ベルと高原の家

八ヶ岳を望む高原の家でガーデニングを中心に猫のベルとの日常をつづります。

宿根草

秋の終わりに 花後の様子1 and 猫たちのの仲良し日記

山の家の庭は主に山野草と宿根草を植えてあります。

ほとんどの草は花が終わればその花を切り取るようにしています。

株を強くするためと、花壇の体裁を考えてのことです。

しかし、花を残して結実させれば美しい綿毛を見ることができる植物があります。

秋の終わりに毎年楽しみにしているのがシュウメイギクの綿毛です。

DSC05026

以前にも書きましたが綿毛ができるのはピンクのシュウメイギクで、白花のシュウメイギクに綿毛はできません。

IMG_9838

我が家にあるピンクのシュウメイギクはハドシペンとダイアアナ。

IMG_9844


IMG_9845

本当に綿っぽいですね。

昔実家の畑にあったコットンの綿が連想されます。


ペンステモンのダークタワーという品種が、花が終わっても銅葉が美しいのでそのままにしていたら美しい種の姿を見せてくれました。

IMG_9821


IMG_9822


DSC05049


DSC05051

ペンステモンの種子がこんな風になるのを初めて見ました。

そう思うと、見逃している魅力的な種子がたくさんありそうですね。


本日のおまけ

ジャン君(チビスケ)とミルクッチ、とても仲良しです。

DSC04857


DSC04867

ジャン君(チビスケ)おっぱいを探してグルグル、ちゅぱちゅぱ中!!

その時のチビスケの全体像がこちら👇。

DSC04868

耳も大きいですが尻尾の長さもすごいんです。

DSC04884

満足そうな顔!


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



ラグドールランキング


名残りの秋 庭の草紅葉 and 猫はやっぱり箱が好き

ブログの更新をサボっている間に、今年の秋も残すところあと一日のみになってしまいました。

家の北側には4~5cmはあろうかという霜柱が立っています。

秋の内に花壇をバーク堆肥でマルチングする計画を立てていたのですが、まだ実行できておりません。

美しかった落葉樹の紅葉も濃いオレンジ色から枯葉色に変わろうとしています。

標高1100mの寒冷地ですから、冬の間花壇は茶色一色になります。

いまだに緑色の葉をした薔薇やクリスマスローズなどの傍で最後の輝きを見せてくれている草花が有ります。

IMG_9776

ゲラニウムです。

何種類か植えてあるゲラニウムですが、紅葉するものはいくつかあります。

IMG_9831

これは別のゲラニウム。

IMG_9835

赤、緑、エンジと色とりどりでなかなか美しいですね。

ゲラニウムの傍で大きな葉を赤く染めているのはアオイの仲間。

IMG_9836

そして、あまり美しいとは言えないかもしれませんが不思議な色合いのイカリソウ。

IMG_9860


本日のおまけ

どちらの猫ちゃんも好きだと思いますが、我が家の猫たちもやっぱり箱が好き!

DSC04931

宅配便が届かない日があったとしても、猫が箱に入らない日は無いといっても過言ではありません(笑)。

最近のブームは横置き。

DSC04862

何が良くて入っているのか、不明ですが横を向いていても箱は箱のようです。

DSC04804



20190415_115733


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



ラグドールランキング


秋はやっぱりシュウメイギク

9月になってシュウメイギクが咲き始めました。

和のコーナーは真っ白なサラシナショウマにピンクのシュウメイギクが加わって、渋く華やかな雰囲気になってきました。

山の家の庭にはピンクの2色咲きと白の2種類があるのですが、先に咲き始めたのは ピンクのほう。

DSC02997
9月9日撮影

和名:シュウメイギク(秋明菊)  その他の名前:キブネギク、秋牡丹

科名 / 属名:キンポウゲ科 / イチリンソウ属(アネモネ属)

最初に植えたシュウメイギクはハドスペンと言う種類、その後に植えたのがダイアナ。

実はこの2つ、ものすごく良く似ていて、区別するのが困難です。

IMG_8324
9月13日撮影

旺盛な生命力でタカノハススキの周りを囲んで、秋の風情を一段と醸してくれています。

IMG_8345
9月13日撮影

雨が降って水滴がついた花を後ろから撮ってみました。

IMG_8353
9月13日撮影

こうやって後ろから見ると濃いピンクの花弁には水滴がつかなくて、薄いピンクの花弁には水滴がついています。

ネットで調べた説明によると、花弁に見えるところは萼片のようです。濃い方は外側で、薄い方が内側に見えます。

IMG_8419
9月14日撮影

徐々に開花が進んできました。

IMG_8431
9月14日撮影

白のシュウメイギクも咲き始めました。

IMG_8428
9月14日撮影

白のシュウメイギクはとても素敵なのですが、撮影はとても難しく感じます。

ピンクのシュウメイギクはマクロレンズで撮ると思った以上に雰囲気があって、撮影がとても楽しいですね。

IMG_8437
9月14日撮影

IMG_8438
9月14日撮影

白の方も随分咲いてきました。

IMG_8559
9月17日撮影

面白いのはピンクの方は思いもよらない場所から芽を出して増えているのですが、白の方はこの場所から動かないで、少しづつ株が大きくなっています。

IMG_8479
9月16日撮影

ワレモコウとのコラボ。

IMG_8480
9月16日撮影

ススキとサラシナショウマとのコラボ。

大好きなシュウメイギクの特集でした。


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング



サラシナショウマのその後、シュウカイドウ、コレオプシス

更新が追い付かなくて、リアルタイムの庭の様子を紹介することができないでいます。

9月の初めにはまだ瑞々しかったサラシナショウマもほとんどの花穂が開花しています。

IMG_8286
9月9日撮影

西側の花壇のサラシナショウマは花茎が20本ほども立ち上がってみごたえがあります。

一番上の花は花弁(萼片)が散って緑色に変わりこれから種をつけます。

南東の花壇にある元々の親株のほうは一週間ほど遅く咲き始めました。

IMG_8357
9月13日撮影

IMG_8358
9月13日撮影

少し環境が変わるだけでこれほど開花時期が変わるのは少し不思議ですが、一年に2回楽しめるのは嬉しいですね。

庭ではシュウメイギクも咲き始めています。

IMG_8484
9月16日撮影

隣にはススキが穂を伸ばしています。

IMG_8529
9月16日撮影

標高1100mの清里は日差しが気持ち良い季節になりました。


シュウカイドウも咲いています。

IMG_8569

近くの花友からいただいた株。

IMG_8477


今年植えたコレオプシス

IMG_8561

地味ですが秋の花が庭のあちこちで咲いています。


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング








まだ咲いているタリクトラムと、その他のカラマツソウの仲間など

カラマツソウの仲間は7種類くらい植えてあります。

今年は良い写真があまり残せなくて、これまで記事にしていませんでした。

タリクトラム・エリンです。

IMG_6954
7月16日撮影

淡い紫色で遠くから見ると白く見えて、野生のカラマツソウと間違えそうです。

IMG_7004
7月17日撮影

拡大すれば美しい花を見ることができます。

IMG_6939
7月16日撮影

IMG_6962
7月16日撮影

同じころに咲いていたタリクトラム・スプレンタイド

IMG_7003
7月17日撮影

同じくカラマツソウの仲間のツクシカラマツ

IMG_7030
7月17日撮影

ユキノシタの隣で隠れるように咲いています。このツクシカラマツも花期がとても長いです。

紫錦唐松は花が咲きませんでした。

タリクトラム・デラバイはわずかに咲きましたが写真が残っておりません。

自生のカラマツソウは今咲いていますが、これも写真がありません。



7月の下旬に咲き始めて、いまだにしぶとく咲いているタリクトラムがあります。

タリクトラム・エリンとタリクトラム・スプレンダイドに続いて、小淵沢のミヨシで購入した種類なのですが、管理が悪くてどうしても名前がわかりません。

つるバラ、ボニーの前に植えてあって、草丈250cmくらいに育っています。

IMG_7231
7月26日撮影

見上げるような高さ!

IMG_7454
8月5日撮影

IMG_7453
8月5日撮影

IMG_7145
7月24日撮影

高く伸びた花茎の下の方は支柱で支えていますが、この黒い茎意外と強いです。

IMG_8011
8月28日撮影

最初は花茎の一番上に蕾をつけて咲いていましたが、次第に茎の途中からも花芽を出して写真のように咲いています。

一か月以上咲いていますが、現在も咲き始めのような瑞々しい花を見ることができます。

IMG_8162
9月1日撮影

最後は水滴とともに輝くタリクトラムの花。

IMG_8010
8月28日撮影



今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング
ギャラリー
  • 今年もバーク堆肥でマルチング。and チビ(ジャン君)とミルクの仲良し日記
  • 今年もバーク堆肥でマルチング。and チビ(ジャン君)とミルクの仲良し日記
  • 今年もバーク堆肥でマルチング。and チビ(ジャン君)とミルクの仲良し日記
  • 今年もバーク堆肥でマルチング。and チビ(ジャン君)とミルクの仲良し日記
  • 今年もバーク堆肥でマルチング。and チビ(ジャン君)とミルクの仲良し日記
  • 今年もバーク堆肥でマルチング。and チビ(ジャン君)とミルクの仲良し日記
最新コメント