ベルと高原の家

八ヶ岳を望む高原の家でガーデニングを中心に猫のベルとの日常をつづります。

樹木

オトコヨウゾメの白くて可愛い花

山の家の隣の敷地でこの花は咲いています。(そろそろ終わりですが・・・。)

ここは植林されたカラマツ林で、道路沿いにガマズミ、この花の奥には野生のムラサキシキブがあります。

正直に話しますと、つい先ほどまでこの花の名前がわかずジタバタしていました。

樹木の図鑑が5冊もあるのに出ていなかったり、写真が実際の花とあまり一致しなくて苦労していました。

赤い実が付くのは分かっていました。

ネットで赤い実を検索してやっと探し当てることができました。

近くの知人から何度も説明を受けていたにもかかわらず頭に入ってなくて、樹木は本当に難しいと思います。

オトコヨウゾメはスイカズラ科ガマズミ属落葉低木

可愛い花が咲きます。

DSC01141

花の咲き方はこんな感じ。

DSC01139

良く咲いていますが、昨年の秋に実った赤い実はチラホラでした。

DSC01134

ガマズミの仲間は上向きに花を付けるということですが、オトコヨウゾメは垂れて咲きます。

IMG_4328

DNA解析による新しいAPG植物分類体系ではレンプクソウ科に分類されています。

IMG_4325

紅葉もとても美しいので、秋が楽しみです。

今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング



ツリバナの可愛い花

ツリバナの花が咲いています。

ツリバナはニシキギ科ニシキギ属の落葉低木

ニシキギ科の仲間はニシキギを筆頭にツリバナ、マユミ、ツルウメモドキなどがあります。

山の家の周辺でも自生するニシキギとツルウメモドキは普通に見ることができます。

ニシキギ科の仲間は図鑑で見るとよく似た花と実を付けます。

なかでもツリバナはその名の通り秋に真っ赤な実を吊り下げます。

山の家には約17年前に植えた大きなツリバナがあります。

IMG_4519

樹高4mくらいはあります。

昨年あたりから花付きがとても良くなりました。

IMG_4493

花は1cmに満たないほどの大きさで、とても地味な花です。

正直撮影がとても難しくて満足のいく写真はほとんど撮れません。

IMG_4527

鮮やかな花のアップは無理なので、雰囲気を感じていただければと思います。

IMG_4300


IMG_4292

秋には美しい紅葉と真っ赤な実を見せてくれることでしょう。


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング

ガマズミとミヤマザクラの花、and 八ヶ岳の夕焼け

昨日は不思議な夕焼けがありました。

DSC01351

シルエットに見える筈の南アルプスが赤く染まっています。

少しですが八ヶ岳も赤みがさして紫色に見えています。

真下に行ったら空はどんなふうに見えるんでしょうか。


山の家の近くでガマズミの花が咲いています。

昨年も書きましたが、ミヤマガマズミかもしれません。

ミヤマガマズミ(深山莢蒾、学名:Viburnum wrightii )ガマズミ(莢蒾、学名:Viburnum dilatatum
は、共にレンプクソウ科ガマズミ属落葉低木

一年経ちましたが、いまだに疑問は残ったままです。

DSC01168


DSC01179

まだまだ小さい木ですが随分成長しました。

IMG_4028


IMG_4033


IMG_4034



そして、ガマズミとほぼ同じ場所に咲くミヤマザクラ。

私がこの花を知ったのは昨年の事。

それも山の家の隣の敷地に自生してます。

ミヤマザクラはヤマザクラの中でも最も遅く咲く桜だそうです。

(今も咲いているウワミズザクラは桜の名が付いてはいますがウワミズザクラ属ということで、サクラ属のヤマザクラとは別にみられているようです。)

家の周囲にあるいくつかのヤマザクラはすでに散って葉桜となっています。

一番の特徴は枝の先に長さ4-8cmの総状花序をつけます。

簡単に言うと、このサクラの花は下を向かずに房になって上を向いて咲きます。

DSC01286

もう一つの特徴は葉が完全に展開した後に咲くこと。

DSC01176

ミヤマザクラの仲間は中国に5種ほどあるそうですが、日本にあるのはこの一種のみ。

花弁の先は一般のサクラ特有のくぼみが無く円形です。

IMG_4079


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング

清里はウワミズザクラが満開です。

今朝は天気予報の通り、大雨でした。

草花はまだそれほど大きくなっていないので、特に被害は無かったのですが、ジギタリスやデルフィニウムは雨の重さでも倒れてしまうことがあるので、事後作業でしたが支柱で補強を施しました。

雨は昼頃まで降りましたが、雨が上がり空気が洗われて澄み切った時が大好きです。

陽が差してきて水蒸気があがってくるまでのわずかな時間がとても貴重に感じます。

DSC01198

空気感まではお伝え出来ませんが、新緑に映える八ヶ岳です。

DSC01202

山の雪はほとんど溶けています。



清里地方は花壇の草花だけでなく木々の花も咲き始めています。

今一番目立つのはウワミズザクラ。

車で走ると、こんなに多かったのかと思えるくらいのウワミズザクラが咲いています。

サクラと言ってもサクラらしい花姿ではなく白いブラシ状の花を付けます。

DSC01099

少し前まで咲いていたネコヤナギの花を少し大きくして白くした感じです。

DSC01100

この木は山の家の隣にある木。

DSC01096

日当たりが良くなって咲くようになりました。

DSC01188


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング



カミキリムシ(テッポウムシ)対策、我が家の場合。

5月も半ばを過ぎて、寒冷地の庭にも様々な花が咲き始めています。

心躍る毎日ですが、今日はちょっとネガティブな話題。

お庭でバラや樹木を育ててらっしゃる方も多いと思いますが、皆さん病害虫対策はどうされていますか。

自然が一番!、とは言いながらもひどい被害にあうとなんとかしなければという気持ちになります。

今年は春先にジューンベリーの剪定をしたのですが、その際に一番太い幹に大きなカミキリムシが入り込んでいることが判明しました。


IMG_4008

大きな穴が開いていますが、薬剤を入れたところ5cm以上もあろうかというカミキリムシ(多分そうではないかと・・)の幼虫が出てきました。

幹と幹が交差していたのですが、残した方の見えないところに穴があけられていました。

こんなことがあって、注意深く庭を見てみたら他にもかなり危険なところが見つかりました。

つるバラ、ランブリングレクターです。

IMG_4013

ぐるっと一周食われて、写真では写っていない下側に大きな穴が開いていました。

既に幼虫はいなかったので今年の被害ではないように思います。

この枝は辛うじて生きていて、今年もなんとか花を咲かせてくれるように思いますが、本当に危ないところでした。



そして、分かっていながらしょっちゅうやられているのがアオダモです。

IMG_4010

アオダモは虫にとって大好物のようで、何か所も被害にあっています。

IMG_4012


IMG_4009

植えた当初美しい花を見せてくれたアオダモですが、このところ調子が悪く咲いてもほんの少しといった状態が続いています。

原因は分かりませんが、カミキリムシによる食害の影響もあったのかな、と思っています。

カミキリムシの幼虫は草むらから木に登って幹に入る、とどこかで読んだことがあります。

アオダモとジューンベリーの根元は草花がびっしり生えていて近づくこともできないような状態でした。

そこで木の根元近辺の草花を取り除いてバークチップでスッキリさせることにしました。

IMG_4020

ジューンベリーです。

予防方法はほかにもあると思いますが、これは木の為だけでなくここを足場にこれまで届かなかった場所のメンテナンスがとてもやりやすくなりました。

同様にアオダモも綺麗にしました。

IMG_4023

薔薇は既に昨年の秋バークチップで株元を覆いました。

これをやっても被害を完全に防ぐことは難しいと思いますので、普段の見守りが大事なことは言うまでもないように思います。


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング


















ギャラリー
  • ニッカポッカにゴージャスな尻尾
  • ニッカポッカにゴージャスな尻尾
  • ニッカポッカにゴージャスな尻尾
  • ニッカポッカにゴージャスな尻尾
  • ニッカポッカにゴージャスな尻尾
  • ニッカポッカにゴージャスな尻尾
最新コメント