ベルと高原の家

八ヶ岳を望む高原の家でガーデニングを中心に猫のベルとの日常をつづります。

樹木

世界で一番青いムクゲ ブルーサテン


夏の花と言えば、私の家がある国立府中近辺では百日紅(サルスベリ)が一番目につきます。

街路樹然としたところに抵抗があったのですが、シックな白花もあったり花の少ない真夏に咲いてくれて、病気にも強いらしい。

丁寧に剪定されて姿の美しいサルスベリを見ると、これはこれで捨てたもんじゃないなと見直したりします。


八ヶ岳に来ると、この時季オレンジ色のノウゼンカズラがとても目立ちます。

高根町に大木がノウゼンカズラに覆われているところがあって、見飽きていると思われている方も一見の価値があります。

そんなサルスベリにもノウゼンカズラにも負けず劣らず夏を代表する花がムクゲです。

珍しくない花ですが、我が家にも一本のムクゲがあります。

IMG_7594

世界一青いムクゲと言われているムクゲ。

少し暗く映っていて、とても青く見えますが決して誇張ではなくこんなイメージで咲きます。

IMG_7569

数年前にバラクライングリッシュガーデンで買ったムクゲ。

以前にも紹介しましたが、ブルーサテンと言います。

DSC02626

陽の光を浴びるブルーサテン、今年も二日ほど前から咲き始めています。

一日花で今日咲いた花は翌日には萎れます。

それでもものすごい数の蕾が次から次と上がって来て、遠目からはずっと咲いているように見えます。

IMG_7616


IMG_7597


DSC02634


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

にほんブログ村 


宿根草・多年草ランキング


5月の花たち=備忘録 

6月に入って、清里の山々はだいぶ緑が濃くなってきました。

この時季になると八ヶ岳には雲がかかったり、晴れていてもどこかもやっとした感じになります。

DSC01738

昨朝の清里、高原野菜の収穫です。

夏の到来を感じさせてくれます。


5月は終わってしまいましたが、リアルタイムで紹介できなかった花たちを記録をかねてアップしたいと思います。

アオダモの花。5月23日と25日の撮影です。

DSC01350

昨年ほんの少し咲いて、今年は随分増えてくれました。

DSC01368

なんとか木全体が花で包まれるアオダモを見てみたいものです。

DSC01393


DSC01336

姿の美しいアオダモは山の家のシンボルツリーのひとつです。

DSC01406

左後ろがカツラの木。

そして、遠くに八ヶ岳と南アルプスの稜線を望むアングル。

DSC01414


次は庭の中央の花壇で比較的早めに咲き始める花。

ポテンティラです。バラ科 / キジムシロ属(ポテンティラ属)

キジムシロをはじめ、ミツバツチグリ、ミヤマキンバイなどが同じ仲間です。

5月19日と23日の撮影です。

IMG_3952

この株は何年も前に日の春ハーブガーデンで購入したもの。

横にひろがるものが多いようですが、我が家のは花芽が高く立ちあがるタイプ。

寒さにも強く年ごとに株が大きくなっています。

イチゴに間違えそうな葉が特徴ですが、ヘビイチゴも仲間だと聞いて納得です。

IMG_4140

バラ科ということもあって、ノバラのような白い花が咲きます。

IMG_3958


IMG_4144

違う色のポテンティラも欲しくなりました。


そしてビックリするほど鮮やかな花を持つトロリウス。

キンポウゲ科の多年草。

とても美しい花を咲かせてくれます。5月23日25日27日の撮影です。

IMG_4149

鮮やかな山吹色の花弁の中に来いオレンジ色のしべが印象的な花。

IMG_4543

写真に撮ると、この色の違いがうまく出ないので苦労しました。

黄色一色になっちゃうんですね。

IMG_4547

2箇所に植えてあるのですが、半日陰でしっとりした場所が良いようです。

日当たりが良くて乾燥気味の場所に植えてあるほうはまだ花芽が立っておりません。

IMG_4350

咲いているトロリウスが植えてあるのはつる薔薇ランブリングレクターの足元。

おまけで5月31日のトロリウスを載せます。

IMG_4750


IMG_4752



今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング


オトコヨウゾメの白くて可愛い花

山の家の隣の敷地でこの花は咲いています。(そろそろ終わりですが・・・。)

ここは植林されたカラマツ林で、道路沿いにガマズミ、この花の奥には野生のムラサキシキブがあります。

正直に話しますと、つい先ほどまでこの花の名前がわかずジタバタしていました。

樹木の図鑑が5冊もあるのに出ていなかったり、写真が実際の花とあまり一致しなくて苦労していました。

赤い実が付くのは分かっていました。

ネットで赤い実を検索してやっと探し当てることができました。

近くの知人から何度も説明を受けていたにもかかわらず頭に入ってなくて、樹木は本当に難しいと思います。

オトコヨウゾメはスイカズラ科ガマズミ属落葉低木

可愛い花が咲きます。

DSC01141

花の咲き方はこんな感じ。

DSC01139

良く咲いていますが、昨年の秋に実った赤い実はチラホラでした。

DSC01134

ガマズミの仲間は上向きに花を付けるということですが、オトコヨウゾメは垂れて咲きます。

IMG_4328

DNA解析による新しいAPG植物分類体系ではレンプクソウ科に分類されています。

IMG_4325

紅葉もとても美しいので、秋が楽しみです。

今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング



ツリバナの可愛い花

ツリバナの花が咲いています。

ツリバナはニシキギ科ニシキギ属の落葉低木

ニシキギ科の仲間はニシキギを筆頭にツリバナ、マユミ、ツルウメモドキなどがあります。

山の家の周辺でも自生するニシキギとツルウメモドキは普通に見ることができます。

ニシキギ科の仲間は図鑑で見るとよく似た花と実を付けます。

なかでもツリバナはその名の通り秋に真っ赤な実を吊り下げます。

山の家には約17年前に植えた大きなツリバナがあります。

IMG_4519

樹高4mくらいはあります。

昨年あたりから花付きがとても良くなりました。

IMG_4493

花は1cmに満たないほどの大きさで、とても地味な花です。

正直撮影がとても難しくて満足のいく写真はほとんど撮れません。

IMG_4527

鮮やかな花のアップは無理なので、雰囲気を感じていただければと思います。

IMG_4300


IMG_4292

秋には美しい紅葉と真っ赤な実を見せてくれることでしょう。


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング

ガマズミとミヤマザクラの花、and 八ヶ岳の夕焼け

昨日は不思議な夕焼けがありました。

DSC01351

シルエットに見える筈の南アルプスが赤く染まっています。

少しですが八ヶ岳も赤みがさして紫色に見えています。

真下に行ったら空はどんなふうに見えるんでしょうか。


山の家の近くでガマズミの花が咲いています。

昨年も書きましたが、ミヤマガマズミかもしれません。

ミヤマガマズミ(深山莢蒾、学名:Viburnum wrightii )ガマズミ(莢蒾、学名:Viburnum dilatatum
は、共にレンプクソウ科ガマズミ属落葉低木

一年経ちましたが、いまだに疑問は残ったままです。

DSC01168


DSC01179

まだまだ小さい木ですが随分成長しました。

IMG_4028


IMG_4033


IMG_4034



そして、ガマズミとほぼ同じ場所に咲くミヤマザクラ。

私がこの花を知ったのは昨年の事。

それも山の家の隣の敷地に自生してます。

ミヤマザクラはヤマザクラの中でも最も遅く咲く桜だそうです。

(今も咲いているウワミズザクラは桜の名が付いてはいますがウワミズザクラ属ということで、サクラ属のヤマザクラとは別にみられているようです。)

家の周囲にあるいくつかのヤマザクラはすでに散って葉桜となっています。

一番の特徴は枝の先に長さ4-8cmの総状花序をつけます。

簡単に言うと、このサクラの花は下を向かずに房になって上を向いて咲きます。

DSC01286

もう一つの特徴は葉が完全に展開した後に咲くこと。

DSC01176

ミヤマザクラの仲間は中国に5種ほどあるそうですが、日本にあるのはこの一種のみ。

花弁の先は一般のサクラ特有のくぼみが無く円形です。

IMG_4079


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング

ギャラリー
  • 久しぶりのホームパーティー
  • 久しぶりのホームパーティー
  • 久しぶりのホームパーティー
  • 久しぶりのホームパーティー
  • 久しぶりのホームパーティー
  • 久しぶりのホームパーティー
最新コメント