ベルと高原の家

八ヶ岳を望む高原の家でガーデニングを中心に3匹の猫たちとの日常をつづります。

宿根草

西洋クガイソウとマツモトセンノウの開花

ここ数年梅雨時に限らず豪雨被害のニュースを聞かない年はありません。

コロナも底知れぬ恐怖を感じますが、気候の変化も私たちの想像を超えるペースで進んでいるように感じます。

日照時間が長いといわれている八ヶ岳地方ですが、一昨年には驚くほどの雨が降り農道にあふれる水に驚いた記憶は鮮明に残っています。

南アルプスの天然水といわれるように豊かな地下水に恵まれた八ヶ岳です。

私たちの家の周囲にもいくつもの沢があり、地下水の恩恵にあずかっています。

その分水害に対してはどうなんだろうと、不安が消えることはありません。

ですが、そうは言っても八ヶ岳は雨が少ないことは確かです。

南アルプス、中央アルプス、八ヶ岳、富士山などに守られて台風や豪雨の被害が少ないのかなと素人ながら感じています。


水が豊かで雨が少ない!

そのことは八ヶ岳に家を建てた大きな理由でもあったのですが、今思うとガーデニングにとってもとてもありがたい環境だと言えるようです。

夏の花たちがすくすくと育って、紹介が間に合わないほどのペースです。

花の後を追いかける感じになっています。

何日も前から西洋クガイソウが咲いています。

DSC04474

日本のクガイソウと区別するために西洋クガイソウと書きましたが、一般的にはベロニカストラムとして知られています。

北西花壇のタカノハススキのそばに植えました。

DSC04475

京カノコが終わってシュウメイギクが咲くまでの夏の間をつないでくれる花。

DSC04476

日本のクガイソウにも言えることなのですが、病気に弱い傾向があります。

元気に育っていたと思ったら根元が腐って倒れることがよくあります。

害虫なのかも知れませんがよくわかりません。

IMG_2404

日本のクガイソウと比較すると花穂が大きく、一つの花茎から花穂が枝分かれするところが違うところです。

草丈もかなり高くなります。

にも関わらず、風情があって和のコーナーにあっても違和感は全く感じません。

DSC04473

青花のほかにピンクのベロニカストラムもあります。

IMG_2442

もう少し元気になってくれるとうれしいのですが・・・。


大好きなマツモトセンノウも咲いています。

DSC04741

銅葉のこの花は今年購入した株。

銅葉のマツモトセンノウは別の場所にもありますが、今年この場所用に追加しました。

多くの苗で言えることですが、育てられた環境のせいか購入した年の開花は早い傾向があります。

普通の緑のマツモトセンノウも咲き始めました。

これも今年植えた苗。

IMG_2444

翌年には清里に合わせた時期の開花になるものと思います。

少し遅れて、植えて何年か経つマツモトセンノウも咲き始めました。

DSC04691

これは花に絞りが入った品種。

DSC04777

同じセンノウの仲間のフシグロセンノウが咲くのはもう少し先です。



今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング


初夏の庭を彩るアスチルベ and 可愛いマツバユリ

アスチルベは魅力がいっぱい、私たちの庭に無くてはならない存在です。

アスチルベは梅雨の真っ最中に咲き始めます。

雨にぬれても倒れたり、花が傷むことがありません。

DSC04250

今年最初に咲いたアスチルベ。

サーモンという品種で、今年植えたばかりの株。

綿菓子のような大きな花は花壇の主役になりうる存在感があります。

日当たりの良い南西の花壇にあるのはカプチーノという品種。

DSC04733

クリームホワイトの花と赤い花茎の対比がとても魅力的な品種。

DSC04734

バラの終わった花壇を明るくしてくれます。

DSC04723

アスチルベは日本に自生するチダケサシの仲間でユキノシタ科の植物。

なので、日当たりが充分でないシェードガーデンでも育ってくれます。

家の北側にある和のコーナーに植えたアスチルベ。

DSC04678

ミルク&ハニーという品種です。

DSC04351

アスチルベはコンパクトにまとまった株から円錐形の花穂が立ちあがりバランスの良い姿になります。

10年以上前から庭にあるアスチルベが咲き始めました。

DSC04701

アスチルベの魅力を教えてくれた花、大株になりました。

まだ咲き始め、満開になると見ごたえがあります。

庭にはまだ咲いていないアスチルがいくつかあります。

改めて紹介したいと思っています。

学名:Astilbe
和名:アワモリショウマ、チダケサシほか  

科名 / 属名:ユキノシタ科 / チダケサシ属(アスチルベ属)


本日のおまけ

マツバユリが咲きました。

先日紹介したササユリと比較しても半分以下のとても小さな花。

DSC04784

昨年は一輪でしたが、今年は2輪あります。

今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング




カンパニュラの季節がやってきました

一年を通して降雨量が少ない八ヶ岳南麓地方ですが、前線が停滞する今はぐずついた日が続いています。

背が高くて倒れやすい花たちに支柱を立てる作業を、雨に追われるようにやりました。

安心できる状態には程遠いのですが、少し雨が強くなると庭に出るのをためらってしまいます。

一季咲きのバラはほぼ終わりました。

雨は降っていますが、夏の花が咲きだしています。

今日はホタルブクロの仲間を少し紹介します。

最初に咲きだしたのは洋種のホタルブクロ。

IMG_2100

濃い青色のカンパニュラで、とても花付きが良い品種です。

IMG_1782

写真は先月のもので、今日の時点で花はほぼ終わりになっています。


そして、そのすぐ隣にあるのがイトシャジン。

IMG_2297 (2)

ヨーロッパ原産で、洋名はカンパニュラ・ロツンディフォリア。

細い糸のような花茎を持ったカンパニュラですが、見た通り葉も細くて花もとても小さな種類です。

IMG_2330

とても細い花茎が長く伸びるため自立して咲くのは難しい花で、周りの植物に絡ませて咲かせるのが良いように思います。

なかなか難しいのですが、今年は昨年よりは良い感じに育っています。

DSC04107

青花と白花を植えたのですが、白は消えてしまいました。

IMG_2400 (2)


DSC04109


最後に紹介するのはラクティフローラ種のカンパニュラ。

DSC04273

まだ咲き始めのころの写真。

昨年は花茎が倒れてしまい、とても見苦しい姿になってしまいました。

今年は早い段階で株の周囲をワイヤーで囲って倒れるのを防ぐことにしました。

IMG_2415

そのためもあってか、雨が降り続く中しっかり咲いてくれています。

花の数も増えました。

DSC04736

白と淡いブルー、同じ場所で並んで咲いています。

DSC04731


本日のおまけ

山の家には元々自生のホタルブクロがあって大事にしてきたのですが、今では庭中いたるところにホタルブクロが育っています。

少しというかかなり多すぎるくらいなのですが、一昨日最初の一輪が咲きました。

DSC04743


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング


庭の様子 夏の白い花アレコレ

庭造りをするうえで白い花は欠かせないアイテムです。

どんな色の花とも合わせやすく、庭に統一感を出してくれます。

意図して増やしているわけではないのですが、花壇にはいつの間にか白い花がアチコチで咲いています。

清里は初夏を迎えたばかりですが、白いシュウメイギク「ワイルドスワン」が咲き始めました。

DSC04200

シュウメイギクと原種ルピコラとの交配種だそうです。

見たところ葉も花もシュウメイギクそのものです。

前から見ると白ですが、花弁の裏側には青紫が入ってとても印象的。

DSC04203



桃葉キキョウ

DSC04237

今年植えた苗、青白植えたのですが白だけ花芽が立ちました。

DSC04240
株元は写真の右下の細い葉。



ギボウシ

真っ先に咲き始めたのがフランシスウィリアムス

DSC04363

ギボウシはやはり姿と葉を見るものだと私も思いますが、花も見逃せない魅力を持っています。

DSC04349



ノコギリソウです

DSC04260

元々ここには赤いノコギリソウがありました。

昨年のノコギリソウです。
IMG_6624

昨年花友から白のノコギリソウをいただいて元々ある赤のノコギリソウを半分にして間近に植えました。

不思議なことに今年の花は全て白。

DSC04366

赤の株が枯れたような様子もなく、全体が真白になってしまいました。

紅白のノコギリソウを期待していたのですが、こんなことが起こるとは想像もできませんでした。



ムスクマロウ

IMG_2244

ピンクのシダルセアに魅せられて、小型のアオイ系の花をいくつか植えてある中のひとつです。

植えて2年目、ぐっと大株になりました。

IMG_2289

まだまだありますがまた別の機会に紹介したいと思います。


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング


ペンステモン2020 ハスカーレッドとダークタワー 

バラに気を取られている間にいろいろな花が咲いてきました。

今日紹介するのはペンステモン。

これまで何種類も植えてきたペンステモンですが、上手く育たない品種もありました。

何故か元気なのがハスカーレッドとダークタワーです。

ていうか、この2品種しか残ってませんが・・・。

どちらも銅葉の品種で決して華やかな花ではありません。

言ってみればいぶし銀のような存在。

ハスカーレッド

IMG_2237

大株になると姿が美しく、銅葉の濃さが花壇を引き締めてくれます。

花のアップです。

IMG_2088

別の場所にあるハスカーレッド

IMG_2264

ペンステモンは年数が経つと少し勢いが弱まって背が低くなるようです。

昨年買った苗や実生から育った株がとても大きく育っていますので、適当な時期に更新するのが良いのかも知れません。

もう一つのペンステモン。

ダークタワーです。

IMG_2238

ハスカーレッドよりもさらに濃い銅葉色で花がピンク色、存在感抜群です。

花のアップ。

IMG_2094

とても美しい花だと思います。

☆すいません、最初の記事を訂正します。
昨年買った苗が、ダークタワーでなくてハスカーレッドだったと書きましたが、改めて庭で確認したところ葉があまり銅葉色でないのに花はピンク色なので少し紛らわしいですがダークタワーに間違いなかったようです。

いずれにしても草丈が倍くらいのい高さに育っているので、更新の必要性を知るきっかけにもなりました。

この2品種、かなり近い種類ではないかと思います、よく似ていますから。

IMG_2249

隣は咲き始めた白のムスクマロウ。


本日のおまけ

蝶が飛び交う季節になりましたね。

DSC03922

恋の季節!

DSC03923

DSC03924

別の蝶も!

IMG_2150

よく見るとコアジサイの花の影にもう一頭。

一頭という数え方、どうもしっくりきませんね。


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング


ギャラリー
  • 山紫陽花:七段花
  • 山紫陽花:七段花
  • 山紫陽花:七段花
  • 山紫陽花:七段花
  • 山紫陽花:七段花
  • 修景バラ:リモンチェッロ
最新コメント
プロフィール

paw

カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

名前
本文
  • ライブドアブログ