ベルと高原の家

八ヶ岳を望む高原の家でガーデニングを中心に3匹の猫たちとの日常をつづります。

クレマチス

クサボタンの花 and  ラグドール猫日記

朝夕涼しくなりました。

季節は確実に移っています。

そろそろ植え替えなどもできそうです。

夏の花が終わり、秋の花が咲き始めています。

何株かあるフシグロセンノウもそろそろ終わり、隣にはミズヒキの小さな花が開き始めました。
DSC08917

赤いミズヒキもありますが、これは白のミズヒキです。


昨年植えたクサボタンが開花しました。

DSC08918
咲き始めです。

クサボタン(草牡丹、学名:Clematis stans )は、キンポウゲ科センニンソウ属の半低木。有毒植物

ここ清里ではクレマチスの仲間のボタンヅルが自生していて、8月には近所のあちこちで白い小さな花が雪のように咲いているのを目にすることができました。

その縁でセンニンソウ属の花に興味を持つようになり、センニンソウやハンショウヅルも植えました。

そして、和のコーナーではクサボタンが開花したという訳です。

DSC08921

ウィキペディアによると草丈1mになるとありますが、植えて2年目の我が家のクサボタンは今のところ40cmくらいです。

DSC08990 (2)

可愛い吊り鐘型の長さ1.5cmくらいの花がたくさん付きました。

もっと青い色になると良かったのですが、ほとんど白く見えます。

DSC09043

花弁に見えるところは萼片だそうです。

クレマチスの仲間ですが蔓にはならなくて自立します。

根元に近いところは木質化するようですが、冬には枯れて地上部はほとんどなくなります。

植えた場所はトリカブトやヒトリシズカ、ホトトギスなどに囲まれた場所。

日当たりがあまり良くないので心配したのですが、何とか育ってくれました。

DSC08922


本日のおまけ

大きなダンボール箱に入ってご機嫌のベル君です。

DSC09222


DSC09226


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング


ボタンヅルとセンニンソウ and チビちゃん日記

とても暑い一日でした。

高原なので木陰は涼しいのですが、直射日光が当たる場所は年を取っている私たちには危険な暑さを感じるほどでした。

東京と違うところはこちらはムシムシ感が比較的少ない事でしょうか。


この季節になると家の付近を車で少し走れば、あちこちの藪がたくさんの白い小さな花で覆われているのを目にします。

ボタンヅルです。

DSC07616

ボタンヅル(牡丹蔓、学名:Clematis apiifolia )は、キンポウゲ科センニンソウ属落葉つる性半低木。有毒植物

学名にあるようにクレマチスの仲間です。

秋深くなっての種のころもとても美しくて必見ですが、満開の今も見逃すことはできません。

DSC07618

毎年紹介していますが、家の前の動物よけのネットにいろいろなつる植物に交じってボタンヅルが白い花を咲かせています。

DSC07625

意識しないと見過ごしてしまう花ですが、注意してみるとその美しさはとても印象的です。

DSC07617



そしてこのボタンヅルととてもよく似た花がセンニンソウです。

センニンソウ(仙人草、学名Clematis terniflora)は、キンポウゲ科センニンソウ属分類されるつる性の半低木(木質多年草)の1

センニンソウはより標高の低いところで繁殖している草ですが、ここ清里でも立派に育ちます。

3年ほど前に白州の道の駅で購入した株が困るほどに大きくなりました。

DSC07634

花の違いはボタンヅルがシベが目立つのに対し、センニンソウは細くて長い花弁のほうが目立ちます。

DSC07637

草だとばかり思っていましたが、ウィキペディアに半低木と説明があって、そういえば根元がかなり太くガッシリしていて木だったんですね。

DSC07732

大きくなりすぎたので秋には移植を考えています。

クレマチスは移植を嫌う性質があるので少しだけ心配もあります。

DSC07795


DSC07791


DSC07797


本日のおまけ

猫あるあるですが、極小のバスケットに無理やり入るチビスケです。

DSC07856


DSC07846


DSC07840


日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング

美しいクレマチス:流星 and ラグドール猫日記

高原の夏らしい朝です。

八ヶ岳ブルーの空と赤岳・権現岳、久しぶりに山頂が見えています。

DSC07924


クレマチス流星が咲いています。

DSC07786

今年植えたばかりのクレマチスです。

家の南西の角に作ったバラ用の花壇に植えました。

バラは、コンプリカータとレイニーブルー。

一緒に咲くはずだったんですが、流星が咲き始めたのは7月下旬。

DSC07049 (2)

遅咲きの品種だと思っていましたが普通は5月から咲く品種のようです。

植えたばかりで株が充実するのに時間がかかったのかなと思います。

DSC07296

流星は及川フラグリーンが作出した品種でビクターヒューゴの変異咲きです。

DSC06981

ビクターヒューゴと言えば8年前に庭にクレマチスを植えようとして及川から購入した8品種のうちのひとつ。

ところがこのビクターヒューゴだけが咲かなかったんです。

色は全然違いますが、8年ぶりにやっと会えた花。

DSC07307

ビクターヒューゴは深い紫色、それに対して流星は淡い藤色の花なので全然違いますが・・・。

DSC07317

流星:学 名 : Clematis integrifolia 'Ryusei  系 統 : インテグリフォリア系(新枝咲き・強剪定タイプ)

クレマチスは裏から見たほうが綺麗な品種がありますが、流星もその一つ。

DSC07314

花付きの良い品種ということなので、来年以降がとても楽しみなクレマチスです。


本日のおまけ

窓が開いて新鮮な空気が入ってきました。

DSC07737

二人とも外の空気が大好き。

DSC07741


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング


庭の様子 テッセン、ナデシコ、ギボウシの花など

久しぶりの晴天。

八ヶ岳も山頂は見えませんでしたが、稜線はしっかり見ることができました。

今日の庭仕事は、混みすぎた花壇ににゆとりを持たせるため、雑草や残さない花などを梳く作業の続きをしました。


今日も、今咲いている花の紹介です。

北西の花壇にあったヤマアジサイ「紅」がなぜか枯れてしまったため、そこにクレマチス「テッセン」を植えました。ピンクのアスチルベの左隣です。

初年度ということもあって期待してなかったのですが、意外にも多くの花がついてくれました。


DSC05046

耐寒性に不安があったのですが、近所の「野わけ」さんで元気に咲いているのを見て植えることにしたものです。

梅雨で花が傷むこともなく咲いています。

DSC05741


園芸種のナデシコです。

ものすごく元気で束になって咲いてくれました。ちょっと風情が無いですが・・・。

DSC05072

写真は少し前の咲き始めのころ。

DSC05075

実は雨で花が傷んでしまい梅雨が終わるのを待っている状態です。

花芽は沢山ありますのでまだまだ楽しめると思います。


今咲いているギボウシ。

ブルーマウスイヤー。

DSC05678

株の直径30~40cmくらいの可愛いネズミの耳のような葉が魅力のギボウシです。

DSC05679


昔からある名前の分からないギボウシに花がつきました。

DSC05360

ギボウシは自然に形が整い、その大きさもあって花壇に安定感を与えてくれます。

フランシス・ウィリアムスと色合いが似ていますが、それよりは一回り小さな株です。

花の色がフランシス・ウィリアムスは白ですが、こちらは淡い紫というのもなかなか良いですね。

DSC05229


植えて4年目くらいのカンパニュラ。

DSC05215

こんな風に何年も経って咲くと、ガーデニングは我慢も必要なんだということを教えてくれます。



今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング


庭の様子 咲き始めた夏の花 パート2

今日も雨模様でしたが、降ってないときもあったのでカビなどの病気を予防するための薬剤散布をしました。

雨が続くことで具合が悪い花があると書きましたが、よく見ると(気温はそれほど高くはないのですが)株元などが蒸れています。

ゲラニウムなど切り戻しが可能なものは伸びすぎた部分をカット。

成長して窮屈になったところは周囲を梳いて風通しが良くなるようにしました。

遅かりし、という感じですがやらないよりは良いかなとの思いで作業しました。


庭の中で、今一番元気なのはモナルダです。

今年も雨が多いせいか病気は出ていません。

昨年の「雨の恩恵を受けたモナルダ」の記事参照http://bell222garden.blog.jp/archives/20194858.html

DSC05700


DSC05736


ピンクのアスチルベのとなりでペルシカリアが咲き始めました。

DSC05734

タデ科の花で、地味ですが花期が長いのでありがたい存在です。

DSC05739

写真ではよくわかりませんが、アスチルベの前には園芸種のキキョウが蕾を膨らませています。

遅咲きのクレマチスも咲いてきました。

DSC05703

レディアンスという品種。

DSC05705

昨年植えたヴィチセラ系のクレマチスです。



先日紹介したクレマチス、ジャン・ホプマ。

2番花が咲き始めました。

DSC05712

かなりの花数、これが本来のジャン・ホプマなんでしょうね。

私たちにとっては8年越しのサプライズです。

DSC05713


カラマツソウの仲間、タリクトラムも咲き始めました。

DSC05250


DSC05258


今日も訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。ぽちっとしてくださると励みになります


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

にほんブログ村


宿根草・多年草ランキング


ギャラリー
  • 白花シュウメイギクが咲き始めました。
  • 白花シュウメイギクが咲き始めました。
  • 白花シュウメイギクが咲き始めました。
  • 白花シュウメイギクが咲き始めました。
  • 白花シュウメイギクが咲き始めました。
  • 白花シュウメイギクが咲き始めました。
最新コメント
プロフィール

paw

カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

名前
本文
  • ライブドアブログ