアムス、その左にホトトギス、右にはマツモトセンノウ。

DSC01529

何を植えても意外に大丈夫でした。

写真では紹介できませんでしたが、この他にも清澄シラヤマギク、サラシナショウマ、クレマチス蝋口などが植えてあります。

この場所に限りませんが、庭では様々な花が一斉に咲きはじめています。

我が家の庭づくりはあまり計画的とは言えず手探りのガーデニングですが、茶色一色だった庭が緑で覆われ、次々と花が咲き始める今の季節は一年の中でも最もワクワクする時と言えるかもしれません。


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング

咲き始めた山野草たち ヒトリシズカ、ミヤマオダマキなど

山野草が好きであれこれ山の家の庭に植えてあります。

球根類に続いて山野草が咲きはじめました。

どれも園芸店で購入して庭に植えたものです。

ヒトリシズカです。

ヒトリシズカ2

我が家にはご覧のように色の違うヒトリシズカがあります。

一人静か

ヒトリシズカはセンリョウ科ヒトリシズカ属の多年草。

花弁のない穂状の花をつけますが、葉が開く前のこの時季の姿がとても魅力的で、これが人気の秘密なのかなと思います。

この花は山の家の周辺でも林道沿いや沢の近くなどで群生しているのを見ることが出来ます。


ミヤマオダマキ

ミヤマオダマキは、キンポウゲ科オダマキ属の多年草。

ミヤマオダマキ1

オダマキは幾つか植えてありますが、真っ先に咲いた花。

オダマキの中でもミヤマオダマキが個人的に一番好きな花です。

育てるのが難しい花で、何年も育てていますがここに植えれば大丈夫という場所がいまだに見つかっておりません。

写真は昨年桂の下の斜面に植えた株ですが予想外に良く育ってくれました。

ミヤマオダマキ2


ミヤマオダマキ4


サクラソウ

サクラソウはサクラソウ科サクラソウ属の多年草。

サクラソウ

山の家の周辺にはこのサクラソウも自生しています。

我が家では地元の園芸家の方が育てた苗を見つけたときに購入して植えています。

今年もひまわり市場で販売していたので買ってしまいました。

白花もあります。

白花サクラソウ

自生しているだけあって環境があっているのか、丈夫に育っています。

仲間のクリンソウも咲き始めました。


バイモユリ

ユリ科、バイモ属の球根植物。

バイモユリ2

昨年は咲いた花芽を何者かに食べられてしまい、花を見ることが出来ませんでした。

バイモユリ

今年3株あるうちの2株に花芽が立ちました。

上の写真の様に葉が繁っている株もあればほとんど花茎一本だけの株もあったりして、なかなか上手く育ちません。

もう少し時間が必要なのかもしれませんね。


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村 


宿根草・多年草ランキング


庭の様子 イカリソウとタイツリソウ(ケマンソウ)

イカリソウが咲き始めました。

今咲いているのはいつ植えたかもわからなくなった大株のイカリソウ。

品種名も不明ですが毎年真っ先に咲き始め長く楽しませてくれます。

75444019-7DC5-4A2D-AF9E-FD9CF93A09A2のコピー

同じ株の表と裏です。

11DD0BFA-A9CD-4CF3-BB64-FDC6D736F6ADのコピー

突き出した錨(イカリ)のような形をしていることからイカリソウという名になりました。

メギ科の多年草。

F36FC2D0-07F7-4AEC-9370-57AF80073A3Fのコピー


FC4D7472-2313-48D8-9016-8AD385EBB717のコピー


8042C681-01BE-4609-B2EF-AC96EEA7C06Dのコピー

このイカリソウがあるのは桂の下。

この当たり一帯がイカリソウの群落と化しています。

これから咲く種もありますが、今咲いているのは白花のイカリソウ。

FCD989A2-C26B-4F21-AA7E-C0073E70E6A3のコピー


EA7C1509-D90B-4458-95CD-8FC76BB66330のコピー



タイツリソウ(ケマンソウ)の大株も今が見頃です。

702A6F5C-E5D4-4338-B4CA-0BF300B82D38_1_201_aのコピー

ケシ科、ケマンソウ亜科、コマクサ属の多年草。

27F90E01-CB78-4C51-8B36-54637520BF0A_1_201_aのコピー

先日の遅霜で花芽が4本ほどやられてしまいましたが驚くほど元気な花を見せてくれています。

DE8C3A5E-3680-492B-B829-8E1667606A51_1_201_aのコピー

ハート形の花が印象的。

別名bleeding heart(血の垂れる心臓)とも言われています。

全体の姿はこんあ感じです。

DSC00317

これから開花するケマンソウがほかにも何株かありますので、しばらく楽しめそうです。

今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村 


宿根草・多年草ランキング


早春の花たち 雪割草・カタクリなど

暖かい日が続いたと思ったら、明け方零下5度近くまで冷え込み、うっすらと霜が降りたりして植物にとっては油断できない季節です。

クリスマスローズは地面につくかと思われるくらい頭を垂れて、大丈夫かなと心配でしたが、日が昇るにつれて復活。

温室は夜半に電気を入れ、5度から10度くらいを維持しています。

先日より咲き始めていた雪割草が咲きそろってきました。

昨年の冬に中央道談合坂PAで購入した株。

DSC09296

DSC09144


DSC09136

DSC09279

雪割草の名の通り、冬をこしてくれ耐寒性に不安が無いことがわかりました。

今年も談合坂の売店で雪割草を2株購入して、現在温室で待機中。

今は花が終わってしまっていますが、購入した時の写真がこれです。

DSC07766

DSC07767

DSC07771

来年の春が楽しみです。

クロッカスに続いて球根類が咲き始めています。

カタクリです。

DSC09292

DSC09212

開花したのはこの一株ですが、昨年よりは多くの花を見ることが出来そうです。


チオノドクサとムスカリ。

DSC09202

DSC09207

DSC09151


毎年楽しみにしているダンコウバイの花。

DSC09248

見慣れた野鳥も美しく見えます。

DSC09233

ところで、野鳥たちのためのバードフィーダー、交換しました。

これまでのものが汚れて見苦しくなっていたので、綿半で買ってきました。

IMG_0313

このままではつまらないので、塗装しました。

DSC08132

郵便ポストと同じ色のミルクペイントのブルー、切妻屋根はキシラデコールで耐水塗装です。

カワラヒワも餌を取りやすそうです。

DSC09094


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村 


宿根草・多年草ランキ


庭の様子

清里も秋が深まってきました。

3日前の夕焼け
DSC00718

紅葉のピークはもう少し先です。

昨日(22日)は少し雨が降る予報も出ていましたが結局降らず、庭に出てこの秋の宿題を少しだけやりました。

今年の秋のテーマは花と花の間隔をあけること。

花たちが蒸れたのは雨のせいばかりではなかったと思います。

いくつかの花を移植しました。

花の終わった花穂や、枯れた葉を刈る作業に追われています。

和のコーナーではまだ咲いている花があります。

清澄シラヤマギク
DSC00726

イワシャジン
DSC00767

同じ仲間のホウオウシャジン
DSC00764

この花は葉が蒸れてひどい状態だったので少し明るい場所に移植しました。
来年に期待です。

ホトトギス
DSC00759

遅咲きの台湾ホトトギスも咲き始めました。
DSC00756

DSC00774

ダイモンジソウ
DSC00742 (2)

DSC00737

ホトトギスと同じユキノシタ科のジンジソウ
DSC00743

花も渋いですが、銅葉も渋い花です
DSC00768

取り敢えず今年の花は出尽くした感じがします。

洋花で咲いているのはガウラとサルビアガラニティカくらい。

水仙や原種系チューリップなどの球根も植えました。

少し来年に気持ちが行ってます。


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村 


宿根草・多年草ランキング


ギャラリー
  • 庭の様子
  • 庭の様子
  • 庭の様子
  • 庭の様子
  • 庭の様子
  • 庭の様子
最新コメント
プロフィール

paw

カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

名前
本文
  • ライブドアブログ